メイン コンテンツをスキップする
部分的なリロード

このページ上

部分的なリロード

フル リロードは、常に既存のデータ モデルのすべてのテーブルを削除することから始まり、次にロード スクリプトを実行します。

部分的なリロードはこれを行いません。代わりに、データ モデル内のすべてのテーブルを保持し、[Add]、[Merge]、または [Replace] プレフィックスが前に付いた [Load] ステートメントと [Select] ステートメントのみを実行します。他のデータ テーブルはコマンドの影響を受けません。引数 only は、ステートメントが部分的なリロード中にのみ実行され、フル リロード中には無視されることを示します。次の表は、部分的および完全なリロードのステートメントの実行の概要です。

 
ステートメント 完全なリロード 部分的なリロード
Load ... ステートメントが実行されます ステートメントが実行されません
Add/Replace/Merge Load ... ステートメントが実行されます ステートメントが実行されます
Add/Replace/Merge Only Load ... ステートメントが実行されません ステートメントが実行されます

部分的なリロードには、完全なリロードと比較していくつかの利点があります。

  • 最近変更されたデータのみをロードする必要があるため、より高速です。データセットが大きい場合、違いは大きくなります。

  • ロードされるデータが少ないため、消費されるメモリも少なくなります。

  • ソース データへのクエリがより高速に実行され、ネットワークの問題のリスクが軽減されるため、信頼性が向上します。

情報メモ部分的なリロードが正しく機能するためには、部分的なリロードがトリガーされる前に、アプリをデータで開く必要があります。

[リロード] ボタンを使用して部分的なリロードを実行します。詳細については、「ボタン」を参照してください。Qlik Engine JSON API を使用することもできます。

スケジュールで部分的なリロードを実行するには、アプリで 詳細 をクリックしてから、[リロードをスケジュール] を選択します。開いたダイアログ ボックスで、[部分的なリロード] をオンにします。

制限

部分的なリロードにより、データから値を削除できます。ただし、これは、内部で維持されるテーブルである個別の値のリストには反映されません。したがって、部分的なリロード後、リストには、最後の完全なリロード以降に項目に存在したすべての個別の値が含まれます。これは、部分的なリロード後に現在存在する値よりも多い場合があります。これは、FieldValueCount() および FieldValue() 関数の出力に影響します。FieldValueCount() は、現在の項目値の数よりも大きい数を返す可能性があります。