メイン コンテンツをスキップする

視覚的な探索

視覚的な探索メニューを使用すると、シートの選択や編集を行うことなく、ビジュアライゼーションの特定のプロパティを変更できます。たとえば、データを変更し、軸やメジャー別にデータや色を並び替え、ラベルの表示方法を変更できます。

視覚的な探索メニューの使用方法に関するビジュアルデモに関しては、 視覚的な探索を参照してください。

情報メモ視覚的な探索メニューは、棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフ、散布図、ツリーマップ、ボックス プロット、分布プロット、マップ、コンボ チャートなどのビジュアライゼーションで使用できます。
散布図ビジュアライゼーションでの視覚的な探索メニューの例

[プレゼンテーション] タブが開いた状態の視覚的な探索メニュー。

視覚的な探索メニューを使用したプロパティの変更

  1. 分析する場合は、変更するビジュアライゼーションにマウスを合わせます。
  2. ビジュアライゼーションの右上にある メニュー をクリックするか、ビジュアライゼーションを右クリックして [探索メニュー] を選択します。
  3. 変更するプロパティを更新します。
  4. メニューを閉じて変更を保存するには、コントロール をクリックします。このセッション中に変更が保存されます。

    将来使用するため変更を保存 (およびプロパティ パネルで更新) するには、[適用] をクリックします。このボタンは、マスター アイテムでない、またはマスター アイテムにリンクしていない やビジュアライゼーション、およびシートを編集する権利のあるユーザーについてのみ利用できます。

    情報メモ[適用] をクリックして変更を保存しなかったり [破棄] をクリックして変更を破棄した後に、[編集] をクリックしてシートを変更しようとすると、シートの分析時に行った変更の維持または破棄を選択するよう求めるメッセージが表示されます。

視覚的な探索メニューを使用したデータの変更

代替軸またはメジャーを使用している場合、視覚的な探索メニューでビジュアライゼーション データを変更できます。ビジュアライゼーションで表示する軸またはメジャーをクリックするだけで変更できます。選択には 目盛り が付けられます。

情報メモ代替軸および代替メジャーは、ビジュアライゼーションに追加される軸およびメジャーですが、視覚的な探索の間に表示される軸およびメジャーの切り替えをユーザーが行うまで表示されません。
データ変更時の視覚的な探索メニューの例

データ タブが開いた状態の視覚的な探索メニュー。

視覚的な探索メニューを使って、時系列の予測を探索する

視覚的な探索メニューで、折れ線グラフの時系列予測プロパティを変更できます。

時系列予測を変更する際の視覚的な探索の例

予測なしの折れ線グラフのためにデータ タブが開いた状態の視覚的な探索メニュー

[] については、次のプロパティを調整することができます。

  • フォアキャスト ステップ: フォアキャストのステップ数を入力します。

  • ステップ サイズ: 各ステップに乗じる数値を入力します。

  • ステップ ユニット: 時間または数字の間隔を選択します。

[メジャー] については、次のプロパティを調整することができます。

  • フォアキャスト: 折れ線グラフで予測をオン/オフにします。

  • Method: 予測方法を選択します。

    • SSA: 特異スペクトル分析 (SSA) は、トレンドだけでなくノイズや季節性も識別します。SSA は、周期的または振動的な動作を伴うトレンドを予測するための最良のオプションです。

    • OLS: 通常の最小二乗 (QLS) は、観測された従属変数と予測された従属変数の差の2乗の合計を最小化することによってトレンド ラインを計算します。OLS は、データの直線的な傾向を見たい場合に最適なオプションです。

    予測方法の詳細については、[OLS および SSA 法] を参照してください。