メイン コンテンツをスキップする

yearstart - スクリプトおよびチャート関数

この関数は、dateを含む年の最初の日の開始に対応するタイムスタンプを返します。デフォルトの出力形式は、スクリプトに設定されている DateFormat です。

構文:  

YearStart(date[, period_no[, first_month_of_year]])

つまり、 yearstart() 関数は、日付がどの年に該当するかを判断します。次に、その年の最初のミリ秒のタイムスタンプを日付形式で返します。年の最初の月は既定で 1 月に設定されていますが、yearstart() 関数で first_month_of_year 引数を使用して、どの月を最初に設定するかを変更することができます。

関数がカバーできる時間の範囲を示す yearstart() 関数の図。

yearstart() 関数が特定の年の期間内の日付を識別し、その特定の年に該当する日付の年初のタイムスタンプを返す様子を示した図。

yearstart() 関数は、すでに経過した年の端数を計算に使用する場合に、数式の一部として使用されます。たとえば、年初来に累積した利息を計算する場合などです。

戻り値データ型: dual

引数
引数 説明
date 評価する日付。
period_no period_no は整数で、値 0 は date を含む年を示します。period_no の値が負の場合は過去の年を、正の場合は将来の年を示します。
first_month_of_year 事業年度が 1 月以外の月に始まる場合は、first_month_of_year で 2 から 12 の間の値を指定します。

次の月は first_month_of_year argumentで使用できます。 :

first_month_of_year values
2 月 2
3 月 3
April 4
May 5
June 6
7 月 7
8 月 8
September 9
10 月 10
11 月 11
12 月 12

地域の設定

特に指定のない限り、このトピックの例では次の日付書式を使用しています: MM/DD/YYYY。日付書式は、データ ロード スクリプトの SET DateFormat ステートメントで指定されています。既定の日付書式は、地域の設定やその他の要因により、システムによって異なる場合があります。以下の例の書式は、要件に合わせて変更できます。または、これらの例に一致するようにロード スクリプトの書式を変更できます。詳しくは「アプリの地域設定の変更」を参照してください。

アプリの既定の地域設定は、ID プロバイダー設定、システム設定、またはブラウザー設定の組み合わせに基づいています。これらの地域の書式設定は、Qlik Cloud ユーザー インターフェースに表示される言語とは関係ありません。Qlik Cloud は使用しているブラウザと同じ言語で表示されます。

アプリの作成者は、作成するアプリの既定の地域を設定できます。詳細については、「アプリを作成するための優先地域設定の設定」を参照してください。

関数の例
結果
yearstart('10/19/2001') Returns 01/01/2001 00:00:00.
yearstart('10/19/2001',-1) Returns 01/01/2000 00:00:00.
yearstart('10/19/2001',0,4) Returns 04/01/2001 00:00:00.

例 1 – 基本的な例

例 2 – period_no

例 3 – first_month_of_year

例 4 – チャート オブジェクトの例

例 5 – シナリオ