メイン コンテンツをスキップする

Store

このスクリプト関数は、QVD または CSV ファイルを作成します。

Syntax:  

Store [ fieldlist from] table into filename [ format-spec ];

このステートメントにより、明示的に命名された QVDCSV、または TXT ファイルが作成されます。

項目のエクスポートは 1 つのデータ テーブルからのみ行えます。エクスポートする項目が複数のテーブルに存在する場合、スクリプトで明示的に join を行い、エクスポート対象のデータ テーブルを作成する必要があります。

テキスト値は UTF-8 形式で CSV ファイルにエクスポートされます。区切り文字を指定できます (LOAD を参照)。CSV ファイルへの store ステートメントでは、BIFF エクスポートを行えません。

自分のファイルの保存場所は、自分の個人スペースにするか、権限を持つ共有スペースにするかを選択できます。共有スペースに保存した場合、メンバーはそのデータを使用してスペース内にアプリを作成できます。共有スペースでの権限の管理」を参照してください。

Arguments:  

コマンド引数の保存
引数 説明
fieldlist::= ( * | field ) { , field } )

選択する項目のリスト。項目リストとして * を使用すると、すべての項目が指定されます。 

field::= fieldname [as aliasname ]

fieldname は、table の項目名と同じテキストです。(項目名にスペースや非標準的な文字などが含まれる場合、ストレート二重引用符または角括弧で囲む必要があります。)

aliasname は、結果の QVD ファイルまたは CSV ファイルで使用される項目の別名です。

table データ ソースとして使用するロード済みテーブルを表すスクリプト ラベル。
filename

既存のフォルダ データ接続への有効なパスを含むターゲット ファイルの名前。

Example:  

  • 個人スペース: [lib://DataFiles/xyz.qvd]

    DataFiles 接続の使用中は、フォルダー階層を作成または参照できません。例えば、以下には対応していません。 [lib://DataFiles/subfolder1/xyz.qvd]

  • 共有スペース: [lib://TeamSharedSpace:DataFiles/xyz.qvd]
format-spec ::=( ( txt | qvd ) ) テキスト ファイルの書式指定はテキスト txtqvd ファイルの場合はテキスト qvd で構成されます。書式指定が省略されている場合は、qvd で処理されます。
注: DataFiles 接続のファイル拡張子は大文字と小文字を区別します。例: .qvd

Examples:  

mytableを [lib://DataFiles/xyz.qvd] に保存します。

mytable からの * を [lib://DataFiles/myfile.qvd] に保存します。

mytable からの Name, RegNo を [lib://DataFiles/xyz.qvd] に保存します。

mytable からの Name を a として、RegNo を b として、[lib://DataFiles/myfile.qvd] に保存します。

mytable からの * を [lib://DataFiles/myfile.txt] (txt) に保存します。

mytable からの * を [lib://DataFiles/myfile.csv] (txt) に保存します。

mytable からの * を [lib://TeamSharedSpace:DataFiles/myfile.qvd] に保存します。