メイン コンテンツをスキップする

Insight Advisor Chat でアプリを使用可能にする

アプリをクラウド ハブ内の Insight Advisor Chat で使用可能にできます。

アプリが使用可能になると、そのアプリへのアクセス権を持つユーザーは、Insight Advisor Chat を使用してアプリ内の Insight Advisor を検索できます。Insight Advisor Chat の詳細については、「会話分析でのアプリの探索」を参照してください。

情報メモ
セクション アクセスを使用するアプリでは、サービス ユーザーが Insight Advisor Chat で利用できるように追加の構成が必要です。アプリ名、項目名、またはマスター アイテム名に機密情報がある場合、セクション アクセスを使用するアプリを Insight Advisor Chat で利用できるようにすることで、これらが公開される可能性があります。クエリのアプリの提案には、ユーザーがアクセスできるストリーム内のアプリが含まれます。これらには、ユーザーがアプリのセクション アクセスでアクセスできないアプリが含まれる場合があります。ただし、これらのアプリを選択しても何も起こりません。[] または [メジャー] をクリックして、セクション アクセスを使用してアプリから利用可能なアイテムを表示すると、ユーザーにはアクセスできないアイテムが表示される場合があります。ただし、これらのアイテムをクリックしても、ユーザーにデータは提供されません。詳細については、「セクションアクセスと Insight Advisor Chat の使用」を参照してください。

Insight Advisor Chat でのアプリ コンテンツの可用性

ユーザーが Insight Advisor Chat の [メジャー] ボタンと [] ボタンを使用して検索およびアクセスできるものは、ユーザーのスペース権限、アプリが公開されているかどうか、アプリに論理モデルが適用されているかどうかによって異なります。

個人スペースにある独自のアプリの場合、アプリから項目とマスター アイテムを検索できます。

共有スペースのアプリの場合、[編集可能] または [管理可能] の権限を持つユーザーは、項目とマスター アイテムを検索できます。[閲覧可能] 権限を持つユーザーは、マスター アイテムのみを検索できます。

管理されているスペースのアプリの場合、[管理可能] 権限を持つユーザーは、項目とマスター アイテムを検索できます。[寄与可能] または [閲覧可能] 権限を持つユーザーは、マスター アイテムを検索できます。

共有スペースまたは管理されているスペースのアプリにビジネス ロジックを適用している場合、ユーザーはスペースでの権限に関係なく、論理モデルに基づいて利用可能な項目とマスター アイテムを検索できます。

[メジャー] または [] ボタンをクリックする (または [メジャーを表示] または [軸を表示] と入力すると) 、対応するマスター アイテムが表示されます。アプリにマスター アイテムがない場合は、代わりにメジャーまたは軸に関連する項目が表示されます。論理モデルで非表示になっている項目またはマスター アイテムは、ボタンをクリックしても表示されませんが、クエリで検索できます。

Insight Advisor Chat をオンにする

  1. アプリで、ナビゲーション バーのアプリ名をクリックします。
  2. アプリの詳細エリアで アプリ設定 をクリックします。
  3. Insight Advisorハブでオンにします。