メイン コンテンツをスキップする
アプリでのデータ使用

このページ上

アプリでのデータ使用

このチュートリアルの最終段階として、ロードしたデータをアプリのビジュアライゼーションに取り込みます。

チャートの追加

データがロードされ、データを使ってチャートを作成できるようになりました。チャートはビジュアライゼーションともいいます。必要な軸とメジャーを追加するまでチャートは完成しません。軸とメジャーの追加は、チャートを追加してから行います。

  1. Scripting Tutorial アプリ内に新しいシートを作成します。
  2. [チャート] タブからフィルター パネルをシートにドラッグし、ハンドルを使って、幅がセル 3 個分、高さがセル 4 個分になるようにサイズを変更します。これをシートの左上に配置します。
  3. 棒グラフを右上にドラッグし、高さをセル 5 個分、幅はシートの端まで十分拡大できるだけの余裕を持たせます。
  4. 折れ線グラフを残りのスペースまでドラッグします。
  5. 追加されたチャートの種類は、シート上に表示されるアイコンで確認できます。これでチャートに軸とメジャーを追加し、ビジュアライゼーションを作成できます。

    空のチャートがある Qlik Sense シート

軸とメジャーの追加

次のステップでは、軸とメジャーを追加します。まず、時間軸を左上のフィルター パネルに追加します。フィルター パネルは、スペースの節約に有効です。YearQuarterMonthWeek のそれぞれに個別のフィルター パネルを設ける代わりに、同じ目的で単一のフィルター パネルを使用します。

軸の作成と追加

  1. アセット パネルの左上にある Repository をクリックし、[項目] を開きます。ここにはデータ ロード エディターにロードした全テーブルの項目がすべて表示されます。

  2. リストの最下部までスクロールダウンし、Year 項目をクリックします。この項目を左上にあるフィルター パネルの中央にドラッグします。
  3. 同様の方法で QuarterMonthWeek をフィルター パネルに追加します。
  4. YearQuarterMonthWeek の 4 つの軸があるフィルター パネルが作成されました。

メジャーの作成と追加

通常、ビジュアライゼーションでは軸とメジャーが必要になります。メジャーとは数式の結果で、多くの場合はSumMaxMinAvg (平均)、Count などの基本的な関数です。

棒グラフには地域ごとの売上が表示されます。

  1. [項目 Repository] をクリックします。
  2. 項目 Region をクリックし、棒グラフ エリアの中央にドラッグします。
  3. [Add "Region"] ("Region" を追加) をクリックします。
  4. 項目 Sales をクリックし、棒グラフ エリアの中央にドラッグします。
  5. [メジャーとして追加] > [Sum (Sales)] をクリックします。
  6. 右側のプロパティ パネルで、[スタイル] をクリックしてから [プレゼンテーション] をクリックします。[水平] を選択します。

    これで棒が水平に表示されます。

  7. 右側のプロパティ パネルで [ソート] をクリックします。

    ソート順が表示されます。

  8. Region の上にある Sum([Sales]) をドラッグし、軸が Region (軸値、アルファベット順) ではなく、Sum([Sales]) (メジャー値) によってソートされるようにします。
  9. 棒グラフが完了し、異なる地域の売上結果が表示されます。これは基本的な棒グラフです。プロパティ パネル (右側) には、これを拡張するためのオプションが複数あります。1 つの例として、タイトル エリアにタイトル以外を入力してみます。

  10. 次の文字列をコピーして、棒グラフのタイトル項目に貼り付けてください。
  11. ='Total sales: $'& Round(Sum(Sales)/1000000, 0.1) & 'M'

  12. Enter を押します。

このシートの最終的なビジュアライゼーションは折れ線グラフです。

  1. [項目 Repository] をクリックします。
  2. 項目 Month をクリックし、折れ線グラフ エリアの中央にドラッグします。
  3. [Add "Month"] ("Month" を追加) をクリックします。
  4. 項目 Year をクリックし、折れ線グラフ エリアの中央にドラッグします。
  5. [Add "Year"] ("Year" を追加) をクリックします。
  6. 項目 Margin をクリックし、折れ線グラフ エリアの中央にドラッグします。
  7. [メジャーとして追加] > [Sum (Margin)] をクリックします。
  8. 折れ線グラフの上に「Profit margin」というタイトルを追加します。
  9. データを示すチャート

  10. シートの編集を終了します。
  11. これでシートが完成し、アイテムのクリックやコンテンツの利用が可能になりました。

    完成したシート

    元の Sales.xlsx ファイルで月次売上データの量を制限しているため、毎年 3 月末以降はグラフに使用できるデータがほとんどありません。フィルター パネルで選択して、毎年最初の 3 か月のみを比較できます。

  12. フィルター ボックスで Month 項目をクリックし、JanFebMar を選択します。
  13. フィルター ボックス

    フィルター ボックス。
  14. フィルター パネルを閉じます。Profit margin チャートに、毎年最初の 3 か月のデータが示されています。
  15. 選択に基づいて更新された Profit margin チャート

お疲れ様でした!

以上でチュートリアル終了です。ここでご紹介した基本情報を Qlik Sense でのスクリプト作成にお役立てください。Web サイトでは、アプリ作成のヒントやアイデアを公開しています。ぜひご利用ください。