メイン コンテンツをスキップする Skip to complementary content

詳細オプションの操作

詳細編集モードでは、シートをカスタマイズするための追加のツールと、シートを操作するための代替オプションが提供されます。

過去のバージョンの Qlik Sense を使用したことがある場合は、[詳細オプション] が旧シート エディターであることがわかると思います。詳細編集モードには、以前にシートを編集するときに使用できたすべての機能とプロパティが含まれています。

標準オプションとは異なり、詳細編集モードでは、ビジュアライゼーションと拡張機能をドラッグ アンド ドロップできるグリッドが提供されます。その後、ビジュアライゼーションのサイズを変更して、希望する数のグリッド正方形に合わせることができます。詳細編集モードは、標準モードとは異なり、タッチ専用デバイスもサポートします。

詳細編集モードのシート。

[詳細オプション] をクリックして、標準オプションと詳細オプション を切り替えます。これにより、シートのハイブリッド アプローチを開発できます。詳細編集モードでレイアウト設定を変更すると、シートはレイアウト編集用の標準編集モードでロックされます。

詳細編集モードでは、次のタスクを実行できます。

  • タイトル、説明、サムネイルなどのシート プロパティを編集します。

  • シートに背景色または画像を追加します。

  • 並べ替えやスタイル設定など、ビジュアライゼーションのプロパティを変更します。

  • ビジュアライゼーションで軸またはメジャーとして複数の数式を追加する

  • カスタム オブジェクトをシートに追加します。

  • シートの表示条件の設定。

  • シートのグリッド サイズとレイアウトを調整します。

  • アクションをシートに追加します。

一部のビジュアライゼーションは、詳細編集モードでのみ追加できます。

  • ボタン

  • テキストと画像

  • コンテナ

  • Dashboard bundle または Visualization bundle の拡張機能などのカスタム オブジェクト。

詳細編集モードでは、標準編集モードと同じアクションの多くを実行できますが、いくつかの違いがあります。同じアクションの一部が異なる方法で適用されます。たとえば、ビジュアライゼーションをシートに追加するには、詳細編集モードでシートをグリッドにドラッグ アンド ドロップします。フィルターなどの一部のアクションは、標準モードでのみ適用できます。一部のシート プロパティは、詳細モードでのみ設定できます。

シートの新規作成

アプリ概要またはシート ナビゲーターから新しいシートを作成できます。

ヒント メモシート ナビゲーターにはシート ビューからアクセスできます。ツールバーで アプリ オブジェクト をクリックしてください。

次の手順を実行します。

  1. アプリ概要で アプリ オブジェクト をクリックし、シートを表示します。
  2. 新規作成 あるいは [シートの新規作成] をクリックします。
  3. シートにタイトルを付け、説明を加えます。
  4. テキスト エリアの外側をクリックして、タイトルと説明を保存します。

新しいシートが作成されました。 シートはパブリックにするまではプライベートです。詳細については、「シート、ブックマーク、ストーリーへのアクセス権の付与」を参照してください。

シートプロパティの設定

詳細モードでシートのスタイルを設定し、シートの動作を変更するには、さまざまな方法があります。詳しくは、次を参照してください。

ビジュアライゼーションの作成

  1. アセット パネルからシートにビジュアライゼーションをドラッグするか、またはビジュアライゼーションをダブルクリックします。
  2. 軸およびメジャーをビジュアライゼーションに追加します。

    ビジュアライゼーションに関するボタンを使用して、軸およびメジャーを追加できます。アセット パネルの [項目] タブから項目をドラッグし、その項目を軸またはメジャーとして使用することもできます。軸およびメジャーの必要数は、選択するビジュアライゼーションに応じて決まります。

    式を軸またはメジャーとして追加する場合は、プロパティ パネルの をクリックし、[データ] で追加をクリックしてから [式] をクリックします。

  3. ソート、色分け、またはラベル付けなどのプレゼンテーション方法を調整します。

    詳細については、「ビジュアライゼーションのスタイルの変更」を参照してください。

ヒント メモビジュアライゼーションはコピーして追加することもできます。これは、既存のビジュアライゼーションの設定を別のビジュアライゼーション タイプで使用したい場合に便利です。詳しくは「既存のビジュアライゼーションからのビジュアライゼーションのコピー」を参照してください。

カスタム オブジェクトは同じ方法で追加されます。ビジュアライゼーション エクステンションをシートにドラッグして、ビジュアライゼーションの作成を開始します。詳しくは「カスタム オブジェクトを使用したビジュアライゼーションの作成」を参照してください。

さまざまなビジュアライゼーションが含まれたタブ間を簡単に切り替えることによって、コンテナーを使用してダッシュボードのスペースを節約できます。詳細については、「コンテナ」を参照してください。

表や項目に使用するデータの型は、軸やメジャーとして使用できるかどうかに影響を与えます。

  • 軸によって、ビジュアライゼーションでデータをグループ化する方法が決まります。例: 国ごとの売上高合計、またはサプライヤーごとの製品の数 詳細については、「軸を使用したデータのグループ化」を参照してください。
  • メジャーはビジュアライゼーションで使用される計算で、通常は棒グラフの y 軸、またはテーブルの列に表示されます。メジャーは、Sum または Max などの集計関数に 1 つまたは複数の項目を組み合わせた数式から作成されます。詳細については、「メジャー」を参照してください。

推奨チャートを使用したビジュアライゼーションの作成

チャートの提案は、標準の編集モードのオートチャートと同様に機能します。プロパティ パネルで推奨チャートをオンにすることができます。オンにすると、項目を追加または削除するにつれて、行った変更に基づいて推奨のビジュアライゼーションが自動的に調整されます。重点的な一連のプロパティを使用して、推奨のビジュアライゼーションをカスタマイズできます。

詳細については、「Insight Advisor 推奨チャートを使用したビジュアライゼーションの作成」を参照してください。

ビジュアライゼーションの移動

  • ビジュアライゼーションをクリックしてドラッグし、グリッド上で再配置します。

ビジュアライゼーションのコピー

詳細オプションでは、次の方法でビジュアライゼーションをコピーして貼り付けることができます。

  • シート上の編集バーを使用 (切り取りコピー および 貼り付け)。
  • 右クリックして [切り取り]、[コピー]、および [貼り付け] を選択。
  • キーボード ショートカットを使用 (Ctrl+C、Ctrl+X、Ctrl+V)

詳細オプションを使用しながらコピーしたビジュアライゼーションをシートに貼り付ける際、状況によって異なる結果が生じます。

  • ビジュアライゼーションが選択されている場合、選択したビジュアライゼーションが置き換えられます。
  • ビジュアライゼーションが選択されていない場合、コピーされたビジュアライゼーションは最大の空白スペースに貼り付けられます。
  • 空白スペースがない場合、ビジュアライゼーションを貼り付けるスペースを作るために、シート上で一番大きなビジュアライゼーションが半分に分割されます。

ビジュアライゼーションの変換

ビジュアライゼーションをクリックして別のビジュアライゼーションにドラッグすると、ビジュアライゼーションを変換できます。

  1. シートの編集モードで、アセット パネルにある新しいチャートを、シート上の変換したいビジュアライゼーションにドラッグします。

    ショートカット メニューが開きます。

  2. 変換オプションを選択します。

背景色または画像の追加

[上級者向けオプション] では、シートの背景をカスタマイズできます。特定の背景色を選択したり、数式ごとに色分けしたりできます。メディア ライブラリの画像はどれも背景として設定できます。画像が全体の背景に合わない場合は、配置とサイズを変更できます。

.png、.jpg、.jpeg、.gif の形式がサポートされています。.gif を使用する場合は、動画にも静止画にもできます。

Qlik Sense Enterprise SaaS Government メモ

Qlik Sense Enterprise SaaS - Government (US) は、シートの背景画像または色をサポートしていません。

  1. 編集モードでシートを開きます。
  2. [詳細オプション] をオンにします。
  3. [シート プロパティ] で、[スタイリング] をクリックします。
  4. [背景] を [カスタム] に設定します。デフォルトでは [自動] になっています。
  5. 背景色:

    • 単色: 色選択ツールを使用して色を選択します。

    • 数式を使用: ユーザー定義の数式を使用する色を設定します。詳細については、「数式による色分け」を参照してください。

  6. 背景画像:メディア ライブラリから画像を選択します。デフォルトでは [なし] になっています。
  7. デフォルトのサムネイル上にある 画像 をクリックします。

    [メディア ライブラリ] が開きます。

  8. メディア ライブラリ内の [アプリ内] や [デフォルト] といったフォルダーをクリックします。求める画像がまだメディア ライブラリにない場合、 [メディアをアップロード] も選択できます。

  9. 使用する画像を選択し、[挿入] をクリックします。
  10. ドロップ ダウンで画像のサイズを変更します:
    • 元のサイズ
    • 常に適合
    • 幅に合わせる
    • 高さに合わせる
    • 縮小/拡大して合わせる
    • 常にページ幅に合わせる
  11. [位置] で、画像の配置を変更できます。例えば、画像をシートの中央や右上隅にできます。

選択した画像と背景色がシートに表示されるようになります。

[編集] モードのシート、左に設定された背景画像

編集モードのシートです。