メイン コンテンツをスキップする

Advanced Analytic

このページ上

Advanced Analytic

開発者がクラウド上で機械学習モデルをビルド、トレーニング、展開できる機械学習プラットフォームは数多く存在します。

ジェネリックモデルに接続するには、独自のモデルを作成し、選択した AI/ 機械学習プラットフォーム上のエンドポイントに展開している必要があります。このエンドポイントは、Qlik Cloud によって一般にアクセス可能である必要があります。

制限事項

  • Advanced Analytic コネクタは、リクエストごとに 200k 行に制限されます。デフォルトでは、これらは 2k 行のバッチでエンドポイント サービスに送信されますが、これは接続の作成時に構成することができます。より多くの行を処理する必要があるシナリオでは、データ ロード スクリプト内の Loop を使用して、より多くの行をバッチ処理します。

  • アプリケーションが定期的に再ロードされるシナリオでのベストプラクティスは、QVD ファイルを使用して機械学習の推測をキャッシュし、新しい行のみをエンドポイントに送信することです。これにより、Qlik Sense アプリケーションの再ロードのパフォーマンスが向上し、 モデルのエンドポイントの負荷が軽減されます。

  • 展開されたモデルが サービスで使用可能なリソースは、 Qlik Sense 再ロードとチャートの応答性におけるパフォーマンスに影響し、制限されます。

  • チャートの数式で Advanced Analytic 接続を使用する場合、モデルが正しい文字列/数値形式でフィールドを処理する必要があるため、フィールドのデータ型を指定することをお勧めします。チャートの数式でのサーバーサイド拡張の制限は、データ型がロード スクリプト内で自動的に検出されないことです。

  • 相対接続名を使用していて、共有スペースから別の共有スペースにアプリを移動する場合、または共有スペースからプライベートスペースにアプリを移動する場合は、新しいスペースの場所を反映して更新されるまでに時間を要します。