メイン コンテンツをスキップする

set 演算子を使った set 修飾子

このページ上

set 演算子を使った set 修飾子

set 演算子は、さまざまな要素セットを含めたり、除外したり、交差させたりするために使用されます。これらは、さまざまなメソッドを組み合わせて要素セットを定義します。

演算子は set 識別子に使用されるものと同じです。

演算子
演算子 説明
+ Union。この二項演算子は、2 つの SET オペランドのいずれかに属するレコードまたは要素を含むセットを返します。
- Exclusion。この二項演算子は、2 つのうち最初の SET オペランドにのみ属するレコードまたは要素を含むセットを返します。また、単項演算子として使用する場合は、補集合を返します。
* Intersection。この二項演算子は、両方の SET オペランドに属するレコードまたは要素を含むセットを返します。
/ 対称差演算子 (XOR)。この二項演算子は、2 つの SET オペランドのどちらかに属している (両方には属していない) レコードまたは要素を含むセットを返します。

例えば、次の 2 つの修飾子は、同じ項目値のセットを定義します。

  • <Year = {1997, "20*"}>

  • <Year = {1997} + {"20*"}>

どちらの数式も 1997 年と 20 で始まる年を選択します。言い換えれば、これは 2 つの条件の和集合です。

set 演算子を使用すると、より複雑な定義も可能になります。例:

<Year = {1997, "20*"} - {2000}>

この数式は、上記と同じ年を選択しますが、さらに 2000 年を除外します。

詳細については、「set 演算子」を参照してください。

例: set 演算子を使用した set 修飾子のチャートの数式