メイン コンテンツをスキップする
接続と新しいファイルからのアプリへのデータの追加

このページ上

関連する学習

接続と新しいファイルからのアプリへのデータの追加

アプリにデータをすばやく追加できます。 データ マネージャーを開き、追加 [データの追加] > [ファイルおよびその他のソース] をクリックします。トップ バーの ナビゲーション にある [データの追加] をクリックすることもできます。 新しいアプリを作成する場合には、データを追加するよう要求するプロンプトも表示されます。 シートを編集する場合には、[項目] パネルで [追加] をクリックしてデータを追加することもできます。

情報メモ使用できるデータの追加オプションとデータ ソースは、使用する Qlik Sense プラットフォームと構成によって決まります。
データ ビューの追加

データ ビューの追加

アプリ内

手動入力。アプリ内テーブルを作成し、アプリにデータを追加する場合にクリックします。

既存の接続

既存の接続とファイルの場所は、スペースごとに表示できます。ドロップダウン リストを使用して、データを追加したいスペースを選択します。

ファイルの場所

[データ ファイル]:  データ ファイルをアップロードする場合、またはすでにアップロードされているファイルのデータを追加する場合にクリックします。

データ接続

外部のデータ ソースに対して作成された接続を表示します。この接続は、作成された後に [新しいデータ ソースへの接続] に表示されます。

接続をクリックして、アプリにデータを追加します。

データの追加

アプリにデータを追加する場合にクリックし、このボタンは、接続を作成し、ロードするデータを選択した後に有効になります。クリックして、アプリにデータを追加します。 プロファイリングは有効でも無効でもデータを追加できます。データ プロファイリングは推奨されており、デフォルトで有効です。詳細 をクリックしてデータ プロファイリングを無効にします。