メイン コンテンツをスキップする

クラウド ハブでのアプリ データのリロード

クラウド ハブのアプリは、アプリのデータ ソースが更新されても、自動的には更新されません。アプリをロードすると、そのアプリは、アプリのデータ ソースからの最新データを反映して更新されます。手動で自分のアプリをロードするか、アプリのロードをスケジュールすることができます。

注: Qlik Sense Enterprise on Windows 展開からクラウド ハブに公開されたアプリについては、クラウド ハブでデータをリロードすることはできません。Qlik Sense Enterprise on Windows から公開されたアプリは、Qlik Sense Enterprise on WindowsQMC を使用してリロード可能です。

For information about which users can reload data, see:

アプリのリロード ステータスを確認できます。 これは、成功リロード、または失敗のいずれかです

  • [最終変更日] 列のアプリのリストビュー。
  • タイル ビューまたはグループ ビューのアプリ カード内。
注: アプリの最長リロード時間は 3 時間です。アプリのリロードにこれ以上時間がかかる場合は、失敗してメッセージが表示されます。

アプリ データのロードのスケジュール

アプリでのデータ ロードのスケジュールを作成できます。Qlik Sense は、スケジュールする一定の頻度、日付、および時刻にロードをロード キューに追加します。スケジュールできるのは、データの 1 回のロードか、アプリ データの繰り返しロードです。

注: キューに入れられて実行されているデータ リロード プロセス (および追加の同時 CPU およびメモリ集約型プロセス) が多数ある場合、一部のリロード プロセスが、場合によっては、スケジュールされた開始時刻の著しく後に実行されることに気付く場合があります。組織でデータのリロード スケジュールの予測可能な実行 (時間どおりに開始) が必要な場合は、Qlik Sense SaaS サブスクリプションに専用の容量を追加することを検討してください。詳細については、[拡張アプリと専用の容量] を参照してください。

所有しているすべてのアプリのスケジュールされたリロードを編集できます。テナント管理者は、スケジュールされたリロード タスクを表示および削除できますが、編集はできません。

1 回のロードをスケジュールする場合は、ロードする特定の日付と時刻を選択できます。

繰り返しロードをスケジュールする場合は、ロードの間隔と時間を選択できます。開始日と終了日を設定することもできます。終了日を設定しない場合、スケジュールは永続的に実行されます。繰り返しロードは、次の間隔で設定可能です。

  • 時間単位

    リロードを 1 時間または 5 分間隔でスケジュールするように設定できます。

  • 日単位

    リロードは、毎日または数日間隔でスケジュールされるように設定できます。

  • 週単位

    リロードは、毎週または数週間隔でスケジュールされるように設定できます。リロードをスケジュールする曜日を選択することもできます。

  • 月単位

    リロードは、毎月または数か月間隔でスケジュールされるように設定できます。また、月の日付と時間を選択することもできます。

  • 年単位

    リロードは、毎年または選択した月の数でスケジュールされるように設定できます。また、月の日付と時間を選択することもできます。

スケジュールされたロードは、スケジュールを [非アクティブ] に設定して保存することによってアプリから削除できます。

リロードのスケジュールのあるアプリをスペース間で移動すると、リロード スケジュールは削除されます。必要に応じて、新しいスペースでスケジュールを再作成します。

注: スケジュールされたリロードは、公開されたアプリのコピーには含まれていません。 公開されたアプリでは、管理されているスペースのアプリで再構成されたスケジュールされたリロードが必要です。
注:

[スケジュールのロード] ダイアログの日付と時刻では、現在のタイム ゾーンが使用されます。Qlik Sense は、ブラウザーの設定に基づいて現在のタイム ゾーンを判断します。

  1. アプリで 詳細 をクリックし、[リロードのスケジュール] を選択します。
  2. スケジュールを「アクティブ」に設定し、スケジュールを作成します。

    ヒント:

    ロード時間の設定時に AM オプションが表示されない場合は、スクロール バーを使用します。

  3. [保存] をクリックします。
注: リロードのスケジュールは、5 回連続して失敗すると非アクティブ化されます。

部分的なリロード

部分リロードをオンにして、ロード スクリプトの事前定義された部分を実行し、対応するテーブルを更新します。部分的なリロードは、最初にデータ ロード エディタのロード スクリプトで構成する必要があります。詳しくは「部分的なリロード」を参照してください。

アプリ データの手動ロード

アプリを手動でロードし、ロード タスクをロード キューに追加できます。

  • アプリで 詳細 をクリックし、[リロード] を選択します。

アプリのロード履歴の表示

[履歴のロード] には、選択したアプリのロード履歴が表示されます。過去および現在のロードの状態、開始終了時刻、期間を確認できます。失敗したロードについては、エラー ログでも確認できます。

アプリのリロード履歴を表示するには 2 つの方法があります。

  • アプリの [詳細] を選択して、[履歴のリロード] をクリックします
  • アプリのリスト ビューで、[最終変更日] 列にカーソルを合わせ、[リロード履歴を表示] をクリックします。

ロード スケジュールの表示と削除

テナント管理者は、Management Console からリロード スケジュールを表示および削除することができます。この操作は、[スケジュール] タブで実行されます。

ロード スケジュールの管理