メイン コンテンツをスキップする

Binary

binary ステートメントは、別の Qlik Sense アプリや QlikView ドキュメントからデータ (セクション アクセス データなど) をロードする際に使用します。シート、ストーリー、ビジュアライゼーション、マスター アイテム、変数といった、アプリのその他の要素は含まれません。

このスクリプトで許可される binary ステートメントは 1 つのみです。binary は、通常、スクリプトの先頭に置かれる SET ステートメントの前であっても、必ず最初のステートメントでなければなりません。

Syntax:  

binary [[path] filename ]

Arguments:  

引数
引数 説明
path

ファイル共有への、データ接続への参照となるファイルへのパス。filename がスペース内でアプリ ID の場合には不要です。

filename

ファイル拡張子 .qvw または .qvf を含むファイル名。

これは、テナント内スペースのアプリのアプリ ID の場合もあります。アプリを開いて URL 内のアプリ ID を表示します。

ファイル名またはアプリ ID が入力されていない場合は、ステートメントがアプリ本体からロードします。言い換えると、binary ステートメントを含むアプリからロードします。

Limitations:  

  • 管理スペースでは、binary を使用してアプリをロードすることはできません。アプリは個人スペースまたは共有スペースになければなりません。

  • QVW または QVF のファイルを /DataFiles フォルダにアップロードすることはできません。代わりに、ファイルをファイル共有 (AWS S3 または Google Drive など) にアップロードして、ファイル共有に接続されたデータ接続からデータをロードできます。