メイン コンテンツをスキップする

daynumberofquarter - スクリプトおよびチャート関数

この関数は、タイムスタンプの四半期の日番号を計算します。 この機能はマスター カレンダーを作成するときに使用します。

構文:  

DayNumberOfQuarter(timestamp[,start_month])

戻り値データ型: 整数

引数
引数 説明
timestamp 評価する日付。
start_month start_month を 2 から 12 の間で指定することで (省略した場合は 1)、年の開始時点を任意の月の初日に移動することができます。例えば、会計年度を 3 月 1 日から開始する場合には、start_month = 3 と指定します。

これらの例は、日付書式 DD/MM/YYYY を使用しています。日付書式は、データ ロード スクリプト上部の SET DateFormat ステートメントで指定されています。必要に応じて、書式を変更してください。

関数の例
結果
DayNumberOfQuarter('12/09/2014') 現四半期の日番号、74 を返します。
DayNumberOfQuarter('12/09/2014',3) 現四半期の日番号、12 を返します。
この場合、第 1 四半期は 3 月から始まります (start_monthに 3 が指定されているため)。これは、現四半期が第 3 四半期で、9 月 1 日に始まったことを意味します。

例 1 – 年の開始が 1 月 (スクリプト)

例 2 – 年の開始が 2 月 (スクリプト)

例 3 – 年の開始が 1 月 (チャート)

例 4 – 年の開始が 2 月 (チャート)