メイン コンテンツをスキップする Skip to complementary content

作成方法: 重複する移動エリア

1 つの項目で複数の移動エリアを生成し、それらをエリア レイヤーで使用できます。例えば、1 つのポイントの移動エリアの増分の増加を表示したい場合があるかもしれません。

この例では、カナダの州都と準州都の道路距離の 60 分の移動エリアを 10 分刻みで含むマップが追加されています

カナダの州都と準州都の 60 分の移動エリアを含むマップ

カナダの各首都のハイライト ポイントのみを表示するマップの例

都市のポイントをクリックすると、マップが拡大され、都市の移動エリアが見やすくなります。

フレデリクトンの移動エリアを拡大表示

より詳細な道路と移動のデータを表示する、ポイントが選択された後のズームイン ビューの例

エリア レイヤーのコスト値は、エリアがマップ上で最大エリアから最小エリアにオーバーレイされるように並べ替えられています。これにより、ユーザーは最小のエリアを選択できます。そうしないと、重複する大きなエリアがオーバーレイされてしまいます。

データ

この例では、データ ロード エディタでインラインに追加された 1 つのデータセットを使用します。

[Cities]:

LOAD * inline

[

City

Edmonton,Canada;

Victoria,Canada;

Winnipeg,Canada;

Fredericton,Canada;

St. John's,Canada;

Halifax,Canada;

Toronto,Canada;

Charlottetown,Canada;

Quebec City,Canada;

Regina,Canada;

Whitehorse,Canada;

Iqaluit,Canada;

Yellowknife,Canada;

]

(delimiter is ';');

構築方法

  1. データを [データ ロード エディタ] に追加します。
  2. [接続の新規作成] をクリックして Qlik GeoOperations を選択します。
  3. [作成] をクリックします。
  4. [データ接続] で、Qlik GeoOperations 接続の データを選択 をクリックします。

  5. [演算子] で、[Travel areas] を選択します。

  6. [コスト] で、 [] と [60] を選択します。

  7. [コスト ユニット] で、[] を選択します。

  8. [輸送モード] で、[] を選択します。

  9. [データセット 1] で、[ロードされたテーブル] を選択します。

  10. [テーブル名] に、Cities と入力します。

  11. [キー項目] で、[Specify] (指定) を選択し、[市区町村] を入力します。

  12. [ジオメトリの種類と項目] で、[名前の付いたポイント] を選択して、City を入力します。

  13. テーブルを選択し、次の項目を選択します。

    • 市区町村

    • TravelAreas

    • コスト

  14. [スクリプトを挿入] をクリックします。

  15. テーブル名を TravelArea に変更します。

    挿入したスクリプトを 5 回コピーして貼り付け、costValue を 50、40、30、20、10 に編集します。

    これで、ロードされたスクリプトは次のようになるはずです。

    [TravelArea]: Load * Extension GeoOperations.ScriptEval(' SELECT City, TravelArea, Cost FROM TravelAreas(costValue="60", costUnit="minutes", transportation="car") DATASOURCE dataset INTABLE keyField="City", crs="EPSG:4326", namedPointField="City" ', Cities); Load * Extension GeoOperations.ScriptEval(' SELECT City, TravelArea, Cost FROM TravelAreas(costValue="50", costUnit="minutes", transportation="car") DATASOURCE dataset INTABLE keyField="City", crs="EPSG:4326", namedPointField="City" ', Cities); Load * Extension GeoOperations.ScriptEval(' SELECT City, TravelArea, Cost FROM TravelAreas(costValue="40", costUnit="minutes", transportation="car") DATASOURCE dataset INTABLE keyField="City", crs="EPSG:4326", namedPointField="City" ', Cities); Load * Extension GeoOperations.ScriptEval(' SELECT City, TravelArea, Cost FROM TravelAreas(costValue="30", costUnit="minutes", transportation="car") DATASOURCE dataset INTABLE keyField="City", crs="EPSG:4326", namedPointField="City" ', Cities); Load * Extension GeoOperations.ScriptEval(' SELECT City, TravelArea, Cost FROM TravelAreas(costValue="20", costUnit="minutes", transportation="car") DATASOURCE dataset INTABLE keyField="City", crs="EPSG:4326", namedPointField="City" ', Cities); Load * Extension GeoOperations.ScriptEval(' SELECT City, TravelArea, Cost FROM TravelAreas(costValue="10", costUnit="minutes", transportation="car") DATASOURCE dataset INTABLE keyField="City", crs="EPSG:4326", namedPointField="City" ', Cities);
  16. データをロードします。
  17. シート表示で、項目 [Cost] を [Cost] というマスター軸として追加します。これらの色を次の値に割り当てます。

    • 10: 0096ff
    • 20: 40ff0c
    • 30: faff09
    • 40: ee8a03
    • 50: ff020d
    • 60: c100ff
  18. マップを追加します。
  19. [City] を軸としてポイント レイヤーを追加します。次のプロパティを設定します。

    • [Color] で、[Color] を [#f8981d] に設定します。
  20. TravelArea を軸として含むエリア レイヤーを追加します。次のプロパティを設定します。

    • [] で、[ラベル] を [移動エリア] に変更します。
    • [Colors] で、次の手順を実行します。 
      • マスター軸の [Cost] を使用して [軸ごと] に色を設定し、[ライブラリ カラー] を有効にします。
      • [枠線の色] を [000000] に設定します。
      • [不透明度] を 50% に設定します。
    • [並べ替え] で、[移動エリア] を設定して、数値と値の降順で並べ替えます。
  21. この領域をマップの中心に配置し、[パン移動の制限] を [カスタム] に設定して [パン制限の設定] をクリックします。