メイン コンテンツをスキップする

アプリの作成とデータの追加

アプリは、アプリを新規作成するか、既存のアプリを複製するか、またはエクスポートされたアプリをアップロードすることによってクラウドハブに追加できます。

Professional ライセンスを持っているすべてのクラウドハブのメンバーは、クラウドハブでアプリを作成できます。

アプリの新規作成

[新規追加]、[新規分析アプリ] の順にクリックして、アプリを作成できます。新しいアプリの作成時には、アプリの保存先スペースを指定できます。デフォルトでは、アプリは現在のスペースに追加されます。

データからのアプリの作成

[データセット] から新しいアプリを直接作成できます。[ホーム] タブから [自身のデータ] に移動するか、[カタログ] タブから [データ] でフィルタリングします。 この方法で作成されたアプリは、データと同じスペースに追加されます。

  • アプリの作成元の [データセット] で [データセットを開く] を選択します。[詳細] ページが開いたら、タスクバーの [データからアプリを作成] ボタンを選択します。アプリの構成可能な説明項目と共にモーダルが表示されます。アプリの [名前] と [説明](オプション) を入力し、[作成] をクリックします。

アプリ へのデータとコンテンツの追加

新しいアプリを作成したら、データを追加する必要があります。アプリ内のデータの管理についての詳細は、分析データのロードとモデリング を参照してください。

データを追加した後は、シート、ストーリー、ビジュアライゼーションを作成できます。アプリ内のシート、ストーリー、ブックマークは、パブリックにするまではプライベートのままになります。詳しくは「シート、ブックマーク、ストーリーへのアクセス権の付与」を参照してください。

シートとビジュアライゼーションの作成について詳しくは、ビジュアライゼーションの作成および編集