メイン コンテンツをスキップする

アプリ パフォーマンス評価

パフォーマンス評価は Qlik Sense SaaS の機能であり、アプリの開発時に調整された評価を実行でき、パブリック オブジェクトの応答時間などのシンプルで理解しやすいメトリクスを提示します。パフォーマンス エバリュエーターは、パフォーマンスを最適化するときに焦点を当てるパブリック オブジェクトに関する洞察を提供し、アプリの評価されたバージョン間で特定のパフォーマンス メトリクスを比較できるようにします。

情報メモ公開されたシートのみが評価に考慮されます。これにより、開発中のシートがパフォーマンス評価結果に影響を与えるのを防ぎます。

誰がパフォーマンス評価を使うべきか

パフォーマンス評価は、Qlik Sense SaaS Enterprise および Business のアプリ開発者向けに設計されています。アプリでパフォーマンス評価を実行するには、 アプリの所有者であるか、アプリを含むスペースのメンバーであり、パフォーマンス エバリュエーターを使用するための [編集可能]、[管理可能]、または [管理者] スペースの役割を持っている必要があります。

パフォーマンス評価の使い方

パフォーマンス評価を使用するには、次の 2 つの方法があります。

  1. アプリのパフォーマンスを評価する。

  2. アプリへの変更がパフォーマンスに影響を与えたかどうかを判断する。

パフォーマンス評価を実行すると、アプリ内のすべての公開オブジェクトの応答時間を調べて、パフォーマンスを最適化するときに焦点を当てるオブジェクトを特定します。結果はガイダンスとして提供されており、実稼働環境で実際にユーザーが認識したパフォーマンスを反映することを保証するものではありません。

アプリのパフォーマンスに影響を与える可能性のあるリソースの種類については、アプリのパフォーマンスの最適化 を参照してください。

情報メモパフォーマンス評価の結果には多少のばらつきがあります。これは、パフォーマンス評価がクラウドベースの環境で実行されるためです。したがって、遅延と帯域幅の変動により、応答時間に多少の変動が予想されます。2 つのパフォーマンス評価を比較する際の変動を最小限に抑えるには、それらをできるだけ近くで実行します。

アプリでのパフォーマンス評価の実行

パフォーマンス評価を実行するには、アプリのリロード権限が必要です。

  1. クラウド ハブで、評価するアプリの 詳細 をクリックします。

  2. [評価アイコンパフォーマンスを評価] を選択します。

    評価が完了すると通知が届きます。

評価結果の表示

1 つのパフォーマンス評価を表示するか、2 つのパフォーマンス評価を比較するかによって、結果テーブルは異なります。

情報メモ

アプリのパフォーマンス評価結果は 90 日間保持されます。

1 つのパフォーマンス評価の表示

  1. パフォーマンス評価を表示するには、アプリの 詳細 をクリックします。

  2. [情報アイコン詳細] を選択し、[パフォーマンス評価アイコンパフォーマンス評価] をクリックします。すべての評価は、パフォーマンス評価テーブルにリストされています。

    ヒント メモ通知の [結果の表示] をクリックして結果に移動することもできます。
  3. 表示するものを選択し、[結果の表示] をクリックします。

    いくつかのパフォーマンス評価の実行を示すパフォーマンス評価テーブル
  4. 結果ウィンドウにはパフォーマンス評価結果の概要が表示されます。

    ヒント メモ特定のメトリックの詳細については、パフォーマンス評価情報 を参照してください。
    [概要] タブを表示する [パフォーマンス評価の詳細] ウィンドウ
  5. より具体的なパフォーマンス情報を表示するには、[詳細] タブを選択します。

    単一のパフォーマンス評価テーブルを表示する [詳細] タブ
  6. ↓ をクリックして、各行の詳細を表示します。

  7. 新しいタブ アイコン をクリックして、オブジェクトを含むアプリを開きます。特定のオブジェクトがシート上でハイライトされます。

パフォーマンス評価の比較

  1. パフォーマンス評価を表示するには、アプリの 詳細 をクリックします。

  2. [詳細] を選択し、[パフォーマンス評価] をクリックします。すべての評価は、パフォーマンス評価テーブルにリストされています。

    ヒント メモ通知の [結果の表示] をクリックして結果に移動することもできます。
  3. 表示する 2 つを選択し、[比較] をクリックします。

    2 行が選択され、比較ボタンが表示されたパフォーマンス評価テーブル
  4. 評価結果がウィンドウで開きます。特定のメトリックの詳細については、パフォーマンス評価情報 を参照してください。[概要] タブには、選択したパフォーマンス評価のメトリクスと、それらのメトリクスの違いが表示されます。

    パフォーマンス評価の比較ビュー
  5. より具体的なパフォーマンス情報を表示するには、[詳細] タブを選択します。各行について、絶対的および相対的な変化が表示されます。

    パフォーマンス評価比較の詳細ビュー
  6. ↓ をクリックして、各行の詳細を表示します。

情報メモ2 つの評価を比較する場合、パフォーマンスの低下または改善を示すのに十分な重要性がある場合にのみ、違いがハイライトされます。

パフォーマンス評価情報

メトリクスはアプリのメタデータから取得されるか、パフォーマンス評価中に測定されます。

情報メモパフォーマンス評価ウィンドウの [ログをダウンロードする] ボタンをクリックして、選択した評価のログファイルをダウンロードします。

概要タブ

[概要] タブには、選択したバージョンの基本的なアプリ情報が表示されます。

状態

  • パフォーマンス評価の状態を表示します。

    • 完了 - パフォーマンス評価は正常に完了しました。

    • 警告 - パフォーマンス評価は完了しましたが、一部の結果が欠落しているか不正確です。

    • エラー - パフォーマンス評価が正常に完了せず、結果が欠落しているか不正確です。

アプリ サイズ

  • メトリックのソース: アプリのメタデータ

  • 初期選択なしのメモリ内のアプリ データ モデルの合計サイズを表示します。

ファイル サイズ

  • メトリックのソース: アプリのメタデータ

  • ディスク上の QVD ファイルの合計サイズを表示します。

アプリの行数

  • メトリックのソース: アプリのメタデータ

  • アプリのデータ モデルのテーブルに含まれるの合計行を表示します。

アプリの公開シート

  • メトリックのソース: アプリのメタデータ

  • アプリ内の公開シートの合計数を表示します。

アプリの公開オブジェクト

  • メトリックのソース: アプリのメタデータ

  • アプリ内の公開オブジェクトの合計数を表示します。

    情報メモパフォーマンス評価結果では、公開シートは公開オブジェクトとしてカウントされません。

[詳細] タブ

[詳細] タブには、パフォーマンス評価に関するより具体的な情報が表示されます。

キャッシュに問題があるオブジェクト

  • メトリックのソース: メジャー済み

  • リスト オブジェクトは効率的にキャッシュされていません。これは、各オブジェクトを 2 回ロードすることによって決定されます。オブジェクトを一度ロードした後は、結果セットをキャッシュに入力する必要があるため、応答時間が短縮されることが期待できます。データ モデルまたは数式を調整することにより、改善が行われる可能性があります。詳細については、[データ モデリングのベスト プラクティス] と [ビジュアライゼーションでの数式の使用] を参照してください。

  • 一般的なアプリの最適化の詳細については、アプリのパフォーマンスの最適化 を参照してください。

シングルスレッドのオブジェクト

  • メトリックのソース: メジャー済み

  • このセクションには、パフォーマンス メトリクスがロード中の主にシングルスレッドの処理を示すオブジェクトが含まれています。このセクションにオブジェクトが表示され、ユーザーの応答時間が長すぎると思われる場合は、オブジェクト内の数式から生じるクエリでボトルネックを確認する必要があります。データ モデルまたは数式を調整することにより、改善が行われる可能性があります。

  • シングルスレッド パフォーマンスの詳細については、集計テーブル内の異なるテーブルの項目は、可能な限り回避されます。 を参照してください

キャッシュされていないロード時間

  • メトリックのソース: メジャー済み

  • オブジェクトごとの応答時間のメジャー。これらの測定値は、アプリが 1 回目にトラバースされ、各オブジェクトが 1 つずつ要求されたときに抽出されます。このセクションに含まれる値は、オブジェクトごとの最悪の場合のロード時間を表します。

  • 例えば、マスター アイテムを使用することで、キャッシュの使用を改善できます。詳細については、「数式でマスター アイテムまたは変数を使用する」を参照してください。

キャッシュされたロード時間

  • メトリックのソース: メジャー済み

  • オブジェクトごとの応答時間のメジャー。すべてのオブジェクトが最初に要求されたとき、通常はキャッシュされているはずです。これらの測定値は、アプリが 2 回目にトラバースされ、各オブジェクトが 1 つずつ要求されたときに抽出されます。

テーブルごとのメモリ割り当て

  • メトリックのソース: アプリのメタデータ

  • データ モデルに含まれるテーブルとそのサイズのリスト。このセクションは、データ モデルのサイズを最小化しようとするときに役立ちます。これは、応答性の向上につながります。

  • ロード スクリプトにある数式で使用されない項目やテーブルを削除すると、速度とリソースの使用状況が改善されます。詳細については、「データ モデルのパフォーマンス」を参照してください。

項目ごとのメモリ割り当て

  • メトリックのソース: アプリのメタデータ

  • データ モデルに含まれる項目とそのサイズのリスト。このセクションは、データ モデルのサイズを最小化しようとするときに役立ちます。これは、応答性の向上につながります。

  • ロード スクリプトにある数式で使用されない項目やテーブルを削除すると、速度とリソースの使用状況が改善されます。詳細については、「データ モデルのパフォーマンス」を参照してください。

通知設定

パフォーマンス評価が完了または失敗したときに、通知を受け取るように選択できます。

アプリで 詳細 をクリックし、[詳細] を選択します。次に、[通知] をクリックします。次の通知を設定できます。

  • このアプリのパフォーマンス評価が完了しました

  • このアプリのパフォーマンス評価が失敗しました

制限事項

  • アプリ内の公開シートのみが評価されます。

  • Qlik Sense Enterprise on Windows から配布されたアプリのパフォーマンスを評価することはできません。

  • すべてのチャート オブジェクトがサポートされているわけではありません。オブジェクトがサポートされていない場合は、結果の警告セクションに記載されています。

  • June 2020 以前の推奨チャートから作成されたチャート オブジェクトは、サポートされるように手動で更新する必要があります。

  • アプリが専用の容量スペースで実行されている場合、評価結果は必ずしも有効ではありません。

  • アプリがセクション アクセスを使用してデータを削減する場合、評価は現在のユーザーのデータを削減して実行されます。これは、評価するデータセットにアクセスできるユーザーとして評価を実行する必要があることを意味します。セクションへのアクセスが異なるユーザーの結果を比較することは重要ではありません。