メイン コンテンツをスキップする

Qlik ヘルプ

Qlik は、企業がより速く動き、よりスマートに作業し、データから価値を引き出すためのエンドツーエンドのソリューションで前進するのを支援します。役割にかかわらず、Qlik のヘルプサイトではあなたの質問に答え、データインテリジェンスを向上させる方法を示し、Qlik の知識の旅へと誘います。

クラウド プラットフォーム

Qlik Cloud を搭載した Qlik Active Intelligence Platform は、一緒にまたは独立して使用できる 2 つのサービスをサポートします。

Qlik Cloud 分析サービス – 組織内のすべての人が、すべてのスキル レベルで、データ主導の意思決定を行い、最も重要なときに行動を起こすことができます。このサービスは従来 Qlik Sense として知られており、以下の 3 つのサブスクリプションオプションから選択できます。Qlik Sense BusinessQlik Sense Enterprise SaaSQlik Sense Enterprise SaaS - Government (US)

Qlik Cloud Data Services(データサービス) – 選択した任意のクラウドでのデータ ストリーミング、改良、カタログ化、公開を自動化することで、分析に対応したリアルタイムのデータの検出と可用性を加速します。

Qlik Cloud へようこそ

Qlik Cloud を搭載した Qlik Active Intelligence Platform を使用して、データ、洞察、アクションの間のギャップを埋めます。このヘルプサイトには、トピック、例、チュートリアル、トラブルシューティングが含まれています。様々な役割および利用者のタスクと目的に基づいて構成されています。

Qlik Cloud の新機能

Qlik Cloud は定期的に新しい機能を追加して、既存の機能を改善しています。Qlik Cloud への投資からさらに多くの利益を得る方法をよりよく理解するには、「新着情報」ページを確認してください。

クライアント管理

Qlik クライアント管理アプリケーションは、データ分析ソリューションとデータ統合ソリューションの両方をサポートします。

データ分析

現代の分析の時代は、QlikView とそれが構築されている革新的な連想エンジンの立ち上げから始まりました。Windows 上の Qlik Sense Enterprise は、同じ最先端の技術、強力な拡張分析、管理されたマルチクラウドアーキテクチャの上に構築されており、企業規模でのアナリティクスのユースケースを全面的にサポートします。

Qlik Sense (Windows で)

QlikView

データ統合

Qlik データ統合を使用すると、DataOps アプローチにより、データ ストリーミング (CDC)、改良、カタログ化、公開を自動化することで、分析に対応したリアルタイムのデータの検出と可用性を加速できます。

統合 (以前の Attunity)

エンタープライズ データ カタログ

Qlik Catalog (英語のみ)

NodeGraph (レガシー) (英語のみ)

ビデオとウェビナー

ビデオ

Qlik 修正

Qlik の顧客とパートナーに役立つソリューションを含む一連の短いビデオ。これは、Qlik のユーザーが問題に必要な答えをできるだけ迅速かつ明確に提供することを目的としています。

すべての Qlik Fix のビデオを見る

ウェビナー

技術専門家による講演

本日の顧客やパートナーに関連するトピックに関しては、直接 Qlik の技術専門家の話をお聴きください。ここでは、当社の技術専門家のトークセッションの録画をご覧いただけます。また、毎月のご招待に申し込むことができます

技術専門家による講演へ移動する

ウェビナー

Qlik をさらに活用する

初心者から上級者まで。ペースの速いこのウェビナーでは、Mike Tarallo氏が Qlik 独自の機能の価値を実証しながら、アナリティクスの作成の基本を教えてくれます。

次回のウェビナーに申し込む

追加資料

Qlik Application Automation® for OEM (Blendr.io) (英語のみ)

様々なクラウドアプリケーションやデータソースと統合する、SaaS プロバイダーや企業向けの自動化プラットフォームです。

Qlik AutoML (英語のみ)

Qlik AutoML を使用して機械学習モデルを構築および展開する方法を説明します。

文書アーカイブ

アーカイブ文書には、現在サポートされていない古い Qlik ソフトウェア リリース バージョンのレガシー コンテンツが含まれています。この情報は参照目的でのみ提供されています。