メイン コンテンツをスキップする Skip to complementary content

シートの作成と編集

編集モードでシートとビジュアライゼーションをすばやく作成します。

[シートを編集] をクリックして、アプリでシートの作成を開始します。編集モード インターフェイスを使用すると、チャートをすばやく作成してシートに配置できます。編集モードのスマート グリッドを使用すると、新しいビジュアライゼーションをチャートの横または下にすばやく配置し、クリック アンド ドラッグして最終的な位置に配置できます。ビジュアライゼーションでフィルターを簡単に作成して、グラフに表示されるデータを制限できます。

シートはパブリックにするまではプライベートです。詳細については、「シート、ブックマーク、ストーリーへのアクセス権の付与」を参照してください。

詳細シート作成オプションは、[詳細オプション] から利用できます。[詳細オプション] には、標準の編集モードでは使用できない追加のプロパティと設定が含まれています。詳細編集モードの使用方法については、「詳細オプションの操作」を参照してください。

シートの作成

  • アプリで、次のいずれかを実行します。

    • アプリの概要を表示している場合は、[新しいシートの作成] をクリックし、シートにタイトルを付けて、新しいシートをクリックして開きます。

    • 分析モードでシートを表示している場合は、[シート] をクリックして [新しいシートの作成] をクリックし、シートにタイトルを付けて、新しいシートをクリックして開きます。

    • 編集モードのシートにいる場合は、シートの上部にある [] をクリックします。新しいシートが編集モードで開きます。

シートの編集

  • アプリのシートで、[シートを編集] をクリックします。

ビジュアライゼーションの作成

新しいシートには、ビジュアライゼーションが自動的に含まれます。行の右または下にある [] をクリックしてグリッドにビジュアライゼーションを追加することで、そこに追加できます。

既定では、新しいビジュアライゼーションはオートチャート ビジュアライゼーション タイプに設定されます。オートチャートを使用すると、[プロパティ] に追加した項目に基づいてチャートをすばやく作成できます。[ビジュアライゼーション] の下でビジュアライゼーション間を切り替えることができます。その後、必要に応じてフィルターを追加し、ビジュアライゼーションのプレゼンテーション設定を調整できます。

情報メモ

マップ チャートでは、[詳細オプション] のプロパティと同じ詳細プロパティを使用する必要があります。マップ チャートは、標準の編集モードではフィルターや表示設定にアクセスできません。

情報メモ

一部のビジュアライゼーションは、詳細編集モードでのみ追加できます。

  • ボタン

  • コンテナ

  • テキストと画像

  • Dashboard bundle または Visualization bundle の拡張機能などのカスタム オブジェクト。

これらは標準編集モードで変更できますが、詳細編集モードとプロパティは同じです。ただし、フィルターをサポートするものもあります。

  1. これが新規シートである場合は、デフォルトのビジュアライゼーションを選択します。

    それ以外では、ビジュアライゼーションの右またはその下にある アイテムを追加 をクリックし、新規ビジュアライゼーションを追加します。

  2. ビジュアライゼーション タイプを選択します。

    使用するビジュアライゼーションの種類が不明な場合は、[自動チャート] を選択します。自動チャートにより、追加するデータに最適なビジュアライゼーションが選択されます。

    ビジュアライゼーションを作成しながら、ビジュアライゼーション タイプを切り替えることができます。これは、データのプレゼンテーションに対する異なったオプションを表示する点で役に立ちます。

  3. [データ] の下にある [アセット] から、項目またはマスター アイテムをドラッグ アンド ドロップします。または、[追加] をクリックし、リストからそれらを選択します。

    数式を使用して軸またはメジャーを構築する場合は、シートのビジュアライゼーションで、[軸を追加] または [メジャーを追加] をクリックしてから、数式エディタを開く をクリックします。さらに数式を追加する場合は、[詳細オプション] をクリックし、プロパティ パネルの [データ] の下に追加します。

  4. フィルターを追加する (オプション) には:

    1. ビジュアライゼーションでフィルターとして使うには、[フィルター] の下の項目をドラッグ アンド ドロップします。

    2. フィルター タイプを選択し、追加のフィルター パラメーターを設定します。

    フィルターに関する詳細については、「ビジュアライゼーションへフィルターを適用する」を参照してください。

  5. チャートのソート方法を変更する (オプション) には、[ソート] で [メジャー別] か [軸別] を選択し、ソート順を選択します。

    詳細については、「ソート」を参照してください。

  6. チャートで使用される色を変更する (オプション) には、[] で [カスタム] を選択し、チャートのカラー オプションを選択します。

    以下の着色オプションを利用できます:

    • 単色:  ビジュアライゼーションで使用される単色を選択します。

    • 要素を塗り分ける:  ビジュアライゼーションにおいてメジャーのそれぞれに使用する異なる色を選択してください。

    • [軸ごと]:  軸の値ごとにチャートの色を選択してください。

    その他のカラー オ プションは、[詳細なプロパティ] から選択可能です。詳細については、「ビジュアライゼーションを色分けする」を参照してください。

    色の設定について詳しくは、「」を参照してください。

  7. [ラベル] において、タイトル、サブタイトルまたは脚注をビジュアライゼーションに任意で追加してください。

    ラベルの設定について詳しくは、「Labels」を参照してください。

  8. オプションで、棒グラフの場、円グラフ、ドーナツ チャートの場合、[スタイリング] で、追加のチャート スタイリングを設定します。

    スタイル指定の設定について詳しくは、「スタイル指定」を参照してください。

  9. [ツール ヒント] において、カスタムのタイトルと記述をビジュアライゼーションのツール ヒントに追加してください。

    その他のカスタム ツール ヒントは、[詳細なプロパティ] から選択可能です。

    ツールヒントのオプションについて詳しくは、「ツール ヒント」を参照してください。

  10. [] では、軸の方向、位置、スケールを任意で調整してください。

    [] は、以下のチャートで選択できます。 

    • 棒グラフ

    • 散布図

    • ウォーターフォール グラフ

    • ボックス プロット

    • 分布プロット

    • Bullet chart

    • ヒストグラム

    軸のオプションについて詳しくは、「」を参照してください。

ビジュアライゼーションを作成したら、必要に応じて [詳細オプション] をオンにし、追加のプロパティの詳細編集モードに切り替えることができます。

シート上でビジュアライゼーションを移動する

  • ビジュアライゼーションで [] をクリックし、新しい位置にドラッグします。

ビジュアライゼーションのサイズ変更

行のビジュアライゼーションのサイズを変更できます。ビジュアライゼーションが占める垂直方向のスペースを変更する必要がある場合は、[詳細オプション] をオンにします。

  • ビジュアライゼーションの横にある [] をクリックし、ドラッグして行のサイズを変更します。

ビジュアライゼーションの削除

  • ビジュアライゼーションを右クリックして、[削除] を選択します。

制限事項

シートの編集モードには次の制限があります。

  • 標準編集モードは、タッチ デバイスをサポートしていません。お使いの端末がタッチ専用の場合は、[詳細オプション] をオンにします。

  • オートチャートの [プレゼンテーション] で設定が行われ、オートチャートで使用される項目を変更するなどしてオートチャートが更新されると、プレゼンテーション設定は消去されます。

  • マップ チャートで設定が行われた場合、別のビジュアライゼーションに切り替えると、設定がリセットされます。

  • ボックスプロットはフィルターをサポートしていません。