メイン コンテンツをスキップする

ユーザー インターフェースの操作

デスクトップ コンピュータでもモバイル機器でも、十分に活用して簡単に検索できるようにするには、Qlik Sense ユーザー インターフェースの操作方法を理解しておく必要があります。

次の内容を説明します。

  • 小型画面でのアプリ体験

    小さな画面での探索方法について学ぶ

  • のアクセス性Qlik Sense

    アクセス性には、高コントラストの既定の配色、キーボード ナビゲーションとショートカット、スクリーン リーダーのサポートが含まれます。

  • のキーボード ナビゲーションとショートカットQlik Sense

    キーボードを使用して、ハブ、アプリ概要、ツールバー、シート、データ、ビジュアライゼーションをナビゲートできます。

  • タッチ ジェスチャ

    Qlik Sense はモバイル機器とハイブリッド デバイスでのタッチ ジェスチャをサポートします。

  • タッチ式デバイスのロングタッチ メニュー

    タッチ式デバイスまたはタッチ スクリーンのあるコンピュータで作業する際は、ビジュアライゼーションをロングタッチするとオプション メニューが開きます。

  • 操作を元に戻す/やり直す

    シート表示またはストーリーテリング ビューで編集を行う際には、ユーザー インターフェースまたはキーボード ショートカットを使用すると、操作を元に戻したり、やり直したりすることができます。

詳細を見る