メイン コンテンツをスキップする

Qlik Sense Mobile SaaS による分析の探索

Qlik Sense Mobile SaaS アプリを使用し、Qlik Sense Enterprise SaaS または Qlik Sense Business テナントで使用できる Qlik Sense アプリにアクセスして使用します。

情報メモQlik Sense Mobile SaaS アプリは、使用可能な場合には Wi-Fi を使用します。Wi-Fi を使用できない場合、アプリはセルラー データの使用を試みます。アプリがセルラー データを使用しないようにするには、デバイスのセルラー データを無効にします。

Qlik Sense Mobile SaaS でアプリを開いた場合は、上部にシートが表示されます。シートのタイトルをスワイプして、次または前のシートに移動します。シートのタイトルをタップして、公開およびプライベート シートにより整理されたシートのリストを取得します。

Qlik Sense Mobile SaaS は、縦向きと横向きモードの両方で使用できます。

選択を行うことができ、Appleデバイスでは他の人とビジュアライゼーションを共有できます。

下部には、選択やブックマークに使用するツールバーがあります。選択ツールを拡張し、軸や項目の検索、現在の選択の表示、項目での選択を行うことができます。ブックマーク をタップしてブックマーク モジュールを開きます。

ビジュアライゼーションの操作

ビジュアライゼーションをタップするとアクティブになります。ビジュアライゼーションがアクティブになると、選択することができます。Apple デバイスでは、ブックマーク をタップしてビジュアライゼーションを他の人と共有します。

選択を行うには、それぞれのビジュアライゼーションをタップして中で線や円を描きます。

選択を行うと、関連するすべてのビジュアライゼーションが即座に更新され、選択が反映されます。選択を確定するには をタップします。選択をキャンセルするには キャンセル をタップします。

デフォルトで、ビジュアライゼーションの新しい選択は前の選択に追加されます。アイテムの選択を解除するには、そのアイテムをタップします。

連想選択モデル

選択オプション

ツリーマップとビュー データ テーブルの相互作用

Qlik Sense Mobile SaaS では、ツリーマップやビュー データ テーブルなどのジェスチャ アイコン ジェスチャ のあるチャートは、全画面表示モードにならずにチャートで直接選択できること、リーフ ノードを長押しすることでツールヒントをアクティブ化できることをユーザーに示します。タイトル バーをタップすると、チャートの全画面表示モードになります。

[詳細] をタップして、データをテーブルとして表示するために選択できるメニューを表示し、ハブでのビジュアライゼーションを監視します。Apple デバイスでは、ビジュアライゼーションを他のユーザーと共有することもできます。

データ テーブルの表示では、メジャーと軸のソート、列のサイズ変更、テーブルの全画面表示モードへの移行、および選択を行うことができます。

ツリーマップ データをテーブルとして表示するには、[データの表示] を選択します

テーブル形式のデータ

フィルター パネルとの相互作用

シートの [小さい画面用のレイアウト] が [リスト ビュー] に設定されている場合、フィルター パネルはシートにレンダリングされませんが、[選択] パネルの [シート フィルター] セクションから利用できます。

シートの [小さい画面用のレイアウト] が [グリッド ビュー] に設定されている場合、フィルター パネルがシートにレンダリングされます。

情報メモ小さい画面用のレイアウトは、Qlik Cloud のシート プロパティで設定できます。[シートを使用したアプリの構成] を参照してください。

選択ツールの使用

Qlik Sense Mobile SaaS 選択ツールにはアプリの軸と項目すべての概要が表示されます。また、選択されたデータのより詳細なビューが表示されるため、使用されていない軸の関連性を調べることができます。

分析の期間中は、[適用された選択] を展開して選択ビューを開きます。

選択ツールは次の 3 つのセクションに分割されています:現在の選択条件マスター アイテム使用可能な選択条件。現在の選択条件セクションには、アクティブな選択データを持つ項目が表示されます。[マスター アイテム] セクションには、アプリに含まれるすべてのマスター アイテムが表示されます。 [使用可能な選択条件] セクションには、アクティブな選択がないすべてのディメンションが表示されます。すべてのセクションはアルファベット順にソートされます。

選択ツール

Qlik Sense Mobile SaaS 選択ツール

選択ツールには、軸と項目の数が多い場合に便利な検索ボックスがあります。検索は、項目または軸タイトル別に行うことができます。検索文字列としては 1 語以上の単語または単語の一部を使用できます。検索では、大文字と小文字が区別されませんが、完全一致の文字列だけが表示されます。

いくつかの選択を連続して行うことができます。 をタップして選択を確定します。これらの軸は [現在の選択条件] まで上に移動します。

キャンセル をクリックすると、項目内の選択をクリアできます。選択をクリアした項目は [使用可能な選択条件] まで下に移動します。

ブックマークの選択

データを分析して何か興味深いものを見つけ、後でそれに戻る場合や他と共有する場合にブックマークを使用します。

ブックマークでは、選択内容と特定のシートの場所が保存されます。ブックマークにより、後から開いて選択を以前の状態に復元することもできます。ブックマークした選択内容を、ブックマークの作成に使われたシートと同じデータを持つシートに適用します。

通常、ブックマークはクラウド ハブで作成されます。「選択のブックマーク」を参照してください。

Qlik Sense Mobile SaaS で基本ブックマークを作成することもできます。

Qlik Sense Mobile SaaS におけるブックマークの作成

次の手順を実行します。

  1. ブックマークとして保存するシートを選択します。

  2. ツールバーで ブックマーク をタップします。

  3. [ブックマークの作成] をタップします。

  4. タイトル: ブックマーク タイトルを入力します。

    警告メモすでに並列ステートが使用している名前は使用しないでください。
  5. 説明: ブックマークの説明を入力します。
  6. [作成] をクリックします。

Qlik Sense Mobile SaaS におけるブックマークの編集

Qlik Sense Mobile SaaS でブックマークのタイトルと説明を編集できます。

次の手順を実行します。

  1. ツールバーで ブックマーク をタップします。

  2. 編集するブックマークで ブックマーク をタップします。

  3. [編集] をタップします。

Qlik Sense Mobile SaaS におけるブックマークの削除

Qlik Sense Mobile SaaS でブックマークを削除できます。

次の手順を実行します。

  1. ツールバーで ブックマーク をタップします。

  2. 削除するブックマークで ブックマーク をタップします。

  3. [削除] をタップします。