メイン コンテンツをスキップする
Qlik DataTransfer を使用したオンプレミス データのアップロード

このページ上

Qlik DataTransfer を使用したオンプレミス データのアップロード

Qlik DataTransfer は、オンプレミスのデータソースから Qlik Cloudにデータをアップロードします。 Qlik DataTransfer は、他の方法では Qlik Sense SaaSが利用できないオンプレミスデータソースへのアクセスを提供できます。Qlik DataTransfer は、Qlik Sense Desktop および Qlik Sense Enterprise on Windows アプリから Qlik Sense SaaS にデータをアップロードすることもできます。

Qlik DataTransfer を使用すると、ローカル データ ソースから Qlik Sense SaaS にデータをアップロードできます。データを手動でアップロードするか、Qlik Cloud への自動データ アップロードをスケジュールできます。

Qlik DataTransfer

警告メモQlik DataTransfer は、セクション アクセスを使用する、またはデータへのユーザー アクセスを制御するロード スクリプトを持つ Qlik アプリからのデータのアップロードには使用しないでください。保護されたデータは、権限のないユーザーに公開される可能性があります。

次の種類のデータ ソースからスペースにデータをアップロードできます。

  • データ接続

    オンプレミス展開で使用可能な ODBC および REST データ ソースからテーブルと項目を選択できます。

  • Qlik アプリ

    Qlik Sense または QlikView アプリからデータを転送できます。 アプリには、複数のデータ ソースからの結合され変換されたデータを含めることができます。

  • データフォルダ

    ローカルフォルダまたはネットワーク共有フォルダからデータを転送できます。フォルダが監視されている場合、新しいファイルまたは更新されたファイルが Qlik Cloud に自動的に転送されます。

情報メモ

アップロードされたデータの宛先スペースにデータ ソースを追加する権限が必要です。

データ接続および Qlik アプリのデータ ソースごとに最大 10 個の依存アプリを選択できます。 依存型アプリは、データ ソースが Qlik Cloud にアップロードされるたびに自動的にリロードされます。Qlik DataTransfer でのリロードは、Qlik Cloud でのリロード制限にはカウントされません。Qlik Cloud 内の依存型アプリのリロードは、リロード制限にカウントされます。

情報メモQlik DataTransfer を使用するには、Professional アクセスと開発者ロールが必要です。Qlik DataTransferのインストールと構成については、 Qlik DataTransfer のインストール を参照してください。

データ接続

データ接続Qlik コネクタを使用して、オンプレミスのデータ ソースからアップロードできます。例えば、ODBC DSN などのオンプレミスでのみアクセス可能な接続がある場合があります。Qlik DataTransfer を使用すると、データ接続に接続してデータをロードし、データを QVD ファイルとして Qlik Cloud にアップロードできます。

情報メモ

QVD ファイルは一時的に C:\ProgramData\Qlik\DataTransfer\DataUpload\qixdata に保存されています。アップロード後、この場所から削除されます。

または、QVD ファイルをローカル フォルダに追加することもできます。このオプションは、 QVD ファイルをクラウドストレージと同期する場合に役立ちます。

データ接続でデータ接続を管理します。データ接続を追加、編集、削除できます。データ接続を選択して [アップロード] をクリックすることにより、データセットを手動でアップロードすることもできます。データ接続を選択し、[前回のロードの詳細] を選択すると、前回のアップロードの詳細を表示できます。

データ接続では、新規または既存の接続を使用できます。接続データを追加すると、新しい接続を作成できます。接続の詳細で接続を作成および表示することもできます。

特定のコネクタの構成の詳細については、 Qlik コネクタ (英語のみ)を参照してください。ODBC DSN 接続の設定については、ODBC を参照してください。

情報メモ

既定では、 SAP NetWeaver で使用する Qlik ConnectorQlik DataTransferのデータ接続として利用できません。ただし、コネクタを Qlik DataTransfer に追加することはできます。詳細については、「SAP NetWeaver で使用する Qlik Connector を Qlik DataTransfer に追加」を参照してください。

データ接続のアップロード

  1. [データ接続] をクリックします。
  2. [追加] をクリックします。
  3. 接続データの名前を入力します。
  4. 宛先を選択します。
  5. 宛先スペースまたはフォルダを選択します。
  6. 必要に応じて、プレフィックスを追加します。

    宛先の QVD ファイル名にプレフィックスが追加されます。

  7. 以下のいずれかを行います。
    • 既存の接続から接続データを追加するには、接続を選択します。
    • 新しい接続を追加するには、[接続の作成] をクリックし、接続タイプを選択して、接続パラメータを入力し、[作成] をクリックします。
  8. ロードするテーブルと項目を選択します。
  9. 必要に応じて、このデータ ソースがアップロードされるたびにリロードするアプリを選択します。
  10. [確認] をクリックします。

Qlik アプリ

Qlik Sense および QlikView アプリ ファイル (QVF および QVW) からデータを抽出してアップロードできます。アプリデータをアップロードすると、Qlik DataTransferQVF または QVW でアプリ データ ロード スクリプトを実行します。次に、バイナリ ロードを使用してすべてのテーブルを抽出し、QVD ファイルに格納します。次に、QVDQlik Cloud にアップロードされます。

情報メモ

QVD ファイルは一時的に C:\ProgramData\Qlik\DataTransfer\DataUpload\qixdata に保存されています。アップロード後、この場所から削除されます。

または、QVD ファイルをローカル フォルダに追加することもできます。このオプションは、 QVD ファイルをクラウドストレージと同期する場合に役立ちます。

アプリ データは、データがアプリに追加される前にデータ変換とロード手順を実行する場合に役立ちます。 例えば、 Qlik Sense Desktop のアプリでデータの増分ロードを実行し、 Qlik DataTransfer を使用して結果のデータを Qlik Cloudにアップロードすると、アプリのパフォーマンスがより効率的になります。

アプリのデータセットを使用して、ローカルの Qlik Sense アプリにロードすることで、Qlik Sense SaaS がアクセスできないデータ ソースにアクセスできるようにすることができます。例えば、Qlik Sense Desktop アプリは OLE DB データ ソースに接続できます。Qlik DataTransfer は、 OLE DB データをデスクトップアプリからアップロードして、 Qlik Cloudにアップロードできます。

Qlik アプリでアプリのデータを管理します。アプリデータを追加、編集、削除できます。アプリのデータを選択して [アップロード] をクリックすることにより、データセットを手動でアップロードすることもできます。アプリのデータセットを選択し、[前回のロードの詳細] を選択すると、前回のデータ アップロードの詳細を表示できます。

Qlik DataTransfer は、Qlik Sense Desktop で作成された QVF ファイルでアップロードする前にのみデータを更新できます。Qlik DataTransfer は、Qlik Sense Enterprise on Windows で作成され Qlik Sense SaaS からダウンロードされた QVF ファイルをアップロードする前に、アプリのデータを更新しません。アップロードする前にダウンロードした Qlik Sense アプリでデータを更新する場合は、接続とデータ ソースを Qlik Sense Desktop のアプリに追加する必要があります。

アプリデータのアップロード

次の手順を実行します。

  1. Qlik アプリ をクリックします。
  2. [追加] をクリックします。
  3. アプリデータの名前を入力します。
  4. 宛先を選択します。
  5. 宛先スペースまたはフォルダを選択します。
  6. 必要に応じて、プレフィックスを追加します。

    宛先の QVD ファイル名にプレフィックスが追加されます。

  7. [次へ] をクリックします。
  8. Qlik アプリ ファイルへのファイルパスを入力し、[確認] をクリックします。

    既定では、Qlik Sense Desktop アプリは C:\Users\%USERPROFILE%\Documents\Qlik\Sense\Apps に保存されます。

    Qlik Sense Enterprise on Windows アプリは、インストール時に構成された共有持続性ストレージ フォルダに保存されます。

    既定では、QlikView アプリは C:\ProgramData\QlikTech\Documents に保存されます

  9. 必要に応じて、このデータ ソースがアップロードされるたびにリロードするアプリを選択します。
  10. [確認] をクリックします。

データフォルダ

Qlik Cloudにアップロードするデータファイルを含むフォルダを選択できます。 Qlik DataTransfer は選択したフォルダを監視します。これらのファイルのデータが変更される、または新しいファイルがフォルダーに追加されると、Qlik DataTransfer は更新されたファイルを Qlik Cloud に自動的にアップロードします。

情報メモネットワークフォルダへの接続が切断された場合、その期間中にフォルダ内で変更されたファイルは、接続が復元されてもすぐにはアップロードされません。これらのファイルは、次回そのネットワークフォルダに新しいファイルが追加されたときがアップロードのトリガーとなり、アップロードされます。Qlik DataTransfer サービスを再起動すると、接続が切断された期間中に変更されたファイルのアップロードもトリガーされます。

Qlik DataTransfer は共有ネットワークフォルダをサポートしますが、マップされたネットワークフォルダはサポートしません。例えば、\\share\data はサポートされます。\\shareZ:\ にマップされている場合、Z:\data はサポートされません。

情報メモ

データフォルダは、スケジュールされたアップロードをサポートしていません。Qlik DataTransfer は、データフォルダでファイルが追加または変更されたときにデータをアップロードします。

Qlik DataTransfer は、選択したフォルダとそのサブフォルダ内のファイルを監視してアップロードします。既定では、ファイルは Qlik Cloud にアップロードされるときにフォルダ名のプレフィックスが付けられます。例えば、監視対象のフォルダが My Folder の場合です。このフォルダには、サブフォルダ My SubFolder 内のファイル Sample.csv が含まれています。Qlik Cloud にアップロードされたファイル名は My Folder_My Subfolder_Sample.csv です。カスタム プレフィックスを追加することも、プレフィックスを使用しないことを選択することもできます。

データフォルダでデータフォルダを管理します。フォルダを追加したり、選択したフォルダを編集または削除したりできます。データフォルダを選択して [アップロード] をクリックすることにより、データフォルダファイルを手動でアップロードすることもできます。

データフォルダのアップロード

次の手順を実行します。

  1. Qlik DataTransfer で、[データフォルダ] を選択します。
  2. [追加] をクリックします。
  3. 名前を入力します。
  4. ファイルシステム上のフォルダへのフルパスを入力します。
  5. 宛先スペースを選択します。
  6. 必要に応じて、このデータ ソースがアップロードされたときにリロードするアプリを選択します。
  7. プレフィックス タイプを選択します。

    宛先のファイル名にプレフィックスが追加されます。既定ではファイルが Qlik Cloud にアップロードされると、プレフィックスフォルダ名が付けられます。

  8. [確認] をクリックします。

アップロードのスケジュール

アプリと接続データセットの自動アップロードを定期的にスケジュールできます。データ ソースに依存するアプリを選択した場合、それらはスケジュールされたアップロードの後に自動的にリロードされます。

タスクを選択して Last execution details (前回実行の詳細) をクリックすると、前回のアップロードの詳細を表示できます。アプリ データセットを選択し、[前回のロードの詳細] を選択すると、前回のデータ アップロードの詳細を表示できます。ログは、C:\ProgramData\Qlik\DataTransfer\Log から利用可能です。

  1. Qlik DataTransferで、 [スケジュールされたアップロード] を選択します。
  2. [追加] をクリックします。
  3. 名前を入力します。
  4. アップロードするデータ ソースを選択します。
  5. 繰り返し間隔を選択し、日付と時刻を指定します。
  6. [保存] をクリックします。

制限事項

Qlik DataTransfer には次の制限があります。

  • Qlik DataTransfer は最大 6 GB のサイズのファイルをアップロードできます。

  • データセットごとに最大 200 のテーブルまたはファイルをアップロードできます。データセットに 200 を超えるテーブルまたはファイルがある場合、最初の 200 のみがアップロードされます。例えば、データ接続または Qlik アプリで 200 を超えるテーブルを選択した場合、または 200 を超えるファイルを含むデータフォルダを追加した場合などです。
  • ファイルのアップロード時に 10,000 秒の自動タイムアウトがあります。各ファイルのアップロードは、そのタイムアウト内に完了する必要があります。
  • Qlik DataTransfer は、Essbase または Dropbox 内のファイルへの接続をサポートしていません。
  • データフォルダから削除されたファイルは、アップロード先のスペースから手動で削除する必要があります。
  • Qlik DataTransfer は、Qlik Sense Desktop で作成された場合にのみ、QVF ファイル内のデータをリロードできます。Qlik DataTransfer がサーバーにインストールされている場合は、QVF ファイルをサーバーにコピーする必要があります。QVF ファイルで使用されるすべてのデータ ソースは、Qlik DataTransfer によってサーバー上で実行されるときに、QVF ロード スクリプトにアクセスできる必要があります。

  • アプリのデータ ソースが新しいデータで更新されても、QlikView アプリは Qlik DataTransfer によって自動的にリロードされません。Qlik DataTransferQlik Cloud にデータをアップロードするには、QlikView アプリを手動でリロードして保存する必要があります。

  • Qlik DataTransfer はウェブ プロキシの使用をサポートしていません。システムでプロキシを使用する場合は、Qlik DataTransfer 専用のプロキシ バイパス ルールを追加する必要があります。