メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

SaaSアプリケーションへの接続

Qlik Cloud データ統合 では、多数の SaaS アプリケーションからデータをランディングできます。

サポート対象のすべてのアプリケーションを確認するには、Supported SaaS applications にアクセスしてください。

Qlik Sense Enterprise SaaS Government メモQlik Cloud Government は、SaaS アプリケーションへの接続をサポートしていません。

増え続けるクラウド アプリケーション ソース用のコネクタを迅速に開発するために、Qlik は標準 API と生成 AI テクノロジーを使用して Qlik Cloud データ統合 用のアプリケーション コネクタを作成しています。

データ整合性、セキュリティ、信頼性を考慮して、開発作業は既存のコネクタと同じガイドラインに従います。ただし、納期を短縮するために、これらのコネクタは特定のユース ケース向けに構築され、包括的なユース ケースの対象となるまではプレビューとしてタグ付けされることが多くあります。

データ コネクタと、プレビューとしてタグ付けされたアプリケーション コネクタの主な違い。
  データ コネクタ アプリケーション コネクタ
ユース ケース 完全またはほぼ完全なユース ケースを対象とする。 部分的または特定のユース ケースを対象とする。
タグ付け タグ付けなし (プレビュー)
SLA (サービス レベル アグリーメント) 価格プランに基づく完全な SLA。

価格プランに基づく完全な SLA。

応答時間が短縮される可能性があります。

スキーマ設計プロセス ネイティブ SQL を使用した自動検出。 アプリケーション API を使用。
新しいコネクタのリクエスト 既存のサポート マトリックスと戦略的ロードマップを参照してください。 アカウントまたはカスタマー サクセス マネージャーに問い合わせてください。
価格 毎月の使用容量に基づく。 毎月の使用容量に基づく。

このビデオでは、SaaS アプリケーションへの接続について説明します。

SaaS アプリケーションへの接続

SaaS アプリケーションに接続するには、データ ゲートウェイ - データ移動 を設定する必要があります。詳細については、「Qlik データ ゲートウェイ - データ移動」を参照してください。

  1. SaaS アプリケーションに接続する最初のステップとして、データ ソースにアプリケーション接続を追加します。これには複数の方法があります。

    • ソース接続がリストされている [接続を作成] をクリックし、[アプリケーション接続] をクリックします。

    • 上部にあるバーで [新規追加] をクリックし、 [アプリケーション接続] をクリックします。

  2. 接続するデータ ソースの種類を選択します。

  3. 接続の詳細を入力して、接続を認証します。接続の詳細と認証プロセスは、SaaS アプリケーションごとに異なります。

    詳細については、SaaSアプリケーションへの接続 に移動してデータ ソースを選択してください。

    [接続メタデータを開く] を選択し、準備ができたら [作成] をクリックします。

  4. メタデータ マネージャーが表示され、接続のメタデータを定義できます。

    [メタデータを生成] をクリックして、ソース データのサンプリングに基づいてメタデータを作成します。

    メタデータのロードの詳細については、「メタデータを生成するためのデータ スキャン」を参照してください。

    ヒント メモ[メタデータをインポート] をクリックして、すでに生成されているメタデータ定義をインポートすることもできます。詳細については、「メタデータのエクスポートとインポート」を参照してください。
  5. 使用するソース データセットを選択して、[OK] をクリックします。

  6. データをスキャンするためのオプションを選択します。フル スキャンまたはクイック スキャンを実行できます。

    フルスキャンのほうが正確ですが、処理に時間がかかる場合があります。フル スキャンを選択した場合、このデータはデータをランディングするときの初期ロードで使用されます。

    既定のメタデータを設定することもできます。

    準備ができたら、[メタデータを生成] をクリックします。

メタデータの生成が完了したら、ランディング タスクまたはオンボーディング タスクで接続を使用できます。

変更処理

2 つの異なる更新方法を使用して、SaaS アプリケーションからデータをランディングできます。更新方法は、ランディング データ タスクの [設定] で設定します。ランディング データ タスクが準備されると、更新方法の変更はできません。

  • 変更データキャプチャ (CDC)

    フル ロードでランディングを開始します。ランディングされたデータは、日付項目に基づいた増分ローディングによって最新に保たれます。CDC は、すべてのデータ ソースでサポートされていない可能性があります。

    情報メモ削除はサポートされていません。つまり、ソースで行が削除されても、ランディング データでは削除されません。削除処理が重要な場合は、代わりに [リロードして比較] を使用してください。

    [設定] > [実行時間] で、ランディング データ タスクのソースから変更を読み取る間隔を設定できます。

  • リロードして比較

    ランディングはソースからのみフル ロードを実行します。これは、ソースが CDC をサポートしていない場合に役立ちますが、サポートされている任意のデータ ソースで使用できます。

    リロードを定期的にスケジュールできます。

制限事項

SaaS アプリケーションによって返される一部のテーブルは、変更データ キャプチャ (CDC) でサポートされていません。この場合、[検証エラー] に警告メッセージが表示されます。次のいずれかの方法が可能です。

  • データ タスクからテーブルを削除します。

  • データ タスクの更新方法を [リロードして比較] に変更します。

メタデータの管理

データ ソースへの接続を作成するときは、含まれるデータセットのメタデータも定義する必要があります。メタデータは、適切なターゲット テーブルを正規化して定義するためのスキーマを生成するときに使用されます。メタデータを使用すると、ターゲットへのレプリケーションで使用する列を選択できます。ネストされた構造がソースから返されると、出力テーブルは正規化され、データの粒度は保持されます。

次のいずれかの方法が可能です。

  • ソーステーブルからデータをサンプリングしてメタデータを生成します

  • 同じタイプのデータ ソースを持つ接続からエクスポートされたメタデータをインポートします。

[データ接続] で管理する接続の [メタデータ] をクリックすると、接続のメタデータを管理できます。

メタデータを生成するためのデータ スキャン

メタデータを生成するときに、データのフル スキャンを実行するか、[メタデータ ローディング] でクイック スキャンを実行するかを選択できます。

  • [フル データ スキャン] のほうが正確ですが、処理に時間がかかる場合があります。

  • [クイック データ スキャン] は、データのサンプルに基づきます。こちらのほうが短時間ですが、精度は劣ります。[データ サンプルの数] を使用して、スキャンで使用するデータ サンプルの数を選択できます。精度を向上させるには、数値を上げます。

    データ サンプルに含まれるレコードの数は、使用されるデータ ソースに応じて異なります。

[文字列のサイズ] の設定方法も選択できます。

  • 固定

    固定文字列のサイズを 1 ~ 10000 の範囲で設定します。

  • データ値に基づく

    文字列のサイズを、データ サンプルの項目で観測された最長値に、乗算の値を掛けた値に設定します。

    サンプルのすべての行で項目が空の場合、文字列のサイズは、値がない場合の既定サイズの値に設定されます。

データセットの選択

メタデータにデータセットを追加できます。

  • [データセットを選択] をクリックします。

    メタデータに追加するデータセットを選択できるようになりました。メタデータにデータセットがすでに含まれている場合は、リロードされます。

    終了したら、[OK] をクリックします。

データセットの削除

  • メタデータからデータセットを削除するには、データセット上で [...] をクリックし、[削除] をクリックします。

データセットの列の編集

データセットの列を編集して、キーとして設定すること、NULL にすること、またはデータ型を変更することができます。

  1. データセットを選択します。

  2. 編集する列を選択します。

  3. [編集] をクリックします。

データセットの列の削除

  1. データセットを選択します。

  2. 削除する列を選択します。

  3. [削除] をクリックします。

メタデータのエクスポートとインポート

接続からメタデータをエクスポートし、別の接続にインポートできます。

  • [メタデータをエクスポート] をクリックしてメタデータをエクスポートします。

  • [メタデータをインポート] をクリックして、エクスポートされたメタデータ ファイルからメタデータを追加します。メタデータ ファイルは、同じ種類のデータ ソースからエクスポートされている必要があります。同じ名前のテーブルが存在する場合は、インポート時にスキップするか、既存のメタデータを上書きできます。

メタデータのリロード

ソース データに構造的な変更があった場合は、接続のメタデータをリロードする必要があります。

  • すべてのデータセットのメタデータをリロードするには、[メタデータをリロード] をクリックします。

  • 特定のデータセットをリロードするには、データセット上で [...] をクリックし、[メタデータをリロード] をクリックします。

メタデータのロードの詳細については、「メタデータを生成するためのデータ スキャン」を参照してください。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。