メイン コンテンツをスキップする

set 演算子

set 演算子は、データ セットを含めたり、除外したり、交差させたりするために使用されます。すべての演算子はオペランドとして set を使用し、結果として set を返します。

set 演算子は、次の 2 つの異なる状況で使用できます。

  • データ内のレコードのセットを表す、セット 識別子に対して set 演算を実行する。

  • 要素セット、項目値、または set 修飾子内で set 演算を実行する。

次のテーブルは、set 数式で使用できる演算子を示しています。

演算子
演算子 説明
+ Union。この二項演算子は、2 つの SET オペランドのいずれかに属するレコードまたは要素を含むセットを返します。
- Exclusion。この二項演算子は、2 つのうち最初の SET オペランドにのみ属するレコードまたは要素を含むセットを返します。また、単項演算子として使用する場合は、補集合を返します。
* Intersection。この二項演算子は、両方の SET オペランドに属するレコードまたは要素を含むセットを返します。
/ 対称差演算子 (XOR)。この二項演算子は、2 つの SET オペランドのどちらかに属している (両方には属していない) レコードまたは要素を含むセットを返します。

次のテーブルは、演算子を使用した例を示しています。

演算子の例
結果

Sum ({1-$} Sales)

現在の選択条件によって除外された、あらゆる sales を返します。

Sum ({$*BM01} Sales)

選択とブックマーク BM01 の共有部分における sales を返します。

Sum ({-($+BM01)} Sales)

選択とブックマーク BM01 によって除外された sales を返します。

Sum ({$<Year={2009}>+1<Country={'Sweden'}>} Sales)

現在の選択に関連する 2009 年の売上を返し、すべての年で国 Sweden に関連するデータセット全体を追加します。

Sum ({$<Country={"S*"}+{"*land"}>} Sales)

S」で始まる国または「land」で終わる国の売上を返します。

参照先: