メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

addyears - スクリプトおよびチャート関数

この関数は、startdaten 年の日付、またはn が負の場合には startdaten 年前の日付を返します。

構文:  

AddYears(startdate, n)

戻り値データ型: dual

addyears() 関数の図の例

addyears 関数のさまざまなコンポーネントがどのように組み合わされて、出力日付が生成されるかを示す例の図。

addyears() 関数は、startdate に対して定義された年数 n を加算または減算します。次に結果の日付を返します。

引数
引数 説明
startdate

タイムスタンプの開始日。例: '2012-10-12'

n 正または負の整数の年数。
関数の例
結果
addyears ('01/29/2010',3) 01/29/2013」を返します
addyears ('01/29/2010',-1) 01/29/2009」を返します

地域の設定

特に指定のない限り、このトピックの例では次の日付書式を使用しています: MM/DD/YYYY。日付書式は、データ ロード スクリプトの SET DateFormat ステートメントで指定されています。既定の日付書式は、地域の設定やその他の要因により、システムによって異なる場合があります。以下の例の書式は、要件に合わせて変更できます。または、これらの例に一致するようにロード スクリプトの書式を変更できます。詳しくは「アプリの地域設定の変更」を参照してください。

アプリの既定地域設定は、ユーザー プロファイルに基づいています。これらの地域の書式設定は、Qlik Cloud ユーザー インターフェースに表示される言語とは関係ありません。Qlik Cloud は使用しているブラウザと同じ言語で表示されます。

アプリの作成者は、作成するアプリの既定の地域を設定できます。詳細については、「Qlik Cloud 分析 でアプリを作成するための優先地域設定の設定」を参照してください。

例 1 – 簡単な例

例 2 – チャート オブジェクトの例

例 3 – シナリオ

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。