メイン コンテンツをスキップする
ファイルからのデータのロード

このページ上

ファイルからのデータのロード

Qlik Sense では、さまざまなファイル形式からデータを読み込むことができます。

ファイル形式

次のデータ ファイル形式に対応しています:

  • テキスト ファイル: 項目のデータは、コンマ、タブ、セミコロンなどの区切り文字で区切る必要があります。例: コンマ区切り変数 (CSV) ファイル。

  • HTML テーブル
  • Excel ファイル:

    情報メモパスワードで保護されている Excel ファイルまたは Excel Binary Workbook ファイル (.xlsb) からデータをロードすることはできません。

    詳細については、「Microsoft Excel スプレッドシートからのデータのロード」を参照してください。

  • XML ファイル
  • Qlik ネイティブ QVD および QVX ファイル
  • 固定長レコード ファイル
  • Data Interchange Format (DIF) ファイル:DIF ファイルはデータ ロード エディターでのみロード可能です。

  • 地理的データ ファイル:  

    • GEOJSON

    • ESRIJSON

    • GML

    • KML

    • SHPZIP

    • DXF

DataFiles 接続は、アクセスできるスペースごとに自動的に作成されます。たとえば、データ接続の下に表示される場合があります。

  • DataFiles: 個人スペースへの接続。
  • DataFiles (マーケティング部): 共有スペースへの接続。

編集権限がある場合は、共有スペースのフォルダからファイルをロードおよび保存することもできます。詳細については、「アップロード済みのデータ ファイルからのデータの追加」を参照してください。

情報メモDataFiles 接続のファイル拡張子は大文字と小文字を区別します。例: .qvd

ファイルからデータをロードする方法

ファイルからデータをロードする方法は、次のようにいくつかあります。

情報メモスペース内での編集権限を持つユーザーは、そのスペースで DataFiles の読み取り、書き込み、およびロードを行うことができます。その他のユーザーは DataFiles を表示することはできません。

データ カタログからのデータの追加

データ カタログを使用して、アクセスできるデータセットからデータをロードできます。複数のデータセットからデータをロードできます。

[データの追加] で、[データ カタログから追加] をクリックします。

詳細については、「データ カタログからのデータのロード」を参照してください。

データ ロード エディターでデータ接続からデータを選択する

[データ接続] に移動し、[データ選択 データを選択] ダイアログを使用して、ロードするデータを選択します。

詳細については、「データ ロード エディタでデータを選択」を参照してください。

スクリプト コードを作成してファイルからデータをロードする

ファイルはスクリプト内の LOAD ステートメントによりロードされます。LOAD ステートメントには、スクリプト式一式を含めることができます。別の Qlik Sense アプリからデータを読み込むには、Binary ステートメントを使用します。

詳細については、「 Load」を参照してください。