メイン コンテンツをスキップする Skip to complementary content

例: シートの構築

この例では、シートをスピーディに作成する方法を示します。例に沿って複製したい場合は、使用される基本アプリとデータをビジネス ロジック チュートリアルから入手できます。 ビジネス ロジックのチュートリアルについては、 チュートリアル – Insight Advisor がデータを解釈する方法のカスタマイズを参照してください。

シート編集モードを使用すると、便利なビジュアライゼーションを短時間で作成できます。シートを作成するときは、表示する情報の種類を把握しておく必要があります。この場合、 チュートリアル - ビジネス ロジック アプリから、さまざまな時点の売上を調査できるシートを作成します。このシートでは次の項目が確認できます。 

  • 国および都市ごとの売上高の地理的表現。

  • 営業所別の粗利益。

  • 従業員の売上高。

  • 特定の製品およびカテゴリの内訳。

  • ユーザーが年、四半期、月、週ごとにデータをフィルター処理できるフィルター。

サンプル シート

最初のビジュアライゼーションの作成

最初のビジュアライゼーションでは、棒グラフを作成します。最初はオートチャートを使用して推奨事項を確認してから、推奨事項を棒グラフに変更します。

  1. チュートリアル - ビジネス ロジック アプリで、新しいシートを作成します。

  2. [アセット] から、[SalesOffice] を [データ] の下に軸としてドラッグ アンド ドロップします。

  3. [アセット] から、メジャーとして [総収益] を [データ] としてドラッグ アンド ドロップします。

    最初のビジュアライゼーション

  4. [ビジュアライゼーション] で、[横棒グラフのチャット] を選択します。

  5. [プレゼンテーション] で [並べ替え] をクリックし、[軸別] をクリックします。

    ビジュアライゼーションの編集

マップの追加

棒グラフを作成したら、次に国と都市の両方を視覚化するマップを作成できます。

  1. をクリックして、行に別のビジュアライゼーションを追加します。

  2. ビジュアライゼーションで、[マップ] を選択します。

  3. [詳細なプロパティを開く] をクリックします。

  4. [レイヤー] > [レイヤーの追加] をクリックします。

  5. [エリア レイヤー] を選択します。

  6. [] の下で、[追加] をクリックして [] を選択します。

  7. [] で [カスタム] を選択し、[メジャー別] を選択して、[Avg(Sales)] 別の色分けを選択します。

  8. [] をクリックして [レイヤー] に戻ります。

  9. [レイヤーの追加] をクリックし、[ポイント レイヤー] を選択します。

  10. [軸] の下で、[追加] をクリックして [都市] を選択します。

  11. [] で [カスタム] を選択し、[メジャー別] を選択して、[Sum(Sales)] 別の色分けを選択します。

  12. [配色] の下で、[発散クラス] を選択します。

    マップ付きシート

フィルター パネルの追加と行の再配置

次に、フィルター パネルを追加して、特定の期間ごとにビジュアライゼーション内のデータを探索できるようにします。また、ビジュアライゼーションの行を再配置します。

  1. をクリックして、行に別のビジュアライゼーションを追加します。

  2. [ビジュアライゼーション] で [] をクリックし、[フィルター パネル] を選択します。

  3. [アセット] から、[OrderDate] をクリックします。

  4. [プロパティ] の [データ] の下に次をドラッグ アンド ドロップします。

    • 四半期

    • 毎週

  5. フィルター パネルの左側で、フィルター パネルの [] をクリックしてドラッグし、サイズを変更します。

    フィルター パネルの追加

  6. マップ ビジュアライゼーションで [] をクリックし、棒グラフの左側にドラッグします。

テーブルを使用して新しい行を追加する

テーブルから始めて、現在の行の下にビジュアライゼーションの新しい行を追加します。

フィルタリングされたテーブル

  1. この行の下の [] をクリックして、新しい行にビジュアライゼーションを追加します。

  2. [ビジュアライゼーション] の下で、[テーブル] を選択します。

  3. [アセット] から、次のものを軸としてドラッグ アンド ドロップします。

    • EmployeeName

    • SalesOffice

  4. [アセット] から [売上] をドラッグ アンド ドロップして、次のメジャーを作成します。

    • Avg(Sales)

    • Sum(Sales)

  5. [アセット] から [売上] を [フィルター] にドラッグ アンド ドロップします。

  6. フィルター タイプとして [条件] を選択します。

  7. [比較] を選択します。

  8. 条件で、[>] および [固定値] を選択します。

  9. [より大きい]に 0を入力します。

ツリー マップの追加

ここで、ツリー マップを追加して、製品カテゴリだけでなく、それらのカテゴリ内の製品も探索できるようにします。

新しいツリー マップ

  1. をクリックして、行に別のビジュアライゼーションを追加します。

  2. [ビジュアライゼーション] で、[ツリー マップ] を選択します。

  3. [アセット] から、[長方形 (軸)] の下に [CategoryName] をドラッグ アンド ドロップします。

  4. [アセット] から、[長方形 (軸)] の下に [ProductName] をドラッグ アンド ドロップします。

  5. [アセット] から、[総収益] を [サイズ (メジャー)] の下にドラッグ アンド ドロップします。

  6. フィルター パネルの左側で、フィルター パネルの [] をクリックしてドラッグし、サイズを変更します。

詳細オプションでメジャーの書式を変更する

チャートが作成されたら、さらに細かい調整に進むことができます。テーブルでの売上の表示方法を変更することから始めます。

 

  1. [詳細オプション] をクリックします。

  2. テーブルを選択します。

  3. プロパティ パネルで [データ] をクリックします。

  4. [平均売上] を選択します

  5. [数字の書式設定] で、[通貨] を選択します。

  6. [書式パターン]で、$ #,##0.00;-$ #,##0.00 を入力します。

  7. [合計売上] を選択します。

  8. [数字の書式設定]で、[通貨]を選択します。

  9. [書式パターン]で、$ #,##0.00;-$ #,##0.00 を入力します。

フィルター パネルで軸ラベルを変更する

既定では、フィルター パネルに軸名が表示されます。これらを調整して、完全な軸名ではなく期間のみを表示できます。

軸タイトルが調整されたフィルター パネル

  1. [詳細オプション]で、フィルター パネルを選択します。

  2. [データ] で、[OrderDate.autoCalendar.Year] を選択します。

  3. [タイトル] の下に、[] と入力します。

  4. [データ] で、[OrderDate.autoCalendar.Quarter] を選択します。

  5. [タイトル] の下に、[四半期] と入力します。

  6. [データ] で、[OrderDate.autoCalendar.Month] を選択します。

  7. [タイトル] の下に、[] と入力します。

  8. [データ] で、[OrderDate.autoCalendar.Week] を選択します。

  9. [タイトル] の下に、[] と入力します。