メイン コンテンツをスキップする

データおよび項目のガイドライン

Qlik Sense には、把握しておかなければならない規則や制限がいくつかあります。例えば、データ テーブルや項目の数には上限があり、Qlik Sense にロードできるデータの量も限られています。

ロードされるデータ量のガイドライン

Qlik Sense にロード可能なデータ量は、(完全にではなく) 主にコンピュータのメイン メモリの容量によります。

データ テーブルと項目の上限

非常に大きなアプリを作成する際は、Qlik Senseアプリの 1 つの項目内に許可されている固有の値数は、最大 2,147,483,648 であることに注意してください。

ロード可能な項目やデータ テーブル、テーブルのセルおよび列の数は主に RAM によって制限されます。

データマネージャー (ドラッグ アンド ドロップまたはその他の直接アップロード) を使って Qlik Sense アプリまたはスペースにデータセット ファイルをインポートする際、アップロード可能な最大フィールド数は 5000 です。

ロード スクリプト セクションの推奨制限

ロード スクリプト セクションあたりの文字数は、50,000 文字以内に収めることをお勧めします。