メイン コンテンツをスキップする

ロード スクリプトの保存

データ ロード エディター または スクリプト エディターロード スクリプトを保存すると、全体のアプリまたはスクリプトが保存されますが、データは自動的にリロードされません。

ロード スクリプトが保存されても、アプリまたはスクリプトにはまだ前のリロードによる古いデータが残っており、ツール バーにその旨が示されます。アプリまたはスクリプトを更新する場合:

  • データ ロード エディターで、データのロード [データのロード] をクリックしてアプリ データを完全にロードするか、 [データのプレビュー] をクリックして限られた数の行をロードします。

  • スクリプト エディター で、スクリプト エディター [データのプレビュー] をクリックして行数を制限してロード スクリプトをロードするか、 データのロード [データのエクスポート] をクリックしてロード スクリプトを完全に実行します。

スクリプトは、データのロード、プレビュー、またはエクスポート時に自動的に保存されます。

データ ロード エディター および スクリプト エディター は、ロード スクリプトに変更を加えると、その変更結果を自動的に保存します。CTRL+S を押して強制的に保存できます。

情報メモロード スクリプトは Qlik Sense Desktop に自動的に保存されません。手動でスクリプトを保存する必要があります。

スクリプトを保存する際、構文エラーが自動的にチェックされます。構文エラーはコード内でハイライトされ、構文エラーを含むすべてのスクリプト セクションのセクション ラベルの隣に 警告 が表示されます。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。