メイン コンテンツをスキップする

ユーザー インターフェース内での移動

Qlik Cloud を使用して Data Analytics アプリケーションを構築し、探索します。

クラウド ハブ

クラウド ハブは開始点です。アプリを操作し、データを見つけて探索し、アプリのコレクションを作成します。

権限に応じて、アプリの作成と共有、アプリのアップロード、データ ファイルの追加とロード、データ接続の作成なども実行できます。

詳細については、次を参照してください

Qlik Sense クラウド分析ハブのホーム画面

アプリ概要

ハブからアプリを開くと、アプリ概要が表示されます。

シート、ストーリ、ブックマークなど、アプリに含まれているコンテンツすべてを表示し、異なる表示の間を移動します。

詳細については、次を参照してください

Qlik Sense クラウド UI のアプリ概要

Insight Advisor

Insight Advisor を使用すると、データの探索と分析の作成ができます。

Insight Advisor はアプリ内でビジュアライゼーションと分析を行うために Qlik コグニティブエンジンとアプリデータの論理モデルを使用します。Insight Advisor はアプリ作成者として、アプリ コンテンツの作成を支援します。Insight Advisor は、アプリを分析に使用するビジネスユーザーとして、アプリで利用できるもの以外の分析を作成するのに役立ちます。

詳細については、「Insight Advisor でのビジュアライゼーションの作成」を参照してください。

Insight Advisor

データの管理

データ マネージャー、データ カタログ、データ ロード エディター、およびデータ モデル ビューアを使用してデータをロードし、管理します。

データマネージャー

データ マネージャーでスクリプトを使用することなく、データ ソースを追加し、データをロードします。

手動で、または関連付けビューにある推奨に基づいてデータを関連付けます。テーブル ビューで、テーブルを表示し、操作します。

詳細については、「データ マネージャー」を参照してください。

Qlik Sense クラウド UI のデータ マネージャー

データ カタログ

データ カタログを使用して、アクセスできるファイルからデータをロードします。

アクセスできるすべてのデータ ファイルからロードするデータを表示および選択します。データマネージャー または データ ロード エディター のデータを関連付けて操作します。

詳細については、「データ カタログからのデータのロード」を参照してください。

データ ロード エディター

データ ロード エディターでスクリプトを使用して、データをロードします。

スクリプトは手動で編集することも、またはデータ マネージャーによって生成することもできます。複雑なスクリプト ステートメントを使用する必要がある場合は、手動で編集する必要があります。

詳細については、「データ ロード エディター」を参照してください。

Qlik Cloud UI のデータ ロード エディター。

Qlik Cloud UI のデータ ロード エディター。

データ モデル ビューアー

データ モデル ビューアのアプリに追加したデータのデータ構造を表示します。

データをプレビューしてテーブルまたは項目のメタデータを表示し、項目から軸とメジャーを作成します。

詳細については、「データ モデル ビューアー」を参照してください。

Qlik Sense クラウド UI のデータ モデル ビューア

詳細を見る