メイン コンテンツをスキップする
class - スクリプトおよびチャート関数

このページ上

class - スクリプトおよびチャート関数

class 関数は、class の間隔に最初のパラメータを割り当てます。結果は dual 値であり、a<=x<bがテキスト値として含まれています (abはビンの上限と下限で、下限は数値で示されます)。

構文:  

class(expression, interval [ , label [ , offset ]])

引数:  

引数
引数 説明
interval ビン幅を特定する数値。
label 結果のテキストの 'x' を置き換えることができる任意の文字列。
offset デフォルトの分類開始点から、オフセットとして使用される数値。 デフォルトの開始点は、通常 0 です。

 

結果
class( var,10 ) で、var = 23 の戻り値: '20<=x<30'
class( var,5,'value' ) で、var = 23 の戻り値: '20<= value <25'
class( var,10,'x',5 ) で、var = 23 の戻り値: '15<=x<25'

例 - class を使用したロード スクリプト