メイン コンテンツをスキップする

データレプリケーションタスクの作成

データ レプリケーションには、ソース プラットフォームとターゲット プラットフォーム間のデータ移動の自動化が含まれます。

レプリケーションのユース ケースには、次の 2 種類があります。

データをレプリケートする

サポートされているソースからサポートされているターゲットにデータをレプリケートします。CDC を使用してデータを変換し、常に最新の状態に保つことができます。

データ レイクにデータをランディング

サポートされているソースから Amazon S3 バケットにデータをレプリケートします。CDC を使用してデータを変換し、常に最新の状態に保つことができます。

 

 

 

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。