メイン コンテンツをスキップする

month - スクリプトおよびチャート関数

この関数は、環境変数 MonthNames および 1 から 12 までの整数で定義されている月名を持つデュアル値を返します。月は標準的な数値の解釈に従って、数式の日付の解釈により計算されます。

この関数は、特定の日付の月の名前を MonthName システム変数の形式で返します。これは通常、マスタカレンダーの軸として日フィールドを作成するために使用します。

構文:  

month(expression)

戻り値データ型: 整数

関数の例
結果

month( 2012-10-12 )

Oct を返します
month( 35648 ) Aug を返します (35648 = 1997-08-06 のため)

例 1 – DateFormat データセット (スクリプト)

例 2 – ANSI 日付 (スクリプト)

例 3 – 形式設定のない日付 (スクリプト)

例 4 – 失効月の計算