メイン コンテンツをスキップする

アプリでの作業

クラウド ハブでは、アプリを追加、編集、共有できます。

アプリは、Professional ロールのユーザーがクラウド ハブに追加できます。クラウド ハブのメンバーは、メンバーであるスペース内のアプリを表示して操作できます。共有スペースまたは管理スペースで権限がある場合は、シートやストーリーなどのコンテンツをアプリに追加できます。

注:

Qlik Sense Enterprise on Windows で作成され、クラウド ハブに公開されたアプリは、クラウド ハブ内で編集または共有することはできません。クラウド ハブ内のこれらのアプリを編集する場合は、QMC からアプリをエクスポートし、クラウド ハブ内にインポートする必要があります。

アプリは、クラウド ハブ内でいろいろな方法で開発および共有できます。以下にサンプル アプリ ライフスタイルを示します。

  1. クラウド ハブでアプリを作成

    クラウド ハブで新しいアプリを作成して開発することができます。コラボレーションでアプリを開発する場合は、そのアプリを共有スペースに追加することができます。

    アプリの作成とデータの追加

    スペースで作業する

    クラウド ハブ内にテンプレートとして使用するアプリを所有している場合は、そのアプリを複製してから、そのコピーを編集することができます。

    クラウド ハブでのアプリの複製

    Qlik Sense の別のデプロイメントからエクスポートされたアプリなどのアプリをインポートすることもできます。

    アプリのアップロード

  2. データを追加してアプリを開発する

    新しいアプリを作成した場合は、新しいデータ ソースを追加するか、個人または共有スペースの既存のデータ ソースを使用して、データ モデルを構築してから、シートとストーリーを作成できます。

    アプリをコピーした場合は、データ ソースを変更し、データ モデルを修正して、シートとストーリーを編集することができます。所有していないデータ ソースを含んでいるアプリを複製する場合は、それらのソースを追加することも必要になります。

    アプリをアップロードした場合は、元のデータ ソースをアプリに再び追加する必要があります。新しいデータ ソースを追加し、内容を変更することもできます。

    シートとストーリーは、パブリックにするまではプライベートです。詳細については、「シート、ブックマーク、ストーリーへのアクセス権の付与」を参照してください。

  3. データ ロード スケジュールの作成

    データのロード スケジュールを作成して、ビジュアライゼーションに最新の情報が確実に反映されるようにすることができます。

    クラウド ハブでのアプリ データのリロード

  4. 他のメンバーとアプリを共有する

    アプリを共有スペースに移動すると、クラウド ハブのメンバーと個人のアプリを共有することができます。アプリを管理スペースに公開することもできます。

    共有スペースで作業する

    管理スペースで作業する

  5. アプリを更新する

    アプリの所有者は、ユーザーからフィードバックを受け取ることがあります。共有アプリはいつでも更新可能です。シートやストーリーをさらに操作する場合は、それらを再びプライベートにすることができます。データ モデルに対して変更を加えることができます。

  6. クラウド ハブでアプリを廃止する

    アプリが不要になった場合、クラウド ハブから削除することができます。

    アプリの削除