メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

ボタンの作成

ボタンを使用すると次を実行できます。

  • アプリでの選択とナビゲーションを容易にするクイック リンクの追加

  • データのリロード

情報メモ

ボタンは、高度な編集モードでのみ追加できます。

編集中のシートにボタンを作成できます。これは、選択を行ってから別のシートに移動するボタンを作成する方法を示しています。アクションを実行するボタン、またはナビゲートするボタンを作成することもできます。

  1. [詳細オプション] をクリックします。
  2. [チャート] の下の [アセット] パネルで、Button オブジェクトをシートにドラッグします。
  3. プロパティパネルの ActionsAdd actionをクリックします。
  4. 使用するアクションを選択します。

    一部のアクションでは、アクションの詳細を提供する必要があります。たとえば、[Select values in a field (項目で値を選択) ] のアクションの場合、項目および項目で選択する値を選択します。

  5. [Navigation (ナビゲーション) ] で使用するナビゲーションオプションを選択します。別のシート、ストーリーまたは Web サイトにナビゲートできます。
  6. プロパティパネルのGeneralの下のLabelにボタンのラベルを設定します。

これで、データを選択し、選択したアプリ内の場所にナビゲートするボタンが表示されます。

アクションを設定します

ボタンがクリックされたときに実行される1つ以上のアクションを追加できます。一部のアクションでは、アクションの詳細を提供する必要があります。

アクションは、Actionsにリストされている順序で実行されます。アクションをドラッグして順序を変更できます。

ヒント メモボタンでナビゲーションを実行するだけの場合、アクションを追加する必要はありません。

関連動画コンテンツ

ボタン アクションの構成は、シート アクションの設定と似ています。主な違いは次のとおりです。

  • シートがフォーカスされているオブジェクトの場合、シート アクションはプロパティ パネルの [アクション] で構成されます。

  • ボタン アクションは、ボタンが選択されたときにプロパティ パネルの [アクションとナビゲーション] で構成されます。

  • ボタンとシートでは、使用できるアクションが一部異なります。

シート アクションの構成を説明する動画コンテンツについては、「シートへのアクションの追加」を参照してください。

ブックマークを適用

選択したブックマークで定義されている選択を適用できます。

選択をすべてクリアする

アプリのすべての状態ですべての選択をクリアできます。オプションで、ロックされた選択を上書きできます。

他の項目の選択をクリア

指定したものを除くすべての項目から選択をクリアできます。オプションで、ロックされた選択を上書きできます。

指定した項目で何も選択されていない場合は、この項目のすべての値が選択されます。

選択で前に進む

選択履歴を1ステップ進めることができます。

選択で後ろに進む

選択履歴を1ステップ戻すことができます。

項目の選択をクリア

指定した項目からすべての選択をクリアできます。

すべての選択をロック

アプリ内のすべての選択をロックできます。

特定の項目をロック

指定した項目で選択をロックできます。

すべての選択をロック解除

アプリ内のすべての選択をロック解除できます。

特定の項目をロック解除

指定した項目で選択をロック解除できます。

項目のすべての値を選択

指定した項目で全ての値を選択できます。オプションで、ロックされた選択を上書きできます。

項目の値を選択

指定した項目で値のリストを選択できます。選択する値をセミコロンで区切ります。オプションで、ロックされた選択を上書きできます。

情報メモ項目は、日付、日付と時刻、または通貨データ型では使用できません。
情報メモこのボタン アクションでは、テキストとして保存または分類されている数値は選択されません。この目的のためには、代わりに [検索条件に一致する値を選択] アクションを使用してください。

検索条件に一致する値を選択

指定した検索条件からの検索結果に一致する値すべてを選択できます。検索条件は、文字列として指定する必要があります。オプションで、ロックされた選択を上書きできます。

  • 数式を使用する場合は、数式を一重引用符で囲む必要があります。例: [='=Sum([Sales Amount]) > 200000']
  • 文字列の一部を検索する場合は、ワイルド カード (*, ?,^) を使用する必要があります。ワイルド カードを使用しない場合は、完全に一致する文字列のみが選択されます。

代替値を選択

指定した項目で、すべての代替値を選択します。オプションで、ロックされた選択を上書きできます。

除外値を選択

指定した項目で、除外されている値をすべて選択します。オプションで、ロックされた選択を上書きできます。

項目で可能な値を選択

指定した項目で、すべての可能な値を選択します。オプションで、ロックされた選択を上書きできます。

項目選択の切り替え

現在の選択と、検索文字列で定義された選択を追加する選択とを切り替えるようにボタンを設定できます。検索文字列内のワイルドカードを使用することができます。値のリストを定義する場合は、形式(A|B)を使用する必要があります。AとBは選択する値です。

変数値の設定

変数に値を割り当てることができます。

データのリロード

ロード スクリプトを実行して、データをリロードできます。

[部分的なリロード] を選択することもできます。詳しくは「部分的なリロード」を参照してください。

ダイナミック ビューを更新

現在の選択条件に基づいて、シート上のすべての動的オブジェクトの表示を更新します。

自動化を実行

シートから Qlik アプリケーションの自動化 で作成された自動化を実行できます。自動化のアプリ内の選択を含めることができます。また、どのユーザーでもボタンを使用できるか、自動化にアクセスできるユーザーのみ使用できるかを設定できます。自動化の詳細については、「Qlik アプリケーションの自動化」を参照してください。

警告メモ[自動化の実行] で [実行モード: トリガー済み] を使用する場合、シートとボタンへのアクセス権がある全員がボタンを使って自動化を実行できます。ボタンがクリックされると、ブラウザの開発者コンソールにあるブラウザのネットワーク トラフィックに、自動化の実行トークンが表示されます。このトークンはその自動化を実行するためにのみ使用でき、他の自動化や他の API には使用できません。ユーザーはこのトークンを使って、ボタンで作成したものとは異なるペイロードで自動化を実行できます。
警告メモ[自動化の実行] は、ボタンをクリックするユーザーの資格情報以外の、自動化の所有者の資格情報を使って実行されます。セクション アクセスを使っているアプリの場合、ボタンをクリックしたユーザーがセクションアクセス ルールでアクセスできないデータを公開する可能性があります。

[アクティブ インテリジェンス チュートリアル (英語のみ)] を使用して、ボタンを自動化に接続する方法を学びます。

自動化の実行 の制限

自動化の実行 には、次のような制限があります。

  • [自動化] の下には、選択肢として最大 100 件の自動化を表示できます。100 件以上の自動化にアクセスしても、目的の自動化が見つからない場合は、自動化 ID を使用することができます。自動化 ID は、 URL の /edit または /history の前、/editor/ の後のセグメントです。

    例えば、qlik.com/automations/editor/6c201b49-cz2e-00dc-8040-464ca41457b0/edit?resourceName=Active%20Intelligence では、自動化 ID が 6c201b49-cz2e-00dc-8040-464ca41457b0 となっています。

  • [自動化の実行] を使用したボタンは、Qlik Sense Mobile でサポートされていません。

  • [自動化の実行] を使用して Qlik レポート ブロックを含む自動化を実行した場合、選択項目が自動化のレポートに渡されません。セッション状態 Qlik アプリケーションの自動化 は、Qlik レポート サービス に渡されるレポート構成の定義に転送できません。その結果、レポート構成とデータは選択項目を反映しません。

    警告メモセクション アクセスを使用するアプリの場合、自動化されたレポートは、レポートをトリガーするユーザーではなく、自動化所有者の資格情報を使用して実行されます。これにより、アプリ セクション アクセス ルールではユーザーにアクセス権がないデータが公開される可能性があります。
  • [自動化の実行] は、埋め込まれたボタンについてサポートされていません。

  • ボタンによってトリガーされた自動化の実行に 10 分以上かかる場合、自動化が終了しても通知は送信されません。

ナビゲーション

ボタンをクリックすると、別のシート、ストーリー、または Web サイトにナビゲートすることを選択できます。単純なナビゲーションボタンを作成する場合、アクションを指定する必要はありません。ボタンは、一度に 1 つのナビゲーション オプションしか持つことができません。

情報メモストーリーでは、ナビゲーションに対応していません。

次のシートの表示

次のシートに順番に移動します。

前のシートの表示

前のシートに順番に移動します。

最後のシートの表示

最後のシートに移動します。

最初のシートの表示

最初のシートに移動します。

シートの表示

特定のシートに移動し、必要に応じてシート上の特定のチャートを強調表示します。

[シート]で、目的のシートの名前を入力するか、一覧から選択します。[チャート ID] で、チャートのオブジェクト ID を入力するか、リストから目的のチャートを選択します。

ヒント メモ

オブジェクト ID は、次のいずれかの方法で取得できます。

  • URL に /options/developer を追加します。次に、チャートを右クリックし、 開発者オプションのアイコン [開発者] をクリックします。

  • 特定のチャートの種類では、ObjectId チャート関数を使用できます。たとえば、任意のメジャーとともに =ObjectId() を軸として追加します。チャート ID が表示されるので、後で参照できるように書き留めます。詳細については、「ObjectId - チャート関数」を参照してください。

シート ID で定義されたシートの表示

特定のシートに移動します。目的のシートのシート ID を入力します。 シートを開いた状態のブラウザのURLでシートのIDを見つけることができます。シート ID は、/sheet/ の後に / が続きます。

シートの URL

qlik.com/sense/app/8f8ffa0e-3fde-48a5-a127-59645923a1fc/sheet/7300b241-f221-43db-bb8b-8c8cc1887531/state/analysis

この例では、シートの ID は 7300b241-f221-43db-bb8b-8c8cc1887531 です。

ストーリーの表示

特定のストーリーに移動します。目的のストーリーの名前を入力するか、一覧から選択します。

ウェブサイトまたはメールを開く

指定されたウェブサイトまたはメールクライアントを開きます。URL を入力して 移動します。必要に応じて、[同じウィンドウで開く]を選択し、ウェブサイトまたはメールクライアントを同じウィンドウで開きます。

On-demand アプリを生成する

現在の選択条件に基づいてオンデマンド アプリを作成します。オンデマンド アプリのナビゲーション リンクを選択する必要があります (On-demand アプリの構築 を参照)。アプリの作成時に、アプリのステータスが表示されます。

アプリケーションのチェーン

現在の選択を適用した状態で別の既存のアプリを開くことができます。アプリ ID で開くアプリを指定します。オプションとして、シート ID でシートを指定し、新しいアプリを同じウィンドウ内に開くかどうかを指定することができます。

情報メモアプリケーションは、必ず Qlik Sense Mobile SaaS の同じウィンドウで開きます。

ボタンのスタイリング

[詳細オプション] をオンにすると、プロパティ パネルの [外観] に多数のスタイル指定オプションが表示されます。

チャートのスタイル指定をさらにカスタマイズするには、[外観] > [プレゼンテーション] で [スタイル指定] をクリックします。スタイル指定パネルの [一般] および [チャート] タブには、さまざまなセクションが表示されています。

各セクションの横にある をクリックすると、スタイルをリセットできます。[すべてリセット] をクリックすると、 [一般] および [チャート] の両方のスタイルをリセットします。

個々のビジュアライゼーションのスタイル指定に関する一般的な情報については、「 ビジュアライゼーションへのカスタム スタイル指定の適用」を参照してください。

アイコンの追加

[スタイル] > [アイコン] でボタンにアイコンを追加できます。事前設定された多数のオプションから選択します。

テキストのカスタマイズ

[スタイル] > [基本設定] で、タイトル、サブタイトル、脚注のテキストを設定できます。これらの要素を非表示にするには、[タイトルの表示] 設定をオフにします。

さらに、ボタンのラベルのテキストを設定できます。

チャートに表示されるテキストのスタイルを指定できます。

  1. [スタイル] > [プレゼンテーション] で、[スタイル指定] をクリックします。

  2. [基本設定] タブで、次のテキスト要素のフォント、強調スタイル、フォント サイズ、色を設定します。

    • タイトル

    • サブタイトル

    • 脚注

  3. [チャート] タブで、ボタン ラベルのテキスト プロパティを設定します。フォント、強調スタイル、テキスト配置、フォント サイズ、色を設定します。

    [レイアウト動作] では、このラベルに対して多数のテキスト レイアウト オプションから選択できます。 オプションは次のとおりです。

    • 応答性が高い: ボタンのサイズやテキストの長さに応じてテキスト サイズの調整を適用しながら、ラベルのフォント サイズを調整できます。調整は、すべてのテキスト コンテンツがボタンに収まるように行われます。

    • 流動: 追加のテキスト サイズ調整をボタン サイズのみに基づいて適用し、ラベルのフォント サイズを調整できます。このテキストの再スケールは、テキストの長さに関係ありません。テキストが長すぎる場合、最後に省略記号が挿入されます。

    • 固定: ラベルのフォント サイズはピクセル単位で調整できます。テキストが長すぎる場合、最後に省略記号が挿入されます。

背景のカスタマイズ

ボタン自体の背景だけでなく、一般的な背景もカスタマイズできます。それぞれの背景は、色と画像で設定できます。背景オプションは、プロパティ パネルの [スタイル] > [プレゼンテーション] を展開してから、 [スタイル指定] をクリックすることで構成できます。

一般的な背景の設定

ボタンの一般的な背景には、タイトル エリアと、ボタン自体で部分的に覆われているチャートそのものが含まれます。

  1. [詳細オプション] をクリックします。

  2. プロパティ パネルで、 [スタイル] セクションを展開します。

  3. [スタイル] > [プレゼンテーション] で、[スタイル指定] をクリックします。

  4. スタイル指定パネルの [基本設定] タブでは、背景色 (単一色または数式) を選択でき、メディア ライブラリの画像を背景に設定することもできます。

    背景色を使用する場合は、スライダーを使用して背景の不透明度を調整します。

    背景画像を使用する際、画像のサイズや位置を調整できます。

ボタンの背景の設定

ボタンの背景には、ユーザーがクリックしてアクションを実行できる部分が含まれます。

  1. [詳細オプション] をクリックします。

  2. プロパティ パネルで、 [スタイル] セクションを展開します。

  3. [スタイル] > [プレゼンテーション] で、[スタイル指定] をクリックします。

  4. スタイル指定パネルの [チャート] タブでは、背景色 (単一色または数式) を選択でき、メディア ライブラリの画像を背景に設定することもできます。

    背景画像を使用する際、画像のサイズや位置を調整できます。

ボタンのインタラクティブ部分の境界線を調整する

ユーザーが意図したアクションを実行できるように、操作するボタン部分の境界線を調整できます。

  1. [外観] > [プレゼンテーション] で、[スタイル指定] をクリックします。

  2. [チャート] タブの、[境界線] で、境界線をオンにしてボタンに表示します。

  3. コーナーの半径と幅を調整します。

  4. 境界線の色を単色またはカラー表現で設定します。

オブジェクト全体の境界線と影のカスタマイズ

ボタンが配置されているオブジェクト全体の境界線と影をカスタマイズできます。クリック可能なボタン自体の境界線も調整できます。

  1. [詳細オプション] をクリックします。

  2. プロパティ パネルで、 [スタイル] セクションを展開します。

  3. [外観] > [プレゼンテーション] で、[スタイル指定] をクリックします。

  4. スタイル パネルの [一般] タブの [境界線] で、 [枠線] のサイズを調整してチャートの周囲の境界線を増減します。

  5. 境界線の色を選択します。

  6. [角の半径] を調整して、境界線の丸みを制御します。

  7. [一般] タブの [] で、影のサイズと色を選択します。 影を消す場合は、 [None] (なし) を選択します。

ボタンの無効化と有効化

[チャートの有効化] でチャートを有効にする演算実行条件を設定できます。条件が0と評価されると、ボタンは無効になります。

Dashboard bundle で [Button for navigation] から変換

既存の [Button for navigation] コントロールをボタンに変換できます。変換する際には、いくつかの制限があります。

  • ナビゲーション オプションによる編集モードへの切り替え ([Switch to edit mode]) はサポートされていません。
  • アクションによる値の選択とその後の項目の固定 ([Select a value and lock field]) はサポートされていません。[項目で値を選択する] と [特定の項目を固定する] の連続した 2 つのアクションに変換されます。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。