メイン コンテンツをスキップする

weekend - スクリプトおよびチャート関数

この関数は、date を含む暦週の最終日 (日曜日) の最後のミリ秒のタイムスタンプに対応する値を返します。デフォルトの出力形式は、スクリプトに設定されている DateFormat です。

Syntax:  

WeekEnd(date [, period_no[, first_week_day]])

Return data type: dual

Arguments:  

引数
引数 説明
date 評価する日付。
period_no shift は整数で、値 0 は date を含む週を示します。shift の値が負の場合は過去の週を、正の場合は将来の週を示します。
first_week_day

週の開始日を指定します。省略されている場合は、変数 FirstWeekDay の値が使用されます。

first_week_day に指定可能な値は以下のとおりです。

  • 0 - 月曜日
  • 1 - 火曜日
  • 2 - 水曜日
  • 3 - 木曜日
  • 4 - 金曜日
  • 5 - 土曜日
  • 6 - 日曜日

FirstWeekDay

Example:  

アプリにスクリプト例を追加して実行します。その後、結果列に含まれている項目をアプリのシートに追加して結果を表示します。

この例では、テーブルの各請求書日付の週の翌週の最終日を取得します。

TempTable:

LOAD RecNo() as InvID, * Inline [

InvDate

28/03/2012

10/12/2012

5/2/2013

31/3/2013

19/5/2013

15/9/2013

11/12/2013

2/3/2014

14/5/2014

13/6/2014

7/7/2014

4/8/2014

];

 

InvoiceData:

LOAD *,

WeekEnd(InvDate, 1) AS WkEnd

Resident TempTable;

Drop table TempTable;

結果テーブルには、元の日付と、weekend() 関数の戻り値の列が含まれています。プロパティ パネルで書式を指定すると、タイムスタンプ全体を表示できます。

結果テーブル
   
InvDate WkEnd
28/03/2012 08/04/2012
10/12/2012 23/12/2012
5/2/2013 17/02/2013
31/3/2013 07/04/2013
19/5/2013 26/05/2013
15/9/2013 22/09/2013
11/12/2013 22/12/2013
2/3/2014 09/03/2014
14/5/2014 25/05/2014
13/6/2014 22/06/2014
7/7/2014 20/07/2014
4/8/2014 17/08/2014