メイン コンテンツをスキップする

アラートの条件の設定

データ アラートを作成するときに、アラートをトリガーするために成立する必要がある複数の条件を設定できます。各条件で、アラート対象のメジャーまたは軸の 1 つが値、メジャー、または現在のセットと比較されます。AND または OR を使用して、複数の条件を結合できます。条件をグループ化して順番に適用すると、マルチステップ条件を作成することもできます。

アラートの詳細については、アラートを使用してデータを監視 を参照してください。

この条件では、値を次のものと比較できます。

  • 固定するか、数式で計算できる別の値。

  • 別のメジャー。

  • 現在のデータセットの集計。

  • アラートの最後の評価です。

比較する際は、オフセット、つまり戻り値をオフセットする値を使用することができます。詳細については、「比較時のオフセットの使用」を参照してください。

値との比較

メジャーまたは軸の値を固定値または式で計算される値と比較できます。

  • [比較] で[] を選択します。

情報メモ数式はアラート評価レベルで計算されます。これは、[軸で表示] でメジャーを分割するために使用した軸では計算されないことを意味します。

別のメジャーとの比較

メジャーまたは軸の値をアラートで使用される別のメジャー値と比較できます。

  • [比較] で[メジャー] を選択します。

返される値をオフセットする場合は、オフセット値を定義できます。この値は数値またはパーセンテージで指定できます。詳細については、「比較時のオフセットの使用」を参照してください。

現在のセットとの比較

メジャーの値を現在のデータセットの集計と比較できます。軸を現在のセットと比較することはできません。

  • [比較] で [セット (詳細)] を選択します。

以下の集計値を使用できます。

  • 平均値

    現在のデータ セットに含まれる値の平均値と比較します。

    オフセットを定義できます。これは、戻り値をオフセットする値です。この値は数値またはパーセンテージで指定できます。

  • 最小値

    現在のデータ セットに含まれる値の最小値と比較します。

    オフセットを定義できます。これは、戻り値をオフセットする値です。この値は数値またはパーセンテージで指定できます。

  • 最大値

    現在のデータ セットに含まれる値の最大値と比較します。

    オフセットを定義できます。これは、戻り値をオフセットする値です。この値は数値またはパーセンテージで指定できます。

  • パーセンタイル

    これにより、メジャーが現在のデータセットで選択されたパーセンタイル値の値と比較されます。

    たとえば、[演算子] で、[] を選択し、[パーセンタイル] に 90 を指定した場合、メジャー セットの 90 番目のパーセンタイル値を超えるかどうかが比較されます。

  • 標準偏差

    現在のデータ セットの平均値における複数の標準偏差の境界と比較します。上方の境界と比較するには正の数値を使用し、下方の境界と比較するには負の数値を使用します。

    たとえば、[演算子] で、[] を選択し、[標準偏差] に 1.5 を指定した場合、データ セットの平均値から標準偏差 1.5 の境界値を超えるかどうかが比較されます。

返される値をオフセットする場合は、オフセット値を定義できます。この値は数値またはパーセンテージで指定できます。詳細については、「比較時のオフセットの使用」を参照してください。

アラートの最後の評価との比較

アラートの最後の評価のメジャー値または同じ値の軸を、[比較] の [最後の評価] と比較できます。軸を使用してアラートを調整した場合、各軸の値は最後の評価の同じ値と比較されます。

オフセットを使用して、前回の評価以降に大きな変化があった値を見つけることができます。オフセットは数値またはパーセンテージで指定できます。詳細については、「比較時のオフセットの使用」を参照してください。

情報メモ最後の評価条件のデータ アラートの場合、評価履歴は次の場合に削除されます。
  • アラートの所有権は、管理コンソールで変更されます。

  • データ ロード エディタでアプリのセクション アクセスが追加または削除されます。

変更されていない値の除外

売上の合計が 100 を超えるときにアラートを設定している場合、売上の合計値が変更されていなくても、次の評価でアラートがトリガーされ続けます。

何かが変更されたときにのみアラートを受け取りたい場合は、アラートに 2 番目の条件を追加できます。

  • メジャーまたは軸: 値を比較する条件で使用するのと同じメジャー。
  • 比較:最後の評価
  • 演算子:に等しくない

売上の合計が 100 を超えると、アラートがトリガーされます。今後の評価では、値が 100 を超える別の値に変更されるまでトリガーされません。

前回の評価以降、大幅に変更された値

株の価格が前回の評価と比較して大幅に上昇したときにトリガーされるアラートを作成するとします。

  1. 株価をメジャーとしてアラートを作成します。

  2. メジャーを銘柄名で軸として分割します。これは、[軸で表示] で実行できます。

  3. 次の設定で条件を追加します。

    • メジャーまたは軸: 株価。
    • 比較:最後の評価
    • 演算子:
    • オフセット: 10
    • パーセンテージとしてのオフセット: 確認済み

アラートは 1 つ以上の株の価格が前回の評価から 10% を超えて上昇したときにトリガーされ、これらの銘柄名と価格を示します。

比較時のオフセットの使用

オフセットを定義できます。オフセットは、メジャーまたは現在のセットと比較するときに、戻り値をオフセットする値です。これは、絶対値、計算値、またはパーセンテージにすることができます。これを使用して、アラートをトリガーするしきい値を設定できます。

 

売上を現在のセットの平均売上と比較する場合は、10% のしきい値が必要になる場合があります。アラートは、売上が平均売上より 10% 多い場合にのみトリガーされます。この場合、条件で次の設定を使用します。

  • 演算子:
  • 比較:現在のセット
  • 集計:平均値
  • オフセット: 10
  • パーセンテージとしてのオフセット: 確認済み

マルチステップ条件

条件をグループ化して各条件グループを順番に適用できます。これにより、メジャー値ごとにフィルターをかけてから外れ値に注目することができます。

  • [グループ解除] () ボタンを使用すると、条件を 2 つのグループに分割できます。

  • [グループ] () ボタンを使用すると、2 つのグループを 1 つのグループに結合できます。

  • [Then] (次の処理) を使用すると、最初の条件グループから真である値に対してのみ次の条件グループが評価されるように指定できます。[Then] (次の処理) を使用するには、2 つ以上のグループが必要です。

 

いくつかの店舗の売上高とグロス マージンを示すビジュアライゼーションがあります。グロス マージンの比率において下位 10% の店舗を見たいとします。また、売上高が $50,000 を超える店舗の結果のみも見たいとします。

  1. アラートを作成し、売上高とグロス マージンのメジャーを追加します。
  2. 売上高メジャーを使用して条件を作成します。

    • 演算子:
    • 比較:

    • : 50000

  3. グロス マージン メジャーを使用して別の条件を作成します。この条件は、すでに作成済みの条件の後に配置する必要があります。

    • 演算子:未満
    • 比較:現在のセット
    • 集計:パーセンタイル
    • パーセンタイル: 10
  4. 2 つの条件の間にある ボタンをクリックします。

    これで、条件は別々のグループに分割されます。

  5. [Then] (次の処理) を選択します。

アラートは、最初に売上高が $50,000 を超えている店舗を検出します。次に、評価によりグロス マージンが下位 10% の店舗を検出します。

サポートされている演算子

値を比較するときは、次の演算子を使用できます。

  • 以上 (数値)
  • 未満 (数値)
  • 等しい (数値とテキスト)
  • 等しくない (数値とテキスト)
  • 含む (テキスト)
  • 開始 (テキスト)
  • 終了 (テキスト)