メイン コンテンツをスキップする

Right - スクリプトおよびチャート関数

Right() は、指定された文字列の末尾 (右端) から、2 番目の引数で指定された文字数の文字列を返します。

構文:  

Right(text, count)

戻り値データ型: string

引数:  

引数
引数 説明
text 元の文字列。
count 文字列 text の右端から含まれる文字数を定義します。