メイン コンテンツをスキップする Skip to complementary content

シート レイアウトの変更

標準の編集モードで、行を追加したり、ビジュアライゼーションを移動したりできます。シートのサイズを変更したり、シートのレイアウトを変更したりする場合は、[詳細オプション] で利用できる追加オプションがあります。

詳細オプションを使用してシート レイアウトを変更した場合でも、標準の編集モードでシートを変更できます。ただし、シートのレイアウトはロックされます。シートのロックを解除すると、シート レイアウトが標準の編集モードにリセットされます。

シートのグリッド サイズの変更

シートにさらに多くのビジュアライゼーションが収まるように、またはビジュアライゼーションの配置をさらに制御できるように、シートのグリッド サイズを調整できます。グリッドは、ビジュアライゼーションを追加、移動、またはサイズ変更するときに表示されます。

グリッドのサイズはシート プロパティ パネルで変更できます。

シートのプロパティ パネル

  1. シート プロパティの [グリッドの間隔] 設定に移動します。
  2. 間隔を [広い] (既定のオプション) から [中間]、[狭い]、または [カスタム] に変更します。
  3. [カスタム] を選択すると、スライダーが表示されます。スライダーを使用してグリッド サイズを変更します。

シート サイズのカスタマイズ

既定では、Qlik Sense ではユーザーのスクリーンの軸にシートを合わせるために、シートに応答性の高いレイアウトが使用されています。シートに応答性の高いレイアウトを使用したくない場合は、シートにカスタムの幅と高さを設定できます。これにより、応答性について調整することなく、確実に作成した通りにダッシュボードをユーザーに表示することができます。シートの高さと幅は、300 ピクセルから 4,000 ピクセルの間であればどの数値にでも設定できます。

シートの PDF ダウンロードが極端にズームインして表示される場合は、[シート サイズ] を [応答性が高い] から [カスタム] に切り替えることをお勧めします。

情報メモ[シート サイズ] を [応答性が高い] から [カスタム] に変更すると、ビジネス ユーザーのインタラクティブ エクスペリエンスに影響を与える可能性があります。レポートの出力書式が特に重要な場合は、テーマとレイアウトに対する制御を改善するために、レポート固有の app を作成することを検討してください。

シートにカスタムのサイズが適用されている場合は、グリッドの間隔を変更することはできますが、[シートの拡張] を使用してサイズを変更することはできません。

未拡張の [応答性が高い] シートの場合、シートのエクスポートされた PDF は次の様になります。

  • 横方向: 1680 x 1120 ピクセル
  • 縦方向: 1120 x 1680 ピクセル

[カスタム] シート サイズを使用している場合、シートの PDF 出力は、幅と高さに対するカスタム ピクセル値を維持します。

[シート サイズ] を [レスポンシブ] から [カスタム] に変更すると、PDF 出力の明瞭さに影響を与える可能性があります。カスタム サイズのシートを PDF として手動でエクスポートする場合、ベスト プラクティスは次のとおりです。

  • 縦向き: 1680 x 1120 ピクセルの値、または 1:1.5 の比率

  • 横向き: 1120 x 1680 ピクセルの値、または 1.5:1 の比率

シートが大きすぎて 1 枚の PDF ページにはっきりと表示できない場合、拡張シートとカスタム サイズのシートは低解像度の PDF の出力となる可能性があります。

  1. [シート サイズ] 設定を [応答性が高い] から [カスタム] に変更します。
  2. シートの幅をピクセルで入力します。

  3. シートの高さをピクセルで入力します。

小さい画面用のレイアウトの変更

既定では、シートを小さい画面上で表示する場合は、リスト ビューに表示されます。これをグリッドでの表示に変更することができます。シートを小さい画面上でグリッド表示するには、応答性が高いレイアウトに設定する必要があります。

小さい画面上でリスト ビュー (左) およびグリッド ビュー (右) に表示されたシート

小さい画面上でのシート リスト ビューとグリッド ビューの比較

グリッド ビューにはビジュアライゼーションの小さいプレビューが表示されます。リスト ビューにはビジュアライゼーションのタイトルのみが表示されます。

  1. [シート プロパティ] で、[小さい画面用のレイアウト] に移動します。
  2. ドロップダウンから [グリッド ビュー] を選択します。

シートの領域の拡張

画面に収まるビジュアライゼーションよりも多くのビジュアライゼーションを追加する必要がある場合、シートの領域を縦方向に拡張できます。

情報メモ

ダウンロードされた拡張シートは、シートが大きすぎて単一の PDF ページにはっきりと表示できない場合、PDF の出力品質が低下することがあります。

次の点に注意してください。

  • シート プロパティの [シートの拡張] をアクティブにする必要があります。
  • 拡張ごとに、シートの元の高さの 50% が追加されます。
  • スクロールするビジュアライゼーションがある場合、拡張されたシートのスクロールが妨げられる可能性があります。空白スペースをある程度残しておくと、シートの設計時にスクロール用に利用できます。

2 種類の方法でシートを拡張できます。

  • オブジェクトをシートの下部にドラッグし、表示されたドロップ ゾーンにドロップします。
  • [シート プロパティ] の [シートの拡張] を切り替えます。

シートは元の高さから 50% 拡張されています。シート内で縦方向にスクロールすると、すべてのコンテンツにアクセスできます。