メイン コンテンツをスキップする

Add

スクリプト内の任意の LOAD または SELECT ステートメントに Add プレフィックスを追加して、別のテーブルにレコードを追加するように指定できます。また、このステートメントを部分的なリロードで実行する必要があることも指定します。Add プレフィックスは Map ステートメントでも使用できます。

[リロード] ボタンを使用して部分的なリロードを実行します。詳細については、「ボタン」を参照してください。Qlik Engine JSON API を使用することもできます。

スケジュールで部分的なリロードを実行するには、アプリで More をクリックしてから、[リロードをスケジュール] を選択します。開いたダイアログ ボックスで、[部分的なリロード] をオンにします。

Syntax:  

Add [only] [Concatenate[(tablename)]] (loadstatement | selectstatement)


Add [only] mapstatement

 

通常の (部分的ではない) リロード中、Add LOAD 構造は通常の LOAD ステートメントとして機能します。レコードが生成され、テーブルに保存されます。

Concatenate プレフィックスが使用されている場合、または同じ項目のセットを持つテーブルが存在する場合、レコードは関連する既存のテーブルに追加されます。それ以外の場合、Add LOAD 構造は新しいテーブルを作成します。

部分的なリロードでも同じことができます。唯一の違いは、Add LOAD 構造が新しいテーブルを作成しないことです。レコードを追加する必要がある前のスクリプト実行からの関連テーブルが常に存在します。

その際、重複チェックは行われないため、Add プレフィックスを使用するステートメントには、多くの場合、重複を防ぐ distinct 修飾子または where 節を記述します。

Add Map...Using ステートメントでは、パーシャル スクリプトの実行中もマッピングが発生します。

Arguments:  

引数
引数 説明
only ステートメントが部分的なリロード中にのみ実行される必要があることを示すオプションの修飾子。通常の (部分的ではない) リロード中は無視する必要があります。