メイン コンテンツをスキップする

データ ロード エディタの使用

データ ロード エディターからデータ ロード スクリプトを作成して実行し、データ ソースへの接続を作成します。データがロードされると、アプリで分析できます。

ナビゲーション バーの [準備] タブにある [データ ロード エディター] をクリックし、データ ロード エディターを開きます。

データ ロード エディター

ツールバー

データ ロード エディターで最も頻繁に使用されるコマンドを含むツールバーです。

データ ロード スクリプトの詳細については、「ロード スクリプトの保存」、「データ ロード スクリプトのデバッグ」、および「スクリプト実行によるデータのロード」を参照してください。

データの追加

[データの追加] で、データ カタログにアクセスできます。データ カタログを使用すると、アクセスできるすべての既存のデータセットからデータをロードできます。データ カタログを使用して、複数のデータセットから同時にデータをロードできます。

データ カタログからのデータのロード

データ接続

[データ接続] の下に、よく使用するデータ ソース (データベースまたはリモート ファイル) へのショートカットを保存できます。ここからロードするデータを選択できます。 データ接続は、アクセス権のあるスペース別にソートされます。

詳しくは「分析データのロード」と「データ ロード エディタでデータを選択」を参照してください。

テキスト エディタ

テキスト エディタではスクリプト コードを記述、編集することができます。スクリプトの各行には番号が振られ、スクリプトは構文のコンポーネント別に色分けされます。テキスト エディターのツールバーには、[検索と置換]、[ヘルプ モード]、[元に戻す]、[やり直す] のコマンドが含まれています。初期のスクリプトには、事前定義された地域変数設定がいくつか含まれており (たとえば、SET ThousandSep=)、必要に応じて編集できます。詳細については、「アプリの地域設定の変更」を参照してください。

スクリプトの詳細については、「データ ロード スクリプトの編集」および「スクリプト構文の概要」を参照してください。

セクション

スクリプトをセクションに分けて、読みやすく、管理しやすくします。セクションは上から下に実行されます。

[データの追加] を使用してデータを追加した場合、データをロードするのに必要なスクリプト コードを含む [自動生成セクション] というデータ ロード スクリプト セクションが表示されます。

詳細については、「スクリプト コードの整理」を参照してください。

アウトプット

[アウトプット] には、自動保存ステータスとスクリプトの実行中に生成されたすべてのメッセージが表示されます。

詳細を見る