メイン コンテンツをスキップする

フィードバックと使用状況メトリクスを使ってアプリの可用性を改善する

Qlik Cloud テナントで監査管理者ロールが割り当てられている場合、自然言語 API を介して Insight Advisor および Insight Advisor Chat の使用状況メトリクスにアクセスすることができます。メトリクスには、Insight Advisor および Insight Advisor Chat を使用してビジュアライゼーションを生成するエクスペリエンスに関するアプリ ユーザーからのフィードバックが含まれます。

自然言語の質問、フィードバックする、または分析作成のメソッドのような Insight Advisor を介したアプリとのユーザー インタラクション (例えば、アセット パネル経由、分析タイプを選択するなど) は監査管理者がアクセスできるイベントとして記録されます。論理モデルまたはデータ自体に変更を加えて、メトリクスを使用してアプリのユーザーエクスペリエンスを改善できます。これらのレコードは 30 暦日残されます。

使用状況メトリクスによりアプリ製作者はデータの有用な洞察を見つけてアプリ ユーザーの成功を評価することができます。例えば、メトリクスで結果を生み出していない質問のタイプを特定します。その後、メトリクスのインタープリターでアプリのデータ モデルや論理モデルを修正して、さらに役立つアプリにします。さらに、メトリクスにより回答されていない質問が大量に検出された場合、考えられる解決策ではより多くのアプリに対して Insight Advisor Chat が有効化され、これらの質問に回答するために新しいアプリを作成することができます。

Insight AdvisorInsight Advisor Chat の使用状況メトリクスは、共有スペースまたは管理スペースの中の全アプリ ユーザーを対象に収集されます。メトリクスは自然言語 API エンドポイントから収集されます。監査管理者の場合、ユーザーの個人スペースの使用状況およびフィードバック データを表示することは不可能です。

アプリの使用状況メトリクスおよびフィードバックを表示するには、次の操作を実行する必要があります。

  • アプリが配置されているテナントの開発者ロール。

  • アプリが配置されているテナントの管理者ロール。

  • アプリに配置されている次のいずれかのスペースの権限:

    • 共有スペース:

      • 所有者

      • 管理可能

      • 編集可能

      • 閲覧可能

    • 管理スペース:

      • 所有者

      • 管理可能

      • 寄与可能

      • 閲覧可能

      • ビューが制限されています

情報メモ自然言語 API は、アプリのロード スクリプトでセクション アクセス コントロールをチェックしません。監査管理者に開発者ロールがあり、アプリを開くことができる場合 (スペースの権限により提供される)、アプリ使用状況メトリクスを表示できるようになります。

監査管理者ロールの詳細については、「監査管理者」を参照してください。

直接のフィードバックに加え、このエンドポイントを使うことで、ユーザーのリクエストが自然言語 (Insight Advisor 検索)、アセット パネル、または Insight Advisor 分析タイプ のどれを経由して送信されたかなど、その他の有用なイベント メトリクスも提供されます。

自然言語 API の詳細については、自然言語 を参照してください。

自然言語 API の使用に関するチュートリアルについては、Collect and share Insight Advisor feedback (Insight Advisor フィードバックの収集と共有)を参照してください。