メイン コンテンツをスキップする

作成方法: 重複する移動エリア

このページ上

作成方法: 重複する移動エリア

1 つの項目で複数の移動エリアを生成し、それらをエリア レイヤーで使用できます。例えば、1 つのポイントの移動エリアの増分の増加を表示したい場合があるかもしれません。

この例では、カナダの州都と準州都の 60 分の移動エリアを 10 分刻みで含むマップが追加されています

Example map displaying only highlight points for each Canadian capital

カナダの州都と準州都の 60 分の移動エリアを含むマップ

都市のポイントをクリックすると、マップがさらに拡大され、都市の移動エリアが見やすくなります。

Example zoomed-in view after a point has been selected, displaying more detailed road and travel data

フレデリクトンの移動エリアを拡大表示

エリア レイヤーのコスト値は、エリアがマップ上で最大エリアから最小エリアにオーバーレイされるように並べ替えられています。これにより、ユーザーは最小のエリアを選択できます。そうしないと、重複する大きなエリアがオーバーレイされてしまいます。

データ

この例では、データ ロード エディタでインラインに追加された単一のデータセットを使用します。

[Cities]:

LOAD * inline

[

City

Edmonton,Canada;

Victoria,Canada;

Winnipeg,Canada;

Fredericton,Canada;

St. John's,Canada;

Halifax,Canada;

Toronto,Canada;

Charlottetown,Canada;

Quebec City,Canada;

Regina,Canada;

Whitehorse,Canada;

Iqaluit,Canada;

Yellowknife,Canada;

]

(delimiter is ';');

構築方法

  1. データを [データ ロード エディタ] に追加します。
  2. 次の travelArea スクリプトを追加します。

    Load * Extension

    GeoOperations.ScriptEval('TravelAreas(costValue="60",costUnit="minutes",transportation="car")

    DATASOURCE Cities INTABLE keyField="City", namedPointField="City"', Cities {City});

     

    Load * Extension

    GeoOperations.ScriptEval('TravelAreas(costValue="50",costUnit="minutes",transportation="car")

    DATASOURCE Cities INTABLE keyField="City", namedPointField="City"', Cities {City});

     

    Load * Extension

    GeoOperations.ScriptEval('TravelAreas(costValue="40",costUnit="minutes",transportation="car")

    DATASOURCE Cities INTABLE keyField="City", namedPointField="City"', Cities {City});

     

    Load * Extension

    GeoOperations.ScriptEval('TravelAreas(costValue="30",costUnit="minutes",transportation="car")

    DATASOURCE Cities INTABLE keyField="City", namedPointField="City"', Cities {City});

     

    Load * Extension

    GeoOperations.ScriptEval('TravelAreas(costValue="20",costUnit="minutes",transportation="car")

    DATASOURCE Cities INTABLE keyField="City", namedPointField="City"', Cities {City});

     

    Load * Extension

    GeoOperations.ScriptEval('TravelAreas(costValue="10",costUnit="minutes",transportation="car")

    DATASOURCE Cities INTABLE keyField="City", namedPointField="City"', Cities {City});

  3. データをロードする。
  4. シート表示で、項目 [Cost] を [Cost] というマスター軸として追加します。これらの色を次の値に割り当てます。

    • 10: 0096ff
    • 20: 40ff0c
    • 30: faff09
    • 40: ee8a03
    • 50: ff020d
    • 60: c100ff
  5. マップを追加します。
  6. [City] を軸としてポイント レイヤーを追加します。次のプロパティを設定します。

    • [Color] で、[Color] を [#f8981d] に設定します。
  7. TravelArea を軸として含むエリア レイヤーを追加します。次のプロパティを設定します。

    • [] で、[ラベル] を [移動エリア] に変更します。
    • [Colors] で、次の手順を実行します。 
      • マスター軸の [Cost] を使用して [軸ごと] に色を設定し、[ライブラリ カラー] を有効にします。
      • [枠線の色] を [000000] に設定します。
      • [不透明度] を 50% に設定します。
    • [並べ替え] で、[移動エリア] を設定して、数値と値の降順で並べ替えます。
  8. この領域をマップの中心に配置し、[パン移動の制限] を [カスタム] に設定して [パン制限の設定] をクリックします。