メイン コンテンツをスキップする
分析データのロード

このページ上

関連する学習

分析データのロード

Qlik Sense により、データが保管されている場所を問わず、さまざまな Qlik コネクターやその他のデータ接続タイプを使用してデータに接続することができます。

データ接続を作成する場合、データ接続は Qlik Sense に保存されます。そのため、よく使用するデータ ソースのデータをすばやく選択したり、ロードしたりできます。

データの追加とロード

データの追加とロードには、いくつかの方法があります。

  • スペースへのデータの追加

    スペースにデータ ファイルとデータ接続を直接追加できます。スペースを管理するときにデータ ソースを追加することもできます。データ ソースがスペースに追加されると、データ カタログ、データ マネージャー、またはデータ ロード エディタを使用して、データ ソースからアプリにデータをロードできます。

    詳細については、「スペースからのデータソースの追加と管理」を参照してください。

    テナントで使用するオンプレミスのデータ ソースがある場合は、Qlik DataTransfer を使用してアップロードできます。詳細については、「Qlik DataTransfer を使用したオンプレミス データのアップロード」を参照してください。

  • データ カタログからのデータのロード

    アクセスできるスペースのデータセットからデータをロードできます。アプリにロードされると、データマネージャー で関連付けを行い、データ テーブルを編集できます。

    詳細については、「データ カタログからのデータのロード」を参照してください。

  • データマネージャー を使用したデータのロード

    データマネージャー を使用したデータの追加にはいくつかの方法があります。データを新しいデータ ソースまたは既存のデータ ソースからアプリに追加することができます。また、特定のファイル タイプをアップロードしてそのデータを データマネージャー にロードすることもできます。また、エディタにデータを手動で入力し、データマネージャー でテーブルとして追加するオプションもあります。

    詳細については、「データ マネージャーを使用したデータのロードと管理」を参照してください。

  • データ ロード エディターを使用したデータのロード

    データ ロード エディターを使用して、新規または既存のデータ接続からデータを選択するか、またはスクリプト エディターを使用してデータ接続からデータをロードします。既存のデータ接続を編集することもできます。

    詳細については、「スクリプトを使用したデータのロードと変換」を参照してください。

情報メモ

表示または使用可能なデータ接続は、所有するものだけです。接続の所有者を変更することはできません。

データ ソース

さまざまなファイル形式からデータを読み込むことができます。詳しくは「ファイルからのデータのロード」を参照してください。

また、多数のデータ ソースに接続することもできます。

  • ODBC および JDBC データベース

  • REST データ ソース

  • Salesforce

  • SAP NetWeaver

  • ソーシャル メディアまたは Web ベースのデータ ソース

  • Web ストレージ プロバイダ

使用可能なデータソースを確認するには、Qlik Sense SaaS のデータソース を参照してください。