メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

チュートリアル - PowerPoint レポート用シートの設計

サブスクリプションと Qlik アプリケーションの自動化 レポートを PowerPoint 形式で生成できます。このチュートリアルでは、カスタム背景画像とレイアウトを使用して、シートが PowerPoint スライドでプロフェッショナルに見える方法を紹介します。

学習内容

このチュートリアルを完了すると、PowerPoint レポートでシートを見栄えよく設計する方法がわかります。グリッド サイズをカスタマイズし、シートに背景画像を追加する方法を理解できます。

このチュートリアルを完了する必要がある対象者

Qlik Cloud 分析 でのアプリの設計に慣れているユーザー。高度な編集モードでチャートを作成する方法を理解している。

始める前に必要な準備

必要なもの:

  • Qlik Cloud 分析 へのアクセス権。

  • Professional 資格または Full User 資格 のユーザー。自分のユーザーの種類を確認するには、テナント管理者に問い合わせてください。詳細については、「ユーザー資格の割り当て」を参照してください。

  • 2 つの Qlik Cloud 分析 アプリ。パッケージをダウンロードして解凍します:

    Tutorial - Designing PowerPoint Reports

ZIP ファイルには 2 つの Qlik Cloud 分析 アプリが含まれています。両方のアプリに、次のデータおよびテスト画像が含まれています。

  • テスター - 顧客関係管理 (CRM) ダッシュボード: このチュートリアルの完了を希望するユーザー向け。このアプリにはビジュアライゼーションがありますが、レイアウトは専門的ではなく、空白のシートがあります。このアプリのすべてのシートは非公開に設定されているため、編集が可能です。

  • ファイナル - 顧客関係管理 (CRM) ダッシュボード: チュートリアルの最終結果の閲覧を希望するユーザー向け。サブスクリプションまたはレポート自動化のテストに、このアプリを使用できます。このアプリのすべてのシートは公開に設定されています。

ハブへのチュートリアル アプリのアップロード

開始する前に、両方のアプリを Qlik Cloud 分析個人スペースにアップロードする必要があります。個人スペースは Qlik Cloud 分析 ハブ内の自身のプライベート ワーク エリアです。

  1. Qlik Cloud 分析 にログインします。
  2. [新規追加] > [アップロード] をクリックします。
  3. アプリを選択します。
  4. 2 つの Qlik Cloud 分析 アプリをダイアログにドラッグ アンド ドロップします。
  5. スペースが [個人] に設定されていることを確認してください。
  6. [アップロード] をクリックします。

両方のアプリが個人スペースに追加されました。

最初のシート: 導入

このチュートリアルに沿って進める場合は、[テスター - 顧客関係管理 (CRM) ダッシュボード] を開きます。「導入」シートをダブルクリックします。

情報メモこのアプリのすべてのシートは横向きレイアウトに設定されています。PowerPoint 形式でサブスクリプションまたはオートメーションに出力されるシートでは、縦向きレイアウトはサポートされていません。縦向きレイアウトに設定されたシートは、横向きレイアウトに変換されます。ただし、Qlik レポート サービス API を使用している場合は縦向きレイアウトを使用できます。API を使用し、レポート作成する詳細については、[Developer Portal documentation] (デベロッパー用ポータル資料) を参照してください。

この最初のシートは、PowerPoint レポートのタイトル ページです。現在は、白い背景に黒いテキストのみです。

Intro シート

編集前の「導入」シート。
  1. [シートを編集する] をクリックします。

  2. 右上にある [詳細オプション] をオンに切り替えます。

  3. プロパティ パネルで [ スタイル パレット スタイル] をクリックします。シートの背景設定が表示されます。

  4. [背景画像] で、最初のドロップダウンをクリックし、[メディア ライブラリからの画像] を選択します。

  5. デフォルトのサムネイル上にある 画像 をクリックします。

    [メディア ライブラリ] が開きます。

  6. Q4 Title_1920_1080.png を選択します。プレビューが表示されます。[挿入] を選択します。

  7. 背景画像のサイズと向きを変更できます。この画像では、[元のサイズ] と [位置 - 左上] を選択します。

  8. テキストが暗すぎて読めません。テキスト オブジェクトをダブルクリックし、フォントの色を白に変更します。

  9. テキスト オブジェクトと画像オブジェクトをシートにドラッグします。アプリが最後に更新された日時を示す式を追加します。

  10. テキスト オブジェクトと画像オブジェクトに、「Last updated:」と入力します。フォントの色を白にします。

  11. プロパティ パネルで、[データ] > [メジャーを追加] をクリックします。数式 をクリックします。

    数式エディタが開きます。

  12. 数式エディターで、次を挿入します。 =Date(now())

  13. [適用] をクリックします。

  14. アプリがリロードされるたびに式が変更され、現在の日付が表示されます。

    プレーン テキストの場合と同じように、式のスタイルをフォーマットできます。例えば、フォントを白にすることや、テキストを大きくすることができます。

最初のシートは、PowerPoint 資料の導入スライドのようになりました。2 番目のシート、「トレンド」に移動できます。

2 番目のシート: トレンド

このシートにはいくつかの興味深いチャートがありますが、正しく配置されていません。このシートにはコーポレート ブランドはありません。

Trends シート

編集前の「トレンド」シート。
  1. プロパティ パネルで [ スタイル パレット スタイル] をクリックします。シートの背景設定が表示されます。

  2. [背景画像] で、最初のドロップダウンをクリックし、[メディア ライブラリからの画像] を選択します。

  3. デフォルトのサムネイル上にある 画像 をクリックします。

    [メディア ライブラリ] が開きます。

  4. Side Panel.png を選択します。プレビューが表示されます。[挿入] を選択します。

  5. 背景画像のサイズと向きを変更できます。この画像では、[幅に合わせる] と [位置 - 左上] を選択します。

  6. 背景画像が一部のチャートと重なっています。グリッド間隔が広く設定されているため、チャートを正しく配置することが困難になっています。

  7. [グリッド間隔] に移動し、ドロップダウンで [カスタム] を選択します。

  8. スライダーを使用して、グリッドの四角をできるだけ小さくします。

  9. チャートが均等に並ぶように、サイズを調整します。

このシートは整理され、背景画像はサイド パネルとして設定されました。次のシート 「収益」に移動します。

3 番目のシート: 収益

このシートには、獲得した収益を示す KPI が赤いテキストで表示されています。たくさんの余白があります。背景画像を追加すると、KPI が画像の一部であるように見せることができます。

Revenues シート

編集前の「収益」シート。
  1. プロパティ パネルで [ スタイル パレット スタイル] をクリックします。シートの背景設定が表示されます。

  2. [背景画像] で、最初のドロップダウンをクリックし、[メディア ライブラリからの画像] を選択します。

  3. デフォルトのサムネイル上にある 画像 をクリックします。

    [メディア ライブラリ] が開きます。

  4. Revenue background 1980x1080.png を選択します。プレビューが表示されます。[挿入] を選択します。

  5. サイズを [縮小/拡大して合わせる] に変更します。

この単一の KPI が動的な背景を持つようになりました。次のシート 「業種別の収益」に移動します。

4 番目のシート: 業種別の収益

このシートにはいくつかのチャートがありますが、たくさんの余白があります。境界線として画像を追加してみましょう。

Revenue by Industry シート

編集前の「業種別の収益」シート。
  1. プロパティ パネルで [ スタイル パレット スタイル] をクリックします。シートの背景設定が表示されます。

  2. [背景画像] で、最初のドロップダウンをクリックし、[メディア ライブラリからの画像] を選択します。

  3. デフォルトのサムネイル上にある 画像 をクリックします。

    [メディア ライブラリ] が開きます。

  4. Q4 Background Slide_1920_1080.png を選択します。プレビューが表示されます。[挿入] を選択します。

  5. サイズを [縮小/拡大して合わせる] に変更します。

シートの上下に色のついたバーが表示されるようになりました。次のシート 「終了」に移動します。

5 番目のシート: 終了

このシートは、PowerPoint プレゼンテーションが終了したことを閲覧者に知らせるためのものです。今は白紙になっています。アニメーション化された .gif を背景画像として追加します。

The end シート

編集前の「終了」シート。
  1. プロパティ パネルで [ スタイル パレット スタイル] をクリックします。シートの背景設定が表示されます。

  2. [背景画像] で、最初のドロップダウンをクリックし、[メディア ライブラリからの画像] を選択します。

  3. デフォルトのサムネイル上にある 画像 をクリックします。

    [メディア ライブラリ] が開きます。

  4. Qlik_Outro_Presentation.gif を選択します。プレビューが表示されます。[挿入] を選択します。

  5. サイズを [常にページ幅に合わせる] および [位置 - 左上] に変更します。

シートに大きなアニメーションが表示されるようになりました。.gif は、シートまたは PowerPoint レポートではアニメーション化されますが、PDF ではアニメーション化されません。

次のシート 「感謝」に移動します。

6 番目のシート: 感謝

このシートは、閲覧者に質問できることを知らせるためのものです。現在は、白い背景に黒いテキストのみです。最初のシートで使用したものと同じ背景画像を追加します。そうすることで、最初と最後の PowerPoint スライドは同じ画像になります。

Thank you シート

編集前の「感謝」シート。
  1. プロパティ パネルで [ スタイル パレット スタイル] をクリックします。シートの背景設定が表示されます。

  2. [背景画像] で、最初のドロップダウンをクリックし、[メディア ライブラリからの画像] を選択します。

  3. デフォルトのサムネイル上にある 画像 をクリックします。

    [メディア ライブラリ] が開きます。

  4. Q4 Title_1920_1080.png を選択します。プレビューが表示されます。[挿入] を選択します。

  5. 背景画像のサイズと向きを変更できます。この画像では、[元のサイズ] と [位置 - 左上] を選択します。

  6. テキストが暗すぎて読めません。テキスト オブジェクトをダブルクリックし、フォントの色を白に変更します。

これで、プロフェッショナルな PowerPoint 資料のように見える 6 枚のシートができあがりました。編集を中止するには、[シートの編集]をクリックします。

Intro シート

編集後の「導入」シート。

Trends シート

編集後の「トレンド」シート。

Revenues シート

編集後の「収益」シート。

Revenue by Industry シート

編集後の「業種別の収益」シート。

The end シート

編集後の「終了」シート。

Thank you シート

編集後の「感謝」シート。

次のステップ

アプリをサブスクリプションまたはレポートの自動化に追加する準備ができました。

レポートにセクション アクセスを適用する必要がある場合は、サブスクリプションを選択するとよいでしょう。詳細については、「サブスクリプションを使用したレポートのスケジュール」を参照してください。

レポートの自動化により、ループを使用したレポートなどの、より複雑なレポートを作成できます。詳細については、「レポートの作成 Qlik アプリケーションの自動化」を参照してください。

スケジュールに従って実行される自動レポートを作成する場合は、アプリ データもスケジュールに従ってリロードされる必要があります。詳細については、「アプリ データのリロード」を参照してください。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。