メイン コンテンツをスキップする

GetSelectedCount - チャート関数

GetSelectedCount() は、項目内で選択された (緑) 値の数を返します。

構文:  

GetSelectedCount (field_name [, include_excluded [, state_name]])

戻り値データ型: integer

引数:  

引数
引数 説明
field_name メジャー対象となるデータ範囲が含まれている項目です。
include_excluded True()に設定されている場合、別の項目で除外された選択値がカウントに含まれます。False の場合や省略されている場合、これらの値は含まれません。
state_name

特定のビジュアライゼーションのために選択された並列ステートの名前。state_name 引数が使用されると、特定のステート名に関連付けられた選択のみが対象になります。

詳細については、「並列ステートを使用した比較分析」を参照してください。

例と結果:  

以下の例では、異なるフィルター パネルにロードされた 3 つの項目 (First nameInitialsHas cellphone) を使用しています。

例と結果
結果

JohnFirst name に選択されている場合

GetSelectedCount ([First name])

1 (First name に選択されている値が 1 つあるため)

JohnFirst name に選択されている場合

GetSelectedCount ([Initials])

0 (Initials に選択されている値がないため)

First name が選択されておらず、Initials ですべての値が選択されており、Has cellphoneYes になっている場合

GetSelectedCount ([Initials], True())

6 (Initials MC および PD は Has cellphoneNo に選択されているが、引数 include_excludedTrue() に設定されているため、結果はいずれにせよ 6 となるため)

例で使用されているデータ:

Names:
LOAD * inline [
First name|Last name|Initials|Has cellphone
John|Anderson|JA|Yes
Sue|Brown|SB|Yes
Mark|Carr|MC|No
Peter|Devonshire|PD|No
Jane|Elliot|JE|Yes
Peter|Franc|PF|Yes ] (delimiter is '|');