メイン コンテンツをスキップする
ビジュアライゼーションの作成および編集

このページ上

関連する学習

ビジュアライゼーションの作成および編集

ビジュアライゼーションは、事前定義のチャート、項目、またはカスタム オブジェクトから作成します。ビジュアライゼーションは、シートに追加した後、編集したり、改良したりすることができます。

ビジュアライゼーション デザインは、項目内のデータと、メジャーおよび軸を介して関連性や相関性を調査するための無限の可能性によって導き出されます。

ここから開始: ビジュアライゼーションの作成

Insight Advisor はビジュアライゼーションの作成を支援します。Insight Advisor を使用すると、次のことができます

Insight Advisor を使用したビジュアライゼーションの作成の詳細については、Insight Advisor でのビジュアライゼーションの作成 を参照してください。

また、Insight Advisor は独自のビジュアライゼーションを作成する際に、関心のある分野に応じた提案もできます。詳細については、「Insight Advisor 推奨チャートを使用したビジュアライゼーションの作成」を参照してください。

ビジュアライゼーションを作成した後、ビジュアライゼーションによるユーザーへの情報の伝え方を改善する調整を行いたい場合があります。例えば、使用されるデータを変更したり、ビジュアライゼーションの外観を調整したりできます。軸またはメジャーを追加して情報の奥行きを深めたり、一部のデータを取り除いてわかりやすくする必要があります。ビジュアライゼーションの編集についてはこちらをご覧ください。 ビジュアライゼーションの編集

データの発見に携るアプリおよびデータの発見を促すアプリを作成するには、デザインの原則を守って情報をクリアに伝えることが重要です。ビジュアライゼーションをデザインするためのベストプラクティスをレビューすることで、すべてのスキルレベルの人が恩恵を受けることができます。「ビジュアライゼーション設計のベスト プラクティス」を参照してください。

参照先