メイン コンテンツをスキップする

アプリの公開

このページ上

アプリの公開

アプリを個人スペースまたは共有スペースから管理スペースに公開することができます。公開先の管理スペースでは、[公開可能] 権限を持っている必要があります。公開すると、管理スペースにアプリのコピーが作成されます。アプリの公開先のスペースは [詳細] で確認できます。

アプリでは、前回管理スペースに公開したのはいつであったかが公開ダイアログに示されます。

注: スケジュールされたリロードは、公開されたアプリのコピーには含まれていません。 公開されたアプリでは、管理されているスペースのアプリで再構成されたスケジュールされたリロードが必要です。
注:

ハブで Insight Advisor を有効にしたアプリは、管理スペースに公開した後にリロードする必要があります。

アプリの公開の詳細については、「管理スペースでアプリを使用する」を参照してください。

  1. アプリで More をクリックし、[公開] を選択します。
  2. 管理スペースを選択します。

  3. 任意で、アプリの [公開されたアプリ名]、[説明]、[タグ] を変更します。
  4. [公開] をクリックします。

アプリの再公開

管理されたスペースにあるアプリは、ソース アプリの再公開によって更新されます。アプリを再公開する際には、アプリの新規バージョンを公開するか、管理されたスペースにあるアプリの既存のコピーを置き換えます。

アプリを同じスペースに再公開する必要はありません。たとえば、アプリを開発スペースと認証スペースに分けて開発し、それぞれに元のアプリのコピーがあるとします。どちらのスペースにあるアプリのコピーでも、管理されたスペースに再公開できます。

アプリの別のコピーが再公開され、管理されたスペースにあるアプリが置き換えられると、公開ダイアログに表示されます。公開時に、管理されたスペースにあるアプリの名前と一致するように名前を変更すると、そのアプリは再公開されます。

  1. アプリで More をクリックし、[公開] を選択します。
  2. アプリの新規バージョンを公開するには、[新規公開] をクリックします。

  3. アプリの既存の公開済みコピーを置き換えるには、コピーを選択して置き換えます。
  4. アプリにデータを含めるには、[Include data (データを含める)] を選択します。
  5. [Republish] (再公開) をクリックします。