メイン コンテンツをスキップする

データ ロード エディターでスクリプト作成

このページ上

データ ロード エディターでスクリプト作成

Qlik Sense では、データ ロード エディタで管理するデータ ロード スクリプトを使用し、さまざまなデータ ソースに接続してデータを取得します。データ ソースは、例えば Excel ファイルや .csv ファイルなどのデータ ファイルの場合があります。また、データ ソースは Google BigQuerySalesforce データベースなどのデータベースの場合もあります。

データ マネージャーを使用してデータをロードすることもできますが、データ ロード スクリプトの作成、編集、実行には、データ ロード エディターを使用します。

ロード対象の項目とテーブルは、スクリプト内で指定します。スクリプトは主にデータ ソースからロードするデータを指定する目的で使用されます。データ構造は、スクリプト ステートメントを使用して操作することも可能です。

データのロード中、Qlik Senseは異なるテーブル間で共通する項目 (キー項目) を特定し、データを関連付けます。アプリにおける結果データのデータ構造は、データ モデル ビューアで監視できます。項目名を変更し、テーブル間に異なる関連付けを設定することで、データ構造を変更できます。

Qlik Sense にロードされたデータは、アプリに保存されます。

データ ロード エディター

データ ロード エディターでデータをロードするスクリプトを作成できます。エディターは Qlik Sense のドロップダウン メニューから使用できます。

データ ロード エディターを開くと、画面の中央にスクリプト エディターが表示されます。スクリプト セクションは、左メニューにタブとして表示されます。Qlik SenseMain セクションを自動的に作成します。データ接続は右メニューに表示されます。

スクリプトは Qlik Sense スクリプト構文で記述する必要があります。Qlik Sense 構文のキーワードは青色でハイライトされます。

データ ロード エディター

Data load editor.

スクリプト エディター

エディターには、ロード スクリプトの開発を支援するための多くの機能があります。

コマンドおよび関数の構文ヘルプへのアクセス

いくつかの方法で、Qlik Sense 構文キーワードの構文ヘルプにアクセスできます。

ヘルプ ポータルへのアクセス

2 つの異なる方法で、Qlik Sense ヘルプポータルの詳細なヘルプにアクセスできます。

  • ツールバーの Help をクリックして、構文のヘルプ モードに入ります。ヘルプ モードで、構文のキーワード (青色でハイライト、下線付き) をクリックすると、構文のヘルプにアクセスできます。

  • キーワードの内側または末尾にカーソルを置き、Ctrl+H を押します。

  • 注: 構文のヘルプ モードでは、スクリプトの編集はできません。

オートコンプリート機能の使用

Qlik Senseスクリプトのキーワードの入力を開始すると、フォーム選択の一致するキーワードがオートコンプリート リストに表示されます。入力を続けると、リストが絞られてきます。推奨される構文とパラメータが含まれるテンプレートから選択することができます。ツール ヒントには、パラメータ、追加のステートメント、およびステートメントまたは関数のヘルプ ポータル説明へのリンクを含む関数の構文が表示されます。

ヒント:

また、キーボード ショートカット Ctrl+Space キーを使用するとキーワード リスト、Ctrl+Shift+Space キーを使用するとツール ヒントが表示されます。

スクリプトへのコメント入力

スクリプト コードにコメントを挿入したり、コメント マークを使用してスクリプト コードの一部を無効にすることができます。// (2 本のスラッシュ) の右側に続く行のテキストはすべてコメントと見なされ、スクリプトを実行しても実行されません。

データ ロード エディタのツールバーには、コメント入力またはコメント解除コードへのショートカットがあります。コードをコメント アウトまたはコメント解除するには、[Comment / Uncomment] をクリックするか、Ctrl + K を押します。

コードのインデント

読みやすくするため、コードにはインデントを設定できます。Indentをクリックしてテキストをインデント (インデントを増大) するか、Undentをクリックしてテキストのインデントを解除します (インデントを減少)。

設定済みのテスト スクリプトの挿入

本製品にはインライン データ項目一式をロードするテスト スクリプトが事前に設定されています。このテスト スクリプトを使用すると、テスト目的のデータ セットを迅速に作成できます。Ctrl + 00 を押してテスト スクリプトを挿入します。