メイン コンテンツをスキップする Skip to complementary content

ユーザー割り当ての割り当て

ユーザーの割り当てによって、各ユーザーがアクセスできるテナントの領域と、これらの領域で実行できるアクションが決まります。テナント管理者は、管理コンソール からユーザー割り当てを割り当てたり削除したりできます。

ユーザー割り当てとは

ユーザーがテナントに参加すると、Professional または Analyzer のどちらかまたは両方のステータスを割り当てます。ユーザー割り当ての数は、Qlik Sense SaaS サブスクリプションに基づきます。詳細については、「Qlik の信頼とセキュリティ」を参照してください。

  • Professional アクセス: Qlik Sense でコンテンツを作成するユーザーを対象としています。Professional アクセス権を持つユーザーは、共有スペースの作成、シートまたはアプリの作成/編集/公開、アラートの作成と編集が可能です。

    情報メモProfessional アクセス ユーザーは、同時に使用できるユーザー接続の数に制限はありません。
  • Analyzer アクセス: 他のユーザーによって作成されたシートとアプリを使用するユーザーが対象です。Analyzer アクセス権を持つユーザーは、シートまたはアプリの作成/編集/公開はできませんが、共有されているアプリ内のデータに基づいて、ストーリー、ブックマーク、スナップショットを作成できます。また、ユーザーはオンデマンド アプリ、印刷オブジェクト、ストーリー、シートを作成して、オブジェクトから Microsoft Excel にデータをエクスポートしたりすることもできます。

  • Analyzer アクセス (分): 時間制の Analyzer アクセス権の提供が対象です。

管理コンソール からのユーザー割り当ての管理

ユーザー割り当ては、 管理コンソール の [ユーザー割り当て] セクションで管理できます。このセクションには次の 2 つのタブがあります。[概要] と [割り当て済みユーザー] の 2 つのタブがあります。

概要タブ

[概要] には、ユーザー割り当てについての基本情報が表示されます。

概要タブ
割り当てアイテム 説明

Professional

消費分: Professional アクセス権を持っているユーザーの数。

合計: 割り当て可能な Professional アクセス権の合計数。

アナライザー

消費分: Analyzer アクセス権を持っているユーザーの数。

合計: 割り当て可能な Analyzer アクセス権の合計数。

Analyzer Capacity (分)

参照先:Analyzer Capacity ライセンス

消費分: 経過時間。

合計: 毎月の消費可能な合計時間 (分)。合計時間が経過した場合は超過分が必要になります。

超過分。超過分は、入力した時間までに制限するか、無制限にすることができます。

有効期限 ライセンスの有効期限日付。
クォータ:共有スペース 消費分: 共有スペースの数。

クォータの上限: クォータの上限は、入力した時間を上限として設定するか、無制限にすることができます。

クォータ:管理されているスペース 消費分: 管理スペースの数。

クォータの上限: クォータの上限は、入力した時間を上限として設定するか、無制限にすることができます。

クォータ:インメモリ アプリのサイズ アプリの最大メモリ サイズ。

割り当て済みユーザータブ

[割り当て済みユーザー] には、ユーザーとユーザー割り当てに関する情報が表示されます。割り当てを削除し、Analyzer アクセス権と Professional アクセス権を割り当てるためのボタンもあります。

割り当て済みユーザー タブ
割り当てアイテム 説明
名前 ユーザーの名前。
ユーザー ID ユーザーの一意の ID。
IdP 件名 ID プロバイダー (IdP) でのユーザー識別子。この値は、ユーザーがログインするときに IdP ユーザー データベースから入力されます。
ライセンス ユーザーに割り当てられるユーザー割り当ての種類: Professional、Analyzer、または Analyzer Capacity (Analyzer 時間)。
状態

付与された割り当ての数がライセンスで定義されている数を超えると、一部のユーザーが除外されます。そのユーザーは、ハブや 管理コンソール にアクセスできなくなります。ユーザーの [状態] 列には「除外済み」と表示されます。除外されるのは、直近にアクセス権が割り当てられたユーザーです。それらのユーザーは、割り当て数がライセンスで定義されている数と一致するまで除外済みの状態になります。割り当て可能なアクセス権の数が増えた場合、または管理者が他のユーザーのアクセス権を削除した場合には、除外されたユーザーにアクセス権が再割り当てされます。

ユーザー割り当ての割り当て

テナント管理者は、管理コンソール でユーザー割り当てを割り当てたり削除したりできます。

次の手順を実行します。

  1. 管理コンソール で、[ユーザー割り当て] セクションに移動し、[割り当て済みユーザー] タブを選択します。
  2. [割り当ての追加] をクリックします。
  3. [ユーザーを検索] 項目でユーザーを選択します。
  4. [アクセス タイプ] を選択します。
  5. [追加] をクリックします。
  6. 必要に応じてユーザーを追加し、終了したら [閉じる] をクリックします。
情報メモ動的ライセンス割り当ての有効化 によってユーザー割り当てを自動的に割り当てることができます。

ユーザー割り当ての削除

ユーザー割り当ては、ユーザーのために削除できます。

次の手順を実行します。

  1. 管理コンソール で、[ユーザー割り当て] セクションに移動し、[割り当て済みユーザー] タブを選択します。
  2. リストからユーザーを選択します。

    情報メモ同時に複数のユーザーを選択できます。
  3. [割り当てを削除] をクリックします。
  4. [削除] をクリックして確定します。

ユーザーの割り当ての Analyzer から Professional への変更

Analyzer アクセス権を持っているユーザーに Professional アクセス権を割り当てることができます。

次の手順を実行します。

  1. 管理コンソール で、 [ユーザー割り当て] セクションに移動し、 [割り当て済みユーザー] タブを選択します。
  2. リストからユーザーを選択します。

    情報メモ同時に複数のユーザーを選択できます。
  3. [Professional アクセスの割り当て] をクリックします。
  4. [確認] をクリックして確認します。

動的ライセンス割り当ての有効化

動的ライセンス割り当ては、新規ユーザーにユーザー割り当てを自動的に割り当てることができる 管理コンソール のオプションです。

次の手順を実行します。

  1. 管理コンソール で、[設定] セクションに移動し、[資格] セクションを捜します。
  2. Professional アクセスを自動で割り当てる場合は、 [Professional ユーザーの動的割り当てを有効にする] オプションを切り替えます。
  3. Analyzer アクセスを自動で割り当てる場合は、[Analyzer ユーザーの動的割り当てを有効にする] オプションを切り替えます。
動的ライセンス割り当てのプロパティ
プロパティ 説明
Professional アクセス権の動的割り当てを有効にする

有効にすると、ログインするユーザーには Professional アクセス権が (割り当て可能であれば) 自動的に割り当てられます。

Analyzer アクセス権の動的割り当てを有効にする

有効にすると、Professional アクセス権を割り当てることができない場合、ログインするユーザーには Analyzer アクセス権が (割り当て可能であれば) 自動的に割り当てられます。

次の 4 つのオプションから選択します。

  • Professional と Analyzer の両方のアクセス権で有効な動的割り当て:

    可能な場合は Professional アクセス権が割り当てられ、不可の場合は Analyzer アクセス権が割り当てられます。どちらのアクセス権も割り当て不可の場合は、可能であれば Analyzer Capacity が割り当られます。

  • Professional アクセス権にのみ有効な動的割り当て:

    可能な場合は Professional アクセス権が割り当てられ、不可の場合は、Analyzer Capacity を割り当て可能であれば Analyzer Capacity が割り当てられます。

  • Analyzer アクセス権にのみ有効な動的割り当て:

    可能な場合は Analyzer アクセス権が割り当てられ、不可の場合は、Analyzer Capacity を割り当て可能であれば Analyzer Capacity が割り当てられます。

  • Professional と Analyzer の両方のアクセス権で無効な動的割り当て:

    可能であれば、Analyzer Capacity アクセス権が割り当てられます。

Analyzer アクセス権から Professional アクセス権にアップグレードすることができますが、Professional から Analyzer にダウングレードすることはできません。

新しいライセンス キーに変更すると、すべての割り当てが削除されます。これは、割り当てがテナントではなくライセンスに関連付けられているからです。ただし、古いライセンス キーの使用を再開すれば、割り当てが復元されます。