メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

データ パイプラインのエクスポートとインポート

データ プロジェクトを再構築するために必要なすべてを含め、データ パイプラインを JSON ファイルにエクスポートできます。エクスポートされた JSON ファイルは、同じテナントにも別のテナントにもインポート可能です。例えば、これを使って、データ プロジェクトを別のテナントに移動することや、データ プロジェクトのバックアップ コピーを作成することができます。JSON エクスポート ファイルからデータ プロジェクトを更新することもできます。

ヒント メモ

Qlik は新しいナビゲーション エクスペリエンスをリリースしましたが、現在はオプションです。テナント管理者が新しいナビゲーションをオンにしている場合:

  • データ統合にアクセスするための Launcher メニュー () は左上にあります。
  • 以前は [新規追加] ボタン (削除されました) を使用して実行されていたアクションは、特定のコンテキスト (たとえば、データ統合 >   接続) に切り替えて [作成 <object>] ボタンをクリックすることによって実行されるようになりました。

変更の詳細な説明については、「新しい Qlik Talend データ統合 プラットフォーム ナビゲーション」を参照してください

データ プロジェクトのエクスポート

  • データ統合 のホームで、エクスポートするデータ プロジェクトの をクリックして、[エクスポート] を選択します。

プロジェクトは JSON ファイルにエクスポートされ、ファイル名にはプロジェクト名、データ プラットフォーム、日付と時刻が含まれます。

警告メモエクスポートされた JSON ファイルは編集しないでください。プロジェクト ファイルをインポートできなくなる可能性があります。

クラウド データ ウェアハウス プロジェクトのインポート

情報メモこのセクションでは、データ プラットフォームとしてクラウド データ ウェアハウスを使用したプロジェクトのインポートについて説明します。データ プラットフォームとして Qlik Cloud (Amazon S3 経由) を使用したプロジェクトのインポートについては、「データ プラットフォームとして Qlik Cloud を使用したプロジェクトのインポート」を参照してください。

エクスポートされたクラウド データ ウェアハウス プロジェクトは、エクスポート元の同じテナントにも別のテナントにもインポート できます。プロジェクトを元のプロジェクトではなく別のテナントにインポートする場合、そのプロジェクト、ステージング エリア、および全データ ソースに使用する新たな接続を定義する必要があります。

ヒント メモ

Qlik は新しいナビゲーション エクスペリエンスをリリースしましたが、現在はオプションです。テナント管理者が新しいナビゲーションをオンにしている場合:

  • データ統合にアクセスするための Launcher メニュー () は左上にあります。
  • 以前は [新規追加] ボタン (削除されました) を使用して実行されていたアクションは、特定のコンテキスト (たとえば、データ統合 >   接続) に切り替えて [作成 <object>] ボタンをクリックすることによって実行されるようになりました。

変更の詳細な説明については、「新しい Qlik Talend データ統合 プラットフォーム ナビゲーション」を参照してください

使用するデータ プラットフォームを変更することはできますが、データ プラットフォームをクラウド データ ウェアハウスから Qlik Cloud に変更することはできません。

  1. データ統合 のホームで [新規追加] をクリックし、[プロジェクトをインポート] を選択します。

  2. プロジェクト JSON ファイルを追加します。ダイアログにドロップすることも、参照してファイルを選択することもできます。

  3. 名前

    プロジェクトの名前を変更します。デフォルトの名前は、元のプロジェクト名に Imported_ がプレフィックスとして付きます。

  4. スペース
    プロジェクトを追加するスペースを選択します。

  5. 説明
    プロジェクトの説明を追加または編集します。

  6. データ プラットフォーム

    プロジェクトのデータ プラットフォームを変更できます。

  7. データ接続

    データ プラットフォームへの接続を変更できます。

    これは、プロジェクトを別のテナントからインポートした場合、または前のステップでデータ プラットフォームを変更した場合に必要です。

  8. ステージング エリアへの接続

    ステージング エリアへの接続を変更できます。

    これは、プロジェクトを別のテナントからインポートした場合に必要であり、前のステップでデータ プラットフォームを変更した場合にも必要となることがあります。

    情報メモこれは、データ プラットフォームが Snowflake の場合は必要ありません。
  9. インポートしたソース接続を置換
    インポートしたソース接続を置換できます。

    これは、プロジェクトを別のテナントからインポートした場合に必要です。

  10. データ スキーマ プレフィックス

    プロジェクトで作成されたデータ スキーマにプレフィックスを追加できます。これは、インポートしたプロジェクトがエクスポートしたプロジェクトと同じクラウド データ ウェアハウスにある場合に便利です。

  11. インポートされたソース データベースとスキーマを置き換える

    ランディング タスクのソース スキーマ、および登録データのソース データベースとスキーマを置き換えることができます。

    タスクを選択し、新しいスキーマ新しいデータベースの値を置き換えます。

  12. 既定のデータベース名

    データ プラットフォームが Snowflake または Microsoft Azure Synapse Analytics の場合、既定のデータベース名を変更できます。

  13. 既定のウェアハウス名

    データ プラットフォームが Snowflake の場合、既定のウェアハウス名を変更できます。

  14. 準備ができたら、[アップロード] をクリックします。

プロジェクトが データ統合 ホームに追加されます。

データ プラットフォームとして Qlik Cloud を使用したプロジェクトのインポート

エクスポートされた Qlik Cloud (Amazon S3 経由) プロジェクトは、エクスポート元の同じテナントにも別のテナントにもインポートできます。プロジェクトを元のテナントではなく別のテナントにインポートする場合、そのプロジェクト、ステージング エリア、および全データ ソースに使用する新たな接続を定義する必要があります。

ヒント メモ

Qlik は新しいナビゲーション エクスペリエンスをリリースしましたが、現在はオプションです。テナント管理者が新しいナビゲーションをオンにしている場合:

  • データ統合にアクセスするための Launcher メニュー () は左上にあります。
  • 以前は [新規追加] ボタン (削除されました) を使用して実行されていたアクションは、特定のコンテキスト (たとえば、データ統合 >   接続) に切り替えて [作成 <object>] ボタンをクリックすることによって実行されるようになりました。

変更の詳細な説明については、「新しい Qlik Talend データ統合 プラットフォーム ナビゲーション」を参照してください

データ プラットフォームを Qlik Cloud から Snowflake などのクラウド データ ウェアハウスに変更することはできません。

  1. データ統合 のホームで [新規追加] をクリックし、[プロジェクトをインポート] を選択します。

  2. プロジェクト JSON ファイルを追加します。ダイアログにドロップすることも、参照してファイルを選択することもできます。

  3. 名前

    プロジェクトの名前を変更します。デフォルトの名前は、元のプロジェクト名に Imported_ がプレフィックスとして付きます。

  4. スペース
    プロジェクトを追加するスペースを選択します。

  5. 説明
    プロジェクトの説明を追加または編集します。

  6. QVD ファイルを次の場所に保存します:

    QVD ファイルの生成場所を選択します。

    • Qlik 管理ストレージ

    • 顧客管理ストレージ

      自分で管理している Amazon S3 ストレージ。

  7. データ接続

    [顧客が管理するストレージ] を選択すると、接続を Amazon S3 ストレージ エリアに変更できます。

    これは、プロジェクトを別のテナントからインポートした場合に必要です。

  8. ステージング エリアへの接続

    Amazon S3 ステージング エリアへの接続を変更できます。

    これは、プロジェクトを別のテナントからインポートした場合に必要であり、前のステップでデータ プラットフォームを変更した場合にも必要となることがあります。

  9. インポートしたソース接続を置換
    インポートしたソース接続を置換できます。

    これは、プロジェクトを別のテナントからインポートした場合に必要です。

  10. 準備ができたら、[アップロード] をクリックします。

プロジェクトが データ統合 ホームに追加されます。

プロジェクトの更新

JSON エクスポート ファイルからプロジェクトを更新できます。これにより、データ パイプラインのすべてのタスクが置き換えられますが、接続と設定は置き換えられません。インポートされたプロジェクトに含まれていないデータ タスクは削除されます。

例えば、開発データ スペースからエクスポートされたプロジェクトを実稼働データ スペースのプロジェクトにインポートして、実稼働プロジェクトを更新できます。

プロジェクトの更新を開始する前に、次を実行します。

  • 更新する前にプロジェクトのバックアップが必要な場合は、[]、[エクスポート] の順にクリックしてエクスポートします。

  • プロジェクトを更新する前に、データ パイプラインから削除されるすべてのタスクを停止する必要があります。

  • プロジェクトがまだ存在しない SaaS アプリケーション接続を使用する場合は、インポートを開始する前に接続を作成し、メタデータを生成する必要があります。

  • インポートされたプロジェクトが同じクラウド データ プラットフォーム (Snowflake など) を使用していることを確認してください。

プロジェクトを更新するには、次を実行します。

  1. 更新するプロジェクトを開きます。

  2. []、[インポート] の順にクリックします。

  3. インポートする JSON ファイルを選択またはドロップします。

  4. プロジェクトとインポートされたプロジェクトの間で異なるマッピング接続に、必要な変更を加えます。

    例えば、インポートされたプロジェクトは SQL1 という名前のソース接続を使用しており、プロジェクトは SQL2 という名前の同様の接続を使用している場合などがあります。この場合、[インポートしたソース接続を置換] で、インポートされた接続を SQL2 にマップします。

    情報メモマップする接続を選択するときは、新しいデータベース接続を作成できますが、SaaS アプリケーション接続は作成できません。

    準備ができたら、[インポート] をクリックします。

インポートされた JSON ファイルに従って、プロジェクトが更新されます。インポートによって更新されたデータ タスクの検証および同期が必要になる場合があります。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。