メイン コンテンツをスキップする

Insight Advisor でのビジュアライゼーションの作成

データを参照し、Insight Advisor 分析タイプ および Insight Advisor 検索を使ってビジュアライゼーションを作成します。Insight Advisor では、Qlik cognitive engine とお使いのアプリの論理モデルを使ってビジュアライゼーションを作成します。シートで Insight Advisor をクリックして、Insight Advisor 検索および Insight Advisor 分析タイプ を開きます。

Insight Advisor 分析タイプ

分析、時間の経過による傾向、相互情報など、確認する分析のタイプを選択します。次に、分析で使用するデータを選択します。Insight Advisor は、選択内容に基づいてチャートを生成します。確認したい内容や使用するデータ ソースがわかっているものの、自分で分析を構築する方法がわからない場合、Insight Advisor 分析タイプ はチャートをもっとも速く作成できる方法です。

分析タイプの選択による分析の作成

移動 Insight Advisor

Insight Advisor 検索

自然言語で質問とステートメントを入力します。次に、Insight Advisor では Qlik cognitive engine を使用して入力された質問を解釈し、質問に回答するためにデータ モデルからビジュアライゼーションを作成します。Insight Advisor 検索は、回答が必要な特定の質問がある場合に、一番速くチャートを作成できる方法です。

また、アセット パネルから項目とマスター アイテムを選択することもできます。Insight Advisor は、選択内容に基づいて結果を生成します。

検索を使った分析の作成

アセットの選択による分析の作成

移動 Insight Advisor

また、Insight Advisor チャットを使用してクラウド ハブの Insight Advisor にアクセスすることもできます。詳しくは「会話分析でのアプリの探索」を参照してください。

Insight Advisor と論理モデル

Insight Advisor は、Qlik cognitive engine とデータの論理モデルを使ってビジュアライゼーションを作成します。論理モデルでは、データ モデルの項目を軸または測定値、項目間の関係性に使用する必要があるかを定義します。既定では、Insight Advisor は ユーザーの相互作用 から学習することによって論理モデルを構築します。チャートをシートに追加したり、チャートを編集したりすると、Insight Advisor はこれらの設定を学習します。

アプリ用に独自のカスタム論理モデルを作成することもできます。 ビジネス ロジックを使用すると、論理モデルでデータの関係と使用法を定義できます。ビジネス ロジックがオンになっている場合、参照元機械学習は利用できません。カレンダー期間を定義し、それらを既定の期間として設定すると、期間分析および期間パフォーマンス分析タイプを利用できます。詳細については、「Insight Advisor の論理モデルのカスタマイズ」を参照してください。

Insight Advisor 分析タイプInsight Advisor 検索を使ってビジュアライゼーションを作成する

以下のInsight Advisor3 つの方法でチャートを生成できます:

  • 表示する分析のタイプと、分析で使用する必要のある項目またはマスター アイテムを選択します。次に、Insight Advisor 分析タイプ により、一致する分析が生成されます。

  • Insight Advisor に質問し、Insight Advisor 検索で自然言語分析を使用してチャートを生成します。

  • 項目またはマスター アイテムを選択し、Insight Advisor 検索でデータの自動分析を通じてチャートを生成します。

Insight Advisor で使用可能なデータ アセットは、アプリでビジネス ロジックを使って論理モデルやスペースの権限を定義するかどうかによって異なります。Can view 権限がある場合、アプリがビジネス ロジックを使って論理モデルを定義しない限り、マスター アイテムのみ確認できます。

分析タイプの選択による分析の作成

分析タイプを選択し、項目を追加して Insight Advisor 分析タイプ を使用して分析を作成します。これは、表示する分析と使用するデータがわかっている場合にビジュアライゼーションを作成する最速の方法ですが、分析を自分で作成する最速の方法ではありません。

スタート ページで[分析の作成]Insight Advisorクリックします。[分析オプション] では、利用可能なすべての分析タイプが、その使用の説明とともに表示されます。

分析オプション

Insight Advisor の [分析タイプ] には、分析オプションで使用可能な分析タイプが表示されます。

分析タイプを選択した後、分析で使用する項目またはマスタ項目を選択します。Insight Advisor は、各パラメータに使用するアセットの提案を提供します。ドロップダウンから新しい分析タイプを選択するか、[すべての分析を表示] をクリックして分析オプションを表示することにより、分析タイプを変更できます。[分析をリセットする] をクリックして、選択をクリアできます。

分析の構築

詳細な分析タイプを使って分析を構築します。
  1. シートで Insight Advisor をクリックします。

  2. [分析を作成] をクリックします。

  3. [分析オプション] で、分析の種類を選択します。

  4. 分析の種類に必要な項目またはマスター アイテムを追加します。

    必須項目を追加すると、Insight Advisor がチャートを生成します。

検索を使った分析の作成

Insight Advisor 検索の自然言語の質問をすると、項目名、項目値、マスター アイテムを使用して関連するチャートが生成されます。次の方法で Insight Advisor をクエリできます。

  • What are the top products for sales (売上高のトップ製品は何ですか) または Show me Product by Revenue in Sweden (スウェーデンの収益別の製品を表示) など、自然言語の質問またはステートメントを入力します。自然言語の質問は、項目またはマスター アイテムを直接参照する場合に最も効果的です。

    検索で自然言語を使用するためのガイドラインについては、Insight Advisor での自然言語の使用 を参照してください。

  • Insight Advisor 検索 での言語サポートについては、対応言語 を参照してください。

  • 質問の例から質問を選択してください。アプリの作成者は、分析のガイドとして Insight Advisor に質問の例を追加できます。使用可能な場合は、検索ボックスを選択すると質問の例が表示されます。質問の例の詳細については、Insight Advisor への質問の例の追加 を参照してください。

  • ブラウザの音声からテキストへの機能が Insight Advisor でサポートされている場合は、マイク アイコンをクリックして、Insight Advisor にクエリを実行します。

    情報メモ

    自然言語クエリに音声入力を使用する場合、Insight Advisor 言語はデータで使用される言語と一致する必要があります。

アプリがロード スクリプト、論理モデル、または自動カレンダーで期間を定義している場合は、Insight Advisor に期間の比較を質問できます。比較で月、四半期、年について質問することができます。比較の質問をするには、質問でvsoveragainst、またはcompare toを使用します。例:

  • 2021 年の売上対 2022 年の売上

  • 2022 年の売上以上の 2021 年の売上

  • 2022 年の売上に対する 2021 年の売上

  • 2021 年の売上と 2022 年の売上を比較

  • 2022 年の売上と比較した 2021 年の売上

Insight Advisor は指定した項目または用語を使用します。生成されたビジュアライゼーションで追加の項目を使用する場合があります。Insight Advisor は、チャートを非表示にしたり、項目を軸またはメジャーとして設定したり、項目を分析から除外したりするために、指定した前例を使用します。

自然言語クエリの場合、Insight Advisor は一致する Insight チャートの結果を見つけようとします。見つかった場合は、関連する結果も表示されます。情報 をクリックすると、Insight Advisor が検索クエリからどのように結果を生成したかを表示できます。一致する結果がある場合、Insight Advisor はクエリに関連する追加のストーリーの洞察を提供する場合があります。 ストーリーの洞察を表示するには、[追加の洞察を表示]をクリックします

結果とストーリーの洞察の一致

クエリ [sum(Sales) による顧客] の一致する結果棒グラフで、[検出された洞察] セクションに 3 つのストーリーの洞察が含まれています。
  • シートで、Ask Insight Advisor 検索バーに質問またはステートメントを入力し、質問を送信 をクリックします。

    または、Insight Advisor をクリックし、Insight Advisor 検索バーにクエリーを入力して、質問を送信 をクリックします。

アセットの選択による分析の作成

チャートで使用する項目とマスター アイテムを選択し、Insight Advisor 検索にチャートを自動生成させます。アセット パネルから使用するアセットを選択します。Insight Advisor 検索バーにアセット名を入力することもできます。次に、Insight Advisor は選択した項目を使用してチャートを生成します。生成されたビジュアライゼーションで追加の項目を使用する場合があります。

Insight Advisor は、チャートを非表示にしたり、項目を軸またはメジャーとして設定したり、項目を分析から除外したりするために、指定した前例を使用します。

選択によって生成された Insight Advisor 分析

顧客および売上を選択して作成された分析。
  1. シートで Insight Advisor をクリックします。

  2. アセット パネルで、分析を作成するための項目とマスター アイテムを選択します。

    または、検索バーに項目名またはマスター アイテム名を入力します。

    アセットを選択すると、Insight Advisor はビジュアライゼーションを生成します。

音声入力データ転送に関する考慮事項

多くのインターネット ブラウザでは、Insight Advisor の音声入力の検索機能は、音声入力データの外部処理に [ウェブ スピーチ API] を使用します。これは、Insight Advisor 検索Insight Advisor Chat の両方で使用されます。ユーザーのインターネット ブラウザは、ブラウザ API によって録音された音声を音声文字変換のために外部ソースに送信する場合があります。音声処理は、ユーザーのウェブ ブラウザによって選択されたウェブ サービスによって処理されます。その結果、キャプチャされた情報がサード パーティのサーバーに送信される可能性があります。したがって、データがユーザーの Qlik のリージョン内にとどまることが保証されるわけではありません。Qlik は、このサード パーティによるデータ処理について責任を負いません。

ユーザーがこの情報フローを関連するサード パーティのブラウザーに制限したい場合 (音声入力機能をオフにする)、これは、選択したブラウザー内の設定やその他のセキュリティ構成など、特定の制御によって実現される場合があります。

Insight Advisor 分析の使用

分析チャートを選択するか 展開 をクリックすると、Insight Advisor 分析を展開できます。その後、分析で選択できるようになります。

選択に関して、以下の点に注意してください:

  • 選択はすべての分析に適用されます。

  • Insight Advisor を開くと、シートからチャートで選択した内容が保持されます。

  • 選択は、Insight Advisor によって作成されたチャートには影響しません。

分析が新しい場合は、それをシートに追加できます。チャートがシートに存在する場合、チャートの下部にあるシート名をクリックすると、そのシートに移動できます。

「前の期間 対 現在の期間」のダッシュボードなどの一部の分析タイプは、1 つのチャートではなく、複数の関連するビジュアライゼーションを提供します。これらは、分析に含まれるビジュアライゼーションの種類のプレビューを示しています。[分析を開く] をクリックして、データを含む分析を表示します。

前の期間 対 現在の期間のダッシュボード分析

表示 をクリックすると、追加のオプションを表示できます。オプションは次のとおりです。

  • 全画面表示: チャートを展開して選択します。
  • 分析プロパティ―の編集: 軸、メジャー、チャートの種類を変更するには、チャートのプロパティを編集します。

    Insight Advisor 分析プロパティを編集します

  • シートに追加...: チャートを新規または既存のシートに追加します。
  • 新しいシートに追加:  新しいシートにチャートを追加します (期間変更、期間変更 (詳細)、前の期間 対 現在の期間、前の期間 対 現在の期間 (選択済み) 分析タイプのみ)。
  • ハブで監視: チャートをクラウド ハブに追加します。

    ビジュアライゼーションの監視

  • ダウンロード: チャートを画像または PDF としてダウンロードします。

    アプリのコンテンツのダウンロード

  • 非表示:  Insight Advisor に再度使用させたくないチャートを非表示にします。現在の検索クエリで非表示になっているチャートは、[基本プロパティ] で表示できます。

    情報メモ

    非表示は、ビジネス ロジックを使用するアプリでは利用できません。

LikeWをクリックすると、自然言語のクエリ分析を高評価できます。高評価することで、Qlik Sense の自然言語の応答を時間の経過とともに改善できます。

Insight Advisor 分析プロパティを編集します

チャートを選択して [ 編集] をクリックすると、Insight Advisor 分析を編集できます。[分析プロパティ] では、次のプロパティを使用できます。

  • チャートの種類: 別のチャートの種類を選択してください。さまざまな分析で利用できる代替チャートの種類の概要については、「 Insight Advisor 分析タイプ」を参照してください。
  • 好調なトレンド: (リスク分析のみ) ランキングの好ましい傾向の増減を示します。

  • と メジャー:またはメジャーとして使用される項目を変更します。メジャーの集計を変更できます。メジャーまたは軸をドラッグして並べ替えることができます。

    Insight Advisor 分析からの軸とメジャーをマスター アイテムに追加できます。軸またはメジャーをクリックして、[新規追加] をクリックします。

    特定の項目値など、自然言語クエリでフィルターを指定した場合は、それらを変更することもできます。

  • 詳細: チャートが生成された理由と、前例 Insight Advisor がチャートから学習した理由に関する情報を表示します。詳細をクリックして選択し、変更または拒否します。項目を軸またはメジャーとして設定したり、将来の分析から項目を除外したりできます。[このデータの組み合わせのチャートを提案] を選択し、[このチャートを非表示] をクリックすると、将来の分析からチャートを非表示にできます。

  • 分析期間: ビジネス ロジックのカレンダー期間からどの期間をチャートに適用するかを変更します。期間 1 または期間 2 から新しい値を選択することにより、分析期間を調整できます。

    ランク タイプ チャートの分析期間を選択すると、期間と期間のパフォーマンス分析タイプを表示できます。

    情報メモ

    [分析期間] は、ビジネス ロジックがオンになっていて、アプリのカレンダー期間が作成されている場合にのみ利用できます。 ビジネス ロジックがない場合、アプリにロード スクリプトの autoCalendar 派生のデータ/時間項目があると、[分析期間] を利用できます。

カレンダー期間 Insight Advisor 分析の編集

既定のカレンダー期間がグループに割り当てられている場合、追加の期間分析タイプを Insight Advisor 分析に利用できます。既定値のカレンダー期間は、ビジネスロジックで作成されます。これらには、他のチャートとは異なるプロパティがあります。以下のタイプを利用できます。

  • 期間変更: 選択した分析期間の現在または最新の期間からのメジャーの変更を表示します。

  • 期間変更 (詳細): 現在の期間から前の期間へのメジャーの変更を比較します。変化は、予測された目標値を使用して測定されます。目標を達成する、ほぼ目標を達成する、目標を達成できない割合を定義します。

  • 前の期間 対 現在の期間: 現在の期間と前の期間のメジャーの変更を比較します。

  • 前の期間 対 現在の期間 (詳細):  期間間の時間の経過に伴うメジャーの変化を比較します。これには、前の期間 対 現在の期間で軸の値を調査するためのフィルター パネルが含まれています。

これらの分析タイプには固有のプロパティがあります。[期間変更] と [前の期間 対 現在の期間 (詳細)] には、次のプロパティがあります。

  • 除外済み: 軸を選択して、期間変更を表示するためにメジャーで使用します。

  • メジャー: 期間変更を確認するメジャーを選択します。

  • 分析期間: 分析期間を選択します。期間 1 または期間 2 から新しい値を選択することにより、分析期間を調整できます。

[前の期間 対 現在の期間] には、次のプロパティがあります。

  • メジャー: 期間変更を確認するメジャーを選択します。

  • 分析期間: 分析期間を選択します。期間 1 または期間 2 から新しい値を選択することにより、分析期間を調整できます。

[前の期間 対 現在の期間 (詳細)] には、次のプロパティがあります。

  • パラメータ: 予想される変更マージンと予想される変更率を制限するパーセンテージの制限を設定します。

  • 好調なトレンド: メジャーの好ましい傾向が増加するか減少するかを示します。

  • 除外済み: 軸を選択して、メジャーによる詳細な期間変更を表示します。

  • メジャー: 期間変更を確認するメジャーを選択します。

  • 分析期間: 分析期間を選択します。期間 1 または期間 2 から新しい値を選択することにより、分析期間を調整できます。

Insight Advisor は、チャートをシートに追加するか、チャートの編集後に [学習] をクリックすると、そのチャートの設定から学習します。ユーザーが設定した先例は、そのユーザーの Insight Advisor のインスタンスにのみ適用されます。

基本プロパティでの管理

[基本プロパティ] では、非表示のチャートや学習したチャート、およびチャートを生成するために設定した参照元を表示および編集できます。

情報メモ

ビジネス ロジックがオンになっている場合、[基本プロパティ] は利用できません。

次のプロパティを利用できます。

  • [非表示の推奨事項] には、検索したときに非表示になっていたチャートが含まれます。このチャートを今後表示する をクリックすると、検索にチャートを再表示できます。
  • [学習された推奨事項] には、編集後に [学習] を選択したチャートが含まれています。学習されたチャートを削除するには、削除 をクリックします。
  • [定義された設定] には、Insight Advisor が学習したすべての設定が表示されます。設定を削除するには、削除 をクリックします。

[すべてクリア] をクリックすると、非表示のチャート、学習されたチャート、および設定をすべてクリアできます。

対応言語

Insight AdvisorQlik Cloud がサポートするすべての言語でサポートされていますが、Insight Advisor 検索 の一部の機能は特定の言語に限定されています。Insight Advisor 検索 は、自然言語クエリとストーリーの洞察用に次の言語をサポートしています。

Insight Advisor 検索 でサポートされている言語
言語 自然言語クエリをサポート ストーリーの洞察をサポート
英語 はい はい
ドイツ語

はい

はい

スペイン語

はい

はい

フランス語

はい

はい

イタリア語

はい

はい

オランダ語

はい

はい

ポーランド語

はい

はい

ポルトガル語

はい

はい

ロシア語

はい

いいえ
スウェーデン語

はい

はい

Insight Advisor 検索 には、次の言語関連の制限があります。

  • フィールド名を含む複合語は、ドイツ語、オランダ語、スウェーデン語の自然言語クエリでサポートされていません。

制限事項

Insight Advisor には次の制限があります。

  • Insight Advisor は、数式でドル記号展開を使用するマスター アイテムをサポートしますが、次の制限があります。
    • マスター アイテムの数式とキャプションが 1 回展開され、結果がキャッシュされます。ドル記号の数式は、数式が変更されるか、キャッシュの有効期限が切れるまで (通常、評価から 30 日後) 再評価されません。
    • =sum(Sales) などの、値に展開される方法で定義されたドル記号の数式はサポートされていません。これらの数式は、Insight Advisor のフィルターと組み合わせることはできません。ドル記号の数式は、Insight Advisor で使用される数式に展開する必要があります。

  • 項目名に数値のみが含まれている場合、その項目は、最上位 (同じ数値の上位または下位など) ではなく、自然言語クエリから結果を生成するときに使用されます。

    例えば、上位 3 件のサービス プロバイダーを検索し、項目の 1 つに 3 という名前が付けられた場合、クエリ結果では、サービス プロバイダーの上位 3 件の結果ではなく 3 が使用されます。

  • ストーリーの洞察は、次の分析タイプでのみ利用できます。

    • ランキング

    • 時間の経過による傾向

    • 比較

    • 分析 (地理空間)

    • クラスタリング

    • 相関

    • プロセス制御 (平均)

    自然言語クエリの処理方法と使用されているデータによっては、サポートされている分析タイプにストーリーの洞察が常に含まれているとは限りません。

  • ストーリーの洞察は、質問が 1 つの軸に 2 つ以上のフィルターまたは 2 つ以上のデータ値フィルターを含んでいる場合にのみ一般的なステートメントを提供します。ただし、使用されるフィルターは応答に含まれています。
  • ストーリーの洞察は、複数の軸または 3 つ以上のメジャーを持つクエリでは利用できません。
  • 期間の比較には、次の制限があります。
    • 前の年 対 現在の年前の月 対 現在の月などのクエリの場合は、ステートメント全体を書き出す必要があります。YOYMOM などの略語はサポートされていません。
    • 期間の比較は、自然言語クエリで最大 1 つのメジャーと 1 つの軸のみをサポートします。